Galaxy S24 Ultraは買うべき?前作Galaxy S23 Ultraとも比較!性能や使い勝手、コスパはどちらが良い?【Galaxy最新フラッグシップ】

今回は、ついにグローバル発表されたGalaxy S24 Ultraを買うべきか、前作のGalaxy S23 Ultraと比較しながら解説していきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

Galaxy S24シリーズを安く購入するなら

Galaxy S24シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・楽天モバイルで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。



おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

Galaxy S24 Ultraのサイズ感

引用:Samsung

Galaxy S24 UltraとGalaxy S23 Ultraのサイズを比べると、横幅が若干増し、縦は短くなりました。

ディスプレイ形状がエッジからフラットになった影響で横幅が増していると思われます。

フレームがチタン素材になったものの、Galaxy S23 Ultraの時点で軽いアルミ素材を採用していたため、iPhoneのように軽くはなっていません。

いずれもかなり大きく、重いので取り回しの良さで選ぶモデルではありません。

Galaxy S24 UltraGalaxy S23 Ultra
サイズ79×162.3×8.6mm78.1×163.3×8.9mm
重さ233g233g
ディスプレイサイズ6.8インチ6.8インチ

Galaxy S24 Ultraのデザイン

引用:Samsung

2機種を並べて比べても、デザイン上の分かりやすい変更点はありません。

全体的な形状やカメラ周りの仕上げも特に違いは無いですね。

ただ、側面フレームはよりフラット寄りになっており、ディスプレイもフラットなので、より板感を感じるデザインになっていると言えるでしょう。

側面フレームは光沢仕上げからマット仕上げになり、チタン素材の採用で高級感もしっかり増しています。

Galaxy S24 Ultraのディスプレイ

引用:Samsung

ディスプレイサイズは6.8インチで同じですが、形状がエッジからフラットになりました。

エッジ形状とフラット形状は好みが分かれるところですが、昔のGalaxy Noteのように端までSペンが使いやすくなっている点はメリットと言えるでしょう。

また、フィルム選びの面でも嬉しい変更点ですね。

リフレッシュレートは120Hzでディスプレイ性能は変わらず優秀ですね。

引用:Samsung

画面輝度は最大2,600ニトに向上しており、Galaxy S24 Ultraはかなり明るくなりました。

さらに、公式サイトや発表会ではあまり触れられていない点ですが、Galaxy S24 Ultraは反射軽減加工がかなり優秀で、画面輝度の向上と合わせて屋外での視認性がかなり良くなっていると思われます。

Galaxy S24 UltraGalaxy S23 Ultra
サイズ6.8インチ6.8インチ
形状フラットエッジ
種類Dynamic AMOLED 2X(有機EL)Dynamic AMOLED 2X(有機EL)
リフレッシュレート1~120Hz1~120Hz
最大輝度最大2,600ニト最大1,750ニト

Galaxy S24 Ultraの処理性能

引用:Samsung

SoCは順当に一世代新しいSnapdragon 8 Gen 3になりました。

RAMも12GBで、引き続きかなり高性能なモデルに仕上がっており、普段使いから重めのゲームまで、基本的にはストレス無く使えるでしょう。

ただ、Galaxy S23 Ultraもかなり高性能なので、こちらも基本的にはストレスは感じられません。

引用:Samsung

また、Snapdragon 8 Gen 3自体がAI性能を重視したSoCなこともあり、Galaxy S24シリーズはAI機能が強くアピールされています。

主な機能は以下の通りです。

引用:Samsung

かこって検索

かこって検索は、画面の一部をSペンや指でかこってGoogle検索を行う機能です。

従来の画像検索をより使いやすくした機能と言えますね。

ただ、この機能自体はPixel 8シリーズでも利用可能です。

引用:Samsung

Live Translate

Live Translateは、通話やメッセージのやり取りをするときにリアルタイムで通訳してくれる機能です。

メッセージのやり取りを通訳するのはPixelシリーズでもありましたが、音声通話をリアルタイムで翻訳してくれる機能はかなり画期的ではないでしょうか。

この機能の対応言語に日本語もリストアップされていた点は嬉しいですね。

引用:Samsung

Chat Assist

Chat Assistは、テキストメッセージのやり取りで送信内容を生成、提案してくれる機能です。

選択肢からシーンに合わせたメッセージが選べるので、ビジネスの場などで活用できそうですね。

引用:Samsung

Note Assist

Note Assistは、Galaxy Noteアプリでメモを作成すると、その内容をAIが要約をしてくれる機能です。

議事録などの作成に活用できると思います。

引用:Samsung

その他に、カメラ利用時のズームやHDR処理にもAIが活用されています。

また、AIを活用した画像編集では被写体を後から移動やリサイズすることができ、空白になった背景を自動生成して埋めることも可能です。

ただし、製品ページではGalaxy S24シリーズのAI機能は「2025年末まで無料で提供」とされています。

Galaxy S24シリーズのAI機能はGoogleのGeminiを活用していることもあり、それ以降は有料サービスになる可能性は十分考えられます。

Galaxy S24 UltraGalaxy S23 Ultra
SoCSnapdragon 8 Gen 3 For GalaxySnapdragon 8 Gen 2 For Galaxy
RAM12GB12GB
GeekBench6スコアシングル:2,023
マルチ:5,290
3DMarkスコア3,761(Wild Life Extreme)

Galaxy S24 Ultraのバッテリー持ち

バッテリー容量は5,000mAhで変更はありません。

ただ、海外ですでに上がっているバッテリーテストでは、バッテリー持ちがしっかり向上している結果が多いですね。

Galaxy S23 Ultraもかなりバッテリー持ちが良かったので、Galaxy S24 Ultraのバッテリー持ちにも期待が高まります。

Galaxy S24 UltraGalaxy S23 Ultra
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
GSMArena
バッテリーテスト
126h

Galaxy S24 Ultraのその他スペック

防水防塵や生体認証など、基本的な仕様はGalaxy S24 UltraとGalaxy S23 Ultraで共通しています。

これまで通り快適に使えるでしょう。

Galaxy S24 UltraGalaxy S23 Ultra
防水防塵IP68IP68
生体認証顔認証
超音波式画面内指紋認証
顔認証
超音波式画面内指紋認証
おサイフケータイ国内版おそらく対応国内版対応
ワイヤレス充電対応対応

Galaxy S24 Ultraのカメラ

引用:Samsung

カメラのレンズの数は変更されておらず、メインの広角や超広角も基本的には同じものが搭載されています。

ただ、これまで10倍望遠だったところが50MPの5倍望遠に変更されました。

3倍望遠から倍率が離れているため、10倍望遠は微妙に普段使いしにくいと言われていたことによる変更かもしれませんね。

引用:Samsung

また、新搭載の5倍望遠は50MPと高画素なので、クロップズームによって光学10倍相当のズームにも対応しています。

海外のレビューなどを見ると、10倍ズームではこれまでの10倍望遠よりも綺麗になっているとの声もあり、Galaxy S24 Ultraのズーム性能にも期待できますね。

デジタルズームは引き続き最大100倍で、これまで通りのズーム性能を維持しつつ、より普段使いしやすいカメラになっていると思われます。

Galaxy S24 UltraGalaxy S23 Ultra
インカメラ12MP12MP(F2.2)
アウトカメラ1(広角)200MP(F1.7)200MP(F1.7 1/1.3インチ)
アウトカメラ2(超広角)12MP(F2.2)12MP(F2.2)
アウトカメラ310MP(F2.4)
3倍望遠
10MP(F2.4)
3倍望遠
アウトカメラ450MP(F3.4)
5倍望遠
10MP(F4.9)
10倍望遠
ズーム光学最大10倍相当
デジタル最大100倍
光学最大10倍
デジタル最大100倍

Galaxy S24 Ultraの価格

グローバル価格は最低価格が100ドル値上げされていますが、これは8GBモデルが無くなったことによる変更でシリーズとして値上げしたわけではありません。

国内価格が気になるところですが、ドル円相場は昨年の同時期よりも円安になっています。

販売価格はキャリア次第なところがあるものの、昨年より値下げされることは考えにくく、大台の20万円をついに超えてしまう可能性もあると思います。

また、今年は早めのオープンマーケットモデル投入にも期待したいところです。

できれば、幅広いカラー展開やキャリアより安く提供してくれると嬉しいですね。

引用:イオシス

Galaxy S24 Ultraが値上げとなると気になるのが型落ちのGalaxy S23 Ultraですが、現時点ではauが大きく値下げしたので結構安いですね。

今後のさらなる値下げや、ドコモでも値下げが行われるかはまだまだ不透明な部分です。

Galaxy S24 Ultraの国内発売前後の時期に注目です。

中古白ロムになると、安いものは12万円台から購入できます。

中古Aでも15万円前後のものが出てきたので、中古でも良ければGalaxy S23 Ultraは白ロムもおすすめです。

ただ、白ロムもGalaxy S24 Ultraの国内発売後にさらに安くなる可能性があり、今でも安いんですが、もっと安く買いたい場合はもう少し待つことをおすすめします。

Galaxy S24 UltraGalaxy S23 Ultra
グローバル価格1,299ドル~1,199ドル~
Samsungオンラインストア1TB:253,440円
ドコモ256GB:197,670円
いつでもカエドキプログラム:2年後返却実質126,390円
au256GB:164,800円(値下げ前:197,650円)
スマホトクするプログラム:2年後返却実質89,700円
イオシス124,800円~(海外版中古B)
じゃんぱら154,980円~(海外版中古A)

Galaxy S24 Ultraはフラット画面とAI機能がポイント、前作もまだまだおすすめ

Galaxy S24 UltraとGalaxy S23 Ultraを比べると、ハード面で分かりやすい変更点はディスプレイがフラットになったことが挙げられます。

また、ソフト面ではAI機能が強化されていて、AI機能を活用してみたい場合はGalaxy S24 Ultraがおすすめです。

ただし、それ以外の普段使いであれば、Galaxy S23 Ultraも十分高性能で実用的なことも事実ですね。

Galaxy S23 Ultraは型落ちになって安く買いやすくなってきているので、コスパ重視ならGalaxy S23 Ultraもまだまだおすすめです。

Galaxy S24シリーズを安く購入するなら

Galaxy S24シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・楽天モバイルで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。



おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です!

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

最新情報をチェックしよう!