国産スマートフォンはどうして弱い?国内メーカーはどこから弱くなっていったのか?【ソニー・シャープ・FCNT・京セラ】【Xperia・AQUOS・arrows・TORQUE】

今回は、国産スマホがスマホ市場で弱くなった原因について解説したいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

Xperia 5 Ⅴを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースもお忘れではないですか?


おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

現在の国産スマホメーカー

現在も生産が行われている日本系のスマホメーカーとしては以下の3社が挙げられます。

  • ソニー(Xperiaシリーズ)
  • シャープ(AQUOSシリーズ)
  • 京セラ(TORQUEなど)※TORQUE以外の個人向け携帯電話は事業撤退予定

arrowsで有名なFCNT(旧富士通)は2023年5月に民事再生手続きに入ったので、事実上の破産となりました。

また、京セラも2023年6月に個人向け携帯電話事業の撤退を発表しています。(TORQUEシリーズのみ継続予定)

ここに挙げたメーカーの中で100%国内生産されているのはFCNTと京セラのみで、FCNTが破産したことで京セラのみとなっています。

また、シャープに関しては現在は台湾のフォックスコン傘下となっているので、厳密には国内メーカーでもありません。

これらの日系スマホメーカーは昨今シェアを落とし続けており、FCNTや京セラのように事業の縮小や終了に追い込まれるメーカーもあります。

今回はこの衰退の原因に注目して見ていきます。

昨今のスマホ市場の状況

引用:BCN Ranking

国内のAndroidスマホ市場に目を向けると、ソニーとシャープのシェアは結構高い状況になっています。

世界トップクラスのシェアを誇るサムスンを超えることもありますね。

しかし、世界に目を向けると日本メーカーのシェアは皆無に等しいレベルとなっています。

アップルとサムスンが2強として圧倒的なシェアを持ち、その下にXiaomiやOPPOといった中国勢が並びます。

フラッグシップモデルでグローバル展開している日系メーカーとしてはソニーのXperiaだけで、シャープや京セラが少し海外でも展開しているという状況です。

2010年以降のスマホメーカーのシェアの変遷を見ると、2010年はソニーのシェアが世界で8%ほどあったところが、2023年は0.3%まで減っています。

引用:statcounter

次に2010年の日本国内の出荷台数を見てみると、多くの国内メーカーがアップルやサムスンを上回っていました。

引用:MM総研

しかしながら、2013年にはアップルがシェアトップにまで増えています。

国産メーカーもパナソニック、NECカシオなどが大きくシェアを落としてしまっています。

引用:MM総研

さらに2015年を見てみると、半数近くをアップルが占めるようになっています。

それ以外をソニー、シャープ、京セラなどで奪い合う形になりました。

引用:MM総研

そして、2022年になるとAndroidスマホメーカーではシャープとソニーくらいしか日系メーカーの名前が出てこないくらいにまで減っています。

引用:BCN Ranking

なぜ日本メーカーは世界のスマホ市場で存在感がないのか

原因は主に国内キャリアとの関係とそれに伴うガラケー文化

日本のスマホメーカーは、スマホ登場前にいわゆるガラケーを作っていたメーカーが多いです。

日本のメーカーはドコモなどの通信キャリアとの関係がかなり密接で、端末の開発にキャリアが大きな影響力を持っていました。

その結果として、キャリアの独自機能が盛り沢山のいわゆるガラケーが生まれました。

iモードといったキャリアの独自サービスと、日本メーカーの技術力が日本のガラパゴス化を生んだと言うことができますね。

スマホの登場がきっかけ

こんな状況だったところにスマホの登場が大きな影響を与えます。

スマホの登場により、キャリアが提供していたものがアップルやGoogleといったOS側が提供するようになったため、キャリア独自のサービスは不要になってしまいました。

iモードなどを通さなくても、グローバルなサービスに直接アクセスできるようになったわけですね。

その結果、日本の独特な環境は実態に合わなくなったと言えます。

それまで、国内メーカーは「キャリアが作ってほしい端末」を作れば良かったんですが、スマホ時代になってからは「ユーザーが使いたい端末」を作らなければならない状況になりました。

しかし、キャリア依存だった国内メーカーはユーザー視点で考える企画力が弱いのではないでしょうか。

また、キャリアのサービスに依存していたため、端末自体をアピールする力やブランディング力も弱いと思われます。

全体的に消費者に向けたマーケティングが弱いと言えますね。

そして、今は通信と端末の分離の流れもあるため、キャリア依存では戦えない状況がますます進んでいます。

Redmi Note 11 Pro 引用:Xiaomi

さらに、中華系のメーカーは勢いがあり、資金力でも日本メーカーは敵わないため、価格・コストパフォーマンスでも勝てなくなってしまいました。

まとめ

国内メーカーは高い技術力でキャリアとともにガラケー時代を作ったと言えます。

だからこそ、スマホへの変化に対応しきれなかったとも見ることができます。

ただ、国内で見ればキャリアのおかげで今でもそこそこのシェアがあります。

また、日本メーカーの技術力は今でも高く、ソニーはカメラセンサーのメーカーとしてスマホ市場でも存在感がありますね。

今後、国内キャリアとメーカーがどうなっていくのか引き続き注目していきたいですね。

Xperia 5 Ⅴを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースもお忘れではないですか?


おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です!

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

最新情報をチェックしよう!