スマホのデュアルSIMってお得?便利?運用方法やメリット・デメリットの解説

今回は、デュアルSIMがお得なのかや便利なのか、また運用方法についても解説します。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

Galaxy S23シリーズを安く購入するなら

Galaxy S23シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・楽天モバイルで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

【SIMフリー】Samsung Galaxy S23 Ultra 5G Dual Sim 512GB ラベンダー (12GB RAM)
Samsung

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。



おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

デュアルSIMとは

デュアルSIMとは、2枚のSIM(=携帯回線)を同時運用することです。

キャリアの格安プランやデュアルSIM対応機種が増えていることで、注目が高まってきています。

最近は通信障害への対策としても話題になりましたね。

デュアルSIMのメリット

用途に合わせて回線を分けることができる

回線の用途として、代表的なものと言えば仕事用とプライベート用といった場合があります。

両方の電話を1台のスマホで受けられるのは便利ですよね。

他には「通信用と通話用」「メイン回線と予備回線」などもあると思います。

また、電話番号が複数あると電話番号に紐づくSNS(LINEなど)のアカウントを2つ作ることも可能です。

通信料の節約に繋がる

用途を分けて運用することで通信料の節約につながる場合もあります。

分かりやすいもので言えば「音声通話がお得な格安SIM」と「データ通信がお得な格安SIM」の組み合わせですね。

また、格安SIMも多様化しているので、格安SIMごとのオプションから選ぶのもおすすめです。

例えば、音楽ストリーミングをよく使うなら音楽系のカウントフリーがあるところを選ぶという感じですね。

同様に、動画視聴が多いなら動画サービス系のカウントフリー、SNSならSNSの…のように選ぶことができます。

このように格安SIMはオプション面で特徴があることが多いので、それに合わせて組み合わせるとお得な場合が多いです。

通信障害対策にも

近年通信障害によりデュアルSIMが注目されてきています。

別々の会社の回線でデュアルSIMにすることで、片方が障害で使えなくなってももう片方の回線が使えるということです。

通信障害対策としてのデュアルSIMはキャリアも注目しており、auとソフトバンクは2023年4月から「副回線サービス」を提供し始めました。

デュアルSIMのデメリット

1回線より通信料が高くなる場合がある

仕事用やデータ通信用などそれぞれにはっきりした用途がある2回線なら、払う料金が1回線よりも高くなっても仕方ないと思えると思います。

ただ、予備用や通信障害対策の回線は普段使うことはあまり無く、そんな回線に毎月そこそこの料金が発生するとストレスになる可能性があります。

格安SIMなら月500円以下のプランもあるので、用途や料金から最適な組み合わせを見つけるようにしましょう。

SDカードスロットが使えなくなる場合がある

物理デュアルSIMに対応したスマホの場合、2枚目のSIMスロットがSDカードとの排他利用になっているものが多いです。

せっかくSDカード重視で選んだ機種なのに、デュアルSIMにすることでSDカードが使えなくなるのはデメリットですね。

(eSIMの場合)機種変更の手続きに手間がかかることがある

最近のデュアルSIM対応スマホは物理SIM+eSIMの組み合わせが多いです。

eSIMは物理的なカードがないので、抜き差しだけで移行することができません。

iPhoneの場合はeSIM転送ができるようになったので、機種変更時もかなり簡単にeSIMの移行が可能です。

一方のAndroidスマホは2023年後半(Android 14の登場時?)にeSIM転送に対応する予定とのことなので、現時点では通信会社で複雑な手続きを踏む必要があります。

デュアルSIMの運用方法

①デュアルSIM対応のスマホを準備

そもそも、端末が対応していないとデュアルSIMを使うことができません。

以前はデュアルSIM対応機種は少なかったんですが、最近は対応機種が増えてきています。

また、対応機種の中にも物理SIM2枚対応のものと物理SIM+eSIMのものがあります。

先述したSDカードスロットとの兼ね合いなども含めて、2回線目の契約前に確認したいポイントですね。

②2回線目の契約先を決める

既に紹介したように、用途や料金などを元に契約先を選んでいきましょう。

物理SIM+eSIMの端末だと、eSIMしか2回線目の選択肢が無い場合もあるので、気になる通信プランがeSIMに対応しているかは確認必須です。

〈2回線目におすすめの回線〉

    povo 2.0:auの格安プラン、トッピング形式なので使わないときは0円で運用可能

    LINEMO:ソフトバンクのサブブランド、LINEのデータ通信が無制限(LINE通話も含む)
    IIJmio:データ専用eSIMプランが月440円(2GB)で用意されている
    BIGLOBEモバイル:最安プランは月980円、Youtubeを含めたカウントフリーオプションが月280円

②2回線目のSIMをスマホに入れる

物理SIMの場合は2つ目のSIMスロットに挿すだけで2回線目を導入することができます。

eSIMの場合も、設定画面から案内に従えば基本的には問題なく設定可能です。

物理SIMは配送を待つ必要がある一方で、eSIMだと契約後すぐに利用できる利便性もありますね。

③用途に合わせて切り替えながる使う

導入後は自分の用途に合わせて運用していきましょう。

通話はほとんどの機種が同時待ち受けに対応しているので切り替えは不要です。

一方でデータ通信はどちらの回線を使うか切り替える必要があります。

それぞれのプランの特徴や用途に合わせて切り替えるのがおすすめですね。

デュアルSIMは便利!

現在は格安プランや格安SIMが豊富にあるので、デュアルSIMで色々使うことをおすすめします。

用途に合わせて組み合わせることでお得に運用することもできます。

最近はデュアルSIM対応のスマホも増えてきているので、一般ユーザーでも気軽に運用がしやすくなりました。

使わないときは0円や500円以下で維持できるSIMもあるので、通信障害対策としても十分おすすめです。

Galaxy S23シリーズを安く購入するなら

Galaxy S23シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・楽天モバイルで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

【SIMフリー】Samsung Galaxy S23 Ultra 5G Dual Sim 512GB ラベンダー (12GB RAM)
Samsung

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。



おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です!

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

最新情報をチェックしよう!

Galaxy S23/S23+/S23 Ultraの最新記事8件