Surface GO 2

(SIMフリー)Surface GO 2 LTE版のドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルや5Gの対応状況

  • 2020年5月7日
  • 2020年6月7日
  • Surface

マイクロソフトから突然発表されたSurface GO 2。

コンパクトなボディサイズでコスパも抜群。今回はCPUも強化され、さらに用途が広がるようになりました。

そんなSurface GO 2はポータブルの利点を活かすためLTE版があります。

ということでSurface GO 2のLTE版はどの通信会社に対応しているのかみていきましょう。

Surface GO 2のスペック

Surface GO 2

項目スペック
本体サイズ245 mm x 175 mm x 8.3 mm (9.65 x 6.9 x 0.33インチ)
ディスプレイスクリーン: 10.5 インチ PixelSense™ ディスプレイ
解像度: 解像度 1920 x 1280 (220 PPI)
縦横比: 3:2
コントラスト比: 1500:1
メモリ4GB または 8GB RAM
プロセッサ第 8 世代 インテル Core® m3 プロセッサ
インテル® Pentium® Gold Processor 4425Y
ソフトウェアWindows 10 Pro
Microsoft Office 365 新規顧客向け 1 ヶ月間試用版
重量Wi-Fi:544 g(1.2ポンド)
LTE Advanced: 553 g(1.22ポンド)
ストレージeMMC ドライブ: 64GB (Wi-Fi)
SSD (ソリッド ステート ドライブ): 128 GB (Wi-Fi または LTE)
256 GB (LTE)
バッテリー駆動時間3通常のデバイス使用時間は最大 10 時間
グラフィックスインテル® UHD グラフィックス 615
外部端子USB-C® x 1
3.5 mm ヘッドフォン ジャック
Surface Connect ポート x 1
Surface タイプ カバー ポート
MicroSDXC カード リーダー
nano SIM トレイ
カメラ、ビデオ、およびオーディオWindows Hello 顔認証によるサインイン用カメラ (前面)
5.0 MP フロント カメラ (1080p HD ビデオ)
8.0 MP オートフォーカス付きリア カメラ (1080p HD ビデオ)
強化された、遠距離用デュアル スタジオ マイク
Dolby® Audio™ Premium 搭載 2W ステレオ スピーカー
ネットワークWi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax 互換
Bluetooth 5.0 テクノロジー
Qualcomm®Snapdragon™ X16 LTE モデム
最大 600 Mbps のLTE Advanced 1 nanoSIM サポート付き。サポートされているバンド: 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 14, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 38, 39, 40, 41, 66
Assisted GPS および GLONASS のサポート
eSIM サポート

詳しいスペックはこちらの記事をどうぞ。

関連記事

突然ですが、マイクロソフトから持ち運びに優れた2in1PC、Surface GO 2が発表されました。[itemlink post_id="24532"]Surface GO 2のスペック[…]

Surface GO 2

Surface GO 2はどの通信会社に対応しているのか

それではどの通信会社に対応しているのか見ていきましょう。

Surface GO 2の各モデルの対応周波数

各モデルの本体の対応周波数です。

4G LTEの対応周波数

周波数グローバル版各社の使用周波数
バンド1(2.0GHz)ドコモのメインバンド、auの山間部や田舎、ソフトバンクのメインバンド
バンド2(1.9GHz)
バンド3(1.7GHz)ドコモの東名阪、ソフトバンクが使用、ワイモバイルのメインバンド、楽天モバイルのメインバンド
バンド4(AWS)
バンド5(850MHz)
バンド7(2.6GHz)
バンド8(900MHz)ソフトバンクのプラチナバンド
バンド11(1.5GHz)auが使用、ソフトバンクが使用
バンド12(700MHz)
バンド13(700MHz)
バンド17(700MHz)
バンド18(800MHz)auのメインバンド
バンド19(800MHz)ドコモのプラチナバンド
バンド20(800MHz)
バンド21(1.5GHz)ドコモの北海道、東北、四国、北陸
バンド26(800MHz)
バンド28(700MHz)ドコモのプラチナバンド、auのプラチナバンド、ソフトバンクのプラチナバンド
バンド29(700MHz)
バンド32(1.5GHz)
バンド38(2.6GHz)
バンド39(1.9GHz)
バンド40(2.3GHz)
バンド41(2.5GHz)auのWiMAX2+、ソフトバンクのAXGP
バンド42(3.5GHz)

各社の利用周波数は次のようになります。

各社の4G LTEの利用周波数は次のようになります。

ドコモの4G・LTEでの利用周波数

バンド1(2.0GHz)

ドコモのメインバンドです。これは是が非でも抑えておく必要があります。

バンド19(800MHz)/バンド28(700MHz)

ドコモのプラチナバンドです。山間部や田舎をカバーしていますのでこちらも抑えておきたいです。

バンド3(1.7GHz)

ドコモが東名阪で拡大しているエリアですがなくても困りません。

バンド21(1.5GHz)

ドコモが北海道、東北、四国、北陸で拡大しているエリアですがなくても困りません。

auの4G・LTEでの利用周波数

バンド18(800MHz)

auのメインバンドです。auを使用するなら是が非でも抑えておく必要があります。

バンド1(2.0GHz)

auのサブバンドです。より広い範囲を高速にカバーしたいなら抑えておきたいです。

バンド28(700MHz)

auのプラチナバンドです。auはメインバンドが800MHz山間部や田舎をカバーしていますのでこちらも抑えておきたいです。

バンド41(2.5GHz)

auのWiMAX2+です。高速ですがあれば良いという感じです。

ソフトバンクの4G・LTEでの利用周波数

バンド1(2.0GHz)

ソフトバンクのメインバンドです。これは是が非でも抑えておく必要があります。

バンド8(900MHz)/バンド28(700MHz)

ソフトバンクのプラチナバンドです。山間部や田舎をカバーしていますのでこちらも抑えておきたいです。

バンド41(2.5GHz)

ソフトバンクのAXGPです。高速ですがあれば良いという感じです。

楽天モバイルの4G・LTEでの利用周波数

バンド3(1.7GHz)

楽天モバイルのメインバンドです。楽天モバイルを使用するなら抑えておく必要があります。

バンド18(800MHz)

auのメインバンドです。楽天モバイルのエリア外の時にauのバンド18に接続となるため、抑えておきたいです。

各通信キャリアとの本体の相性

ドコモ系のSIMもしくは格安SIMを使っている場合

メインのバンド1、プラチナバンドのバンド19に対応しているので問題なく使えます。

au系のSIMもしくは格安SIMを使っている場合

メインのバンド18に対応していませんが、サブバンドのバンド1に対応しているので使えます。ただ繋がりにくいところは出てきます。

ソフトバンクのSIMもしくはソフトバンク系の格安SIMを使っている場合

メインバンドのバンド1、プラチナバンドのバンド8に対応しているので問題なく使えます。

楽天モバイルのSIMを使っている場合

メインバンドのバンド3に対応しているので使えます。ただパートナーエリアではバンド18に非対応なので使えません。

楽天モバイルにて繋がりにくい時は、通信をLTE onlyにして再起動、もしくは優先ネットワークの種類を4Gで試してみることをおすすめします。

5Gの対応周波数

5Gには対応していません。

まとめ

Surface GO 2

Surface GO 2のLTE版はほとんどの通信会社で使える仕様となっています。

どこでも持ち運び、さっとひらけばいきなり繋がるという快適さをぜひ味わってみてください。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

楽天モバイルはなんといっても、使用量が1GBまでなら0円、さらにどれだけ使っても月額3,278円で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅵのコスパが驚異的です。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

ワイモバイルは家族での乗り換えなど、2回線以上契約の場合圧倒的にお得です。3GBまでなら月額990円、15GBまで使っても月額2,090円です。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

関連記事

いよいよサービス開始した5G。その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。今後最新モデルは5G対応の機種がメインになるでしょう。そうなると気になるのは5Gスマホでワイモバイルなどの回線が使えるかどうかという疑問が出てきま[…]

Surface GO 2
最新情報をチェックしよう!