Galaxy Note 20 Ultra

2020年カメラ性能最強スマホおすすめランキング(トリプルカメラ・超広角)

最近のスマートフォンはカメラの進化が素晴らしく、トリプルレンズカメラに超広角レンズとミラーレスカメラも顔負けの性能になっています。

旅先やご飯の写真を撮ったりする時も、もうこれさえあればミラーレスカメラを持ち歩かなくて良いというレベルになってきました。

またAIによる色調などの補正も素晴らしく、そのまま撮って出しでSNSに投稿できるレベルです。

これまではミラーレスカメラで撮ったものをSDカードやWi-Fiでパソコンに飛ばし、加工して再度スマートフォンに送りなおしてInstagramに投稿といった手間が、スマートフォン1台で完結してしまいます。

ということでカメラ性能が素晴らしいスマートフォンをご紹介いたします。

Galaxy Note 20 Ultraを購入するなら

Galaxy Note 20 Ultraを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
ドコモ
¥132,800(2023/01/31 00:46:36時点 Amazon調べ-詳細)

ケースも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

カメラスマホ選びのポイント

スマホを選ぶにあたって、どんなところに注意して選べば良いかなかなかわかりませんよね。

ということでかれこれスマホを100台近く購入している私がスマホ選びのポイントを解説いたしましょう。

CPU(チップセット)や処理性能

CPU

CPUとはスマホの頭脳となるチップです。GPUと呼ばれるグラフィックチップと合わせてチップセットと呼ばれます。これらは単純に新しければ良いというものでもありません。スマホごとに搭載されているチップセットが違うため非常に重要です。

たとえばiPhoneですとiPhone 12シリーズは最新で高性能のA14 Bionicチップというチップセットが使われています。これらは1世代前のiPhone 11に使われているA13 Bionicチップと比べると約20%高速な処理が可能です。

Xperia 1 Ⅱ

Androidの場合はXperia 5 ⅡやGalaxy S20に使われているSnapdragon 865というチップセットは先代のXperia 1やGalaxy S10に使われているSnapdragon 855と比べると25%処理が高速になっています。

またSnapdragon 865と同時期にリリースされたSnapdragon 765は865よりも性能が控えめになっており、さらにその下にはSnapdragon 665というチップセットもあります。

RAM・ストレージ容量

メモリ

RAMはメモリとも呼ばれ、大きいほうが作業中に一時的に記憶できる領域が大きいため、体感的にサクサク動きます。

RAM(メモリ)は大きければ大きいほど良いですが、TwitterやInstagramを見るぐらいなら3GBもあれば十分です。

ディスプレイサイズ・本体サイズ

Xperia Z Ultra

ディスプレイサイズが大きいほうが撮った写真を大画面で楽しめます。しかし画面が大きいとかさばるのと、iPadやMacBookなどに転送する場合は関係ないので、撮影したスマホでそのまま楽しむのか、どうせ転送するのでコンパクトで良いのかはお好きな使い方に合わせてください。

バッテリー容量

カメラアプリを起動すると、その分バッテリーの消費は激しいです。旅先などでたくさん撮影するのであればバッテリー容量は大きいほうが良いです。

カメラ性能

今回の本題です。最近のカメラスマホの主流は超広角レンズを搭載したトリプルレンズカメラです。

望遠、広角、超広角レンズの組み合わせが欲しいところです。超広角レンズがあれば、見たままの景色を広々撮ることもできますし、狭い部屋の中でも十分全体を撮ることができます。

またこの組み合わせにToFセンサーを追加し、クアッドカメラ(カメラが4つ)の機種もあります。ToFセンサーは被写体との距離感を測定するのに使い、オートフォーカスの速度が劇的に向上します。

レンズにはそれぞれレンズの明るさを表すF値というものがあり、この値が小さいほど明るいレンズとなり、暗いところでも明るくブレにくく、また背景をボカしやすくなります。

カメラスマホを選ぶ時は超広角搭載のトリプルレンズカメラ、さらに言えばToFセンサーを搭載したクアッドカメラで、レンズのF値がなるべく小さいものを選ぶのが良いです。

防水性能

ほとんどのモデルでハイクラスな防水防塵性能を備えていますが、特殊な機構の折りたたみモデルなどでは搭載されていないものもありますのでご注意を。

カメラ性能が良いスマートフォンのおすすめランキング

それではカメラ性能が売りのスマートフォンのおすすめランキングをご紹介いたしましょう。

  • 5位:Pixel 5
  • 4位:iPhone 12 Pro Max
  • 3位:Xperia 5 Ⅱ
  • 2位:Galaxy S20
  • 1位:‪Galaxy Note 20 Ultra

ランキングは以上の結果です。それでは各モデルを詳しく見ていきましょう。

Pixel 5

Pixel 5

Pixel 5のスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

Pixel 5のスペック

Pixel 5
ストレージ容量(ROM)128GB
価格74,800円〜
CPUSnapdragon 765G
メモリ(RAM)8GB
ディスプレイサイズ6.0インチ
解像度1080×2340
本体サイズ144.7×70.4×8.0mm
重量151g
メインカメラ12.2MP(標準)+16MP(超広角)(デュアルカメラ)
インカメラ8MP
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68
SDカード非対応
認証方法指紋認証
おサイフケータイ対応
イヤホンジャック非搭載
バッテリー容量4,000mAh
カラーバリエーションブラック
グリーン

コンパクトで軽量ながら性能も悪くなくコスパ抜群のモデルです。

Pixel 5の特徴

Pixel 5

Pixel 5は次のような特徴があります。

  • コンパクトで軽量
  • ついに超広角カメラを搭載
  • 5Gに対応
  • 最大90Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイ
  • Google純正なのでいち早くアップデートされる

Pixel 5のレビュー

Pixel 5の詳しい操作感やレビューはこちらに記事にしています。

関連記事

いよいよ発売されたPixel 5。暗所に強く定評のあるカメラにコンパクトで軽量なボディはそのまま引き継がれています。 さらにどうやら今回は背面の質感も変わった模様。ということで発売日に届きましたので、さっそくレビューしていきたいと[…]

Pixel 5

おすすめポイント

Pixel 5
Pixel 5

12.2MP(標準)+16MP(超広角)というデュアルカメラの構成で、超広角も搭載しています。

超広角で広々撮影できることはもちろん、Pixel 5の売りはGoogleのAIによる色調やボケの補正の補正が素晴らしいところです。さらに最も強みになるのはレンズの明るさとAIによる補正で、暗いところでも昼のように明るく写すことができる驚きのカメラです。

フクロウの眼のようとも言われていましたが、それぐらい暗いところでも難なく撮影できるので、1日の時間を問わず旅行していて夕方になってもブレずに撮影することができます。

またPixel 5はカメラスマホの中でも飛び抜けて軽いので、かさばらず、サッとポケットに忍ばせておくことができるのも非常に良いです。

購入方法と価格

auソフトバンクから発売されています。

本体だけで良ければ、SIMフリー版をイオシスで購入するのが良いです。保証もあり安心です。

関連記事

ついに発売されたGoogleの最終兵器、Pixel 5。もちろん速攻で購入しました。Pixel 5は今年はGoogleストアとauとソフトバンクから発売されています。ということであなたがPixel 5を買うならどのモデ[…]

Pixel 5

iPhone 12 Pro Max

iPhone 12

iPhone 12のスペック

iPhone 12

まずはスペックを見ていきましょう。

iPhone 12iPhone 12 miniiPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
ストレージ容量(ROM)64GB/128GB/256GB64GB/128GB/256GB128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB
価格94,380円〜82,280円〜117,480円〜129,580円〜
CPUA14 BionicチップA14 BionicチップA14 BionicチップA14 Bionicチップ
メモリ(RAM)4GB4GB6GB6GB
ディスプレイサイズ6.1インチ5.4インチ6.1インチ6.7インチ
解像度2532×1170 460ppi2340×1080 476ppi2532×1170 460ppi2778×1284 458ppi
本体サイズ146.7×71.5×7.4mm131.5×64.2×7.4mm145.7×71.5×7.4mm160.6×78.1×7.4mm
重量162g133g187g226g
メインカメラ12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角)(デュアルカメラ)12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角)(デュアルカメラ)12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角) +12MP(F2.0 望遠)(トリプルカメラ)12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角) +12MP(F2.2 望遠)(トリプルカメラ)
インカメラ12MP(F2.2)12MP(F2.2)12MP(F2.2)12MP(F2.2)
充電方法MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68IP68IP68IP68
SDカード非対応非対応非対応非対応
認証方法Face IDFace IDFace IDFace ID
おサイフケータイ対応対応対応対応
イヤホンジャック非搭載非搭載非搭載非搭載
バッテリー容量2,775mAh2,227mAh2,775mAh3,687mAh
カラーバリエーションブルーブルーパシフィックブルーパシフィックブルー
グリーングリーンゴールドゴールド
(PRODUCT)RED™(PRODUCT)RED™グラファイトグラファイト
ホワイトホワイトシルバーシルバー
ブラックブラック

iPhone 12のレビュー

iPhone 12の詳しい使い勝手やレビューはこちらに記事にしました。

関連記事

いよいよ発売されたiPhone 12。大画面にカメラ性能も良く、その上コスパ抜群のモデルにしあがっています。 しかし今回はそれ以上にデザインが素晴らしいんです。ということで発売日に購入しましたので、さっそくレビューしていきたい[…]

iPhone 12

おすすめポイント

iPhone 12
iPhone 12

12MP(超広角)+12MP(広角) +12MP(望遠)というトリプルカメラに加えてLiDARセンサーを搭載したiPhoneです。超広角レンズももちろん搭載しています。

iPhone 12シリーズの中でも最もカメラ性能が優れたモデルで、iPhone 12 Pro Maxは広角のセンサーが約47%大きく、手振れ補正もセンサーシフト光学式を採用しています。

超広角レンズも非常に明るい(F値が小さい)レンズなので、薄暗い部屋などでもかなり明るくブレにくくなっています。またAIによる補正も色味が良く、自然ながらうまく補正された写真の出来栄えに仕上げてくれます。

iPhoneでも他のカメラが売りのスマートフォンに十分負けていない良いモデルです。

購入方法と価格

国内ではドコモauソフトバンクから発売されています。

本体だけで良ければSIMフリー版をイオシスで購入するのが良いです。またグローバルSIMフリー版をエクスパンシスで直接輸入するのもアリです。日本語サポートも保証もあり安心です。

関連記事

ついに発売されたiPhoneの最新作、iPhone 12。ついに5Gに対応し、さらに今回も各通信会社とSIMフリー版が発売されています。そうなると、SIMフリー版のiPhone 12があなたのお使いの通信会社で使えるの[…]

iPhone 12

Xperia 5 Ⅱ


Xperia 5 Ⅱのスペックや特徴

Xperia 5 Ⅱのスペックや特徴を見ていきましょう。

Xperia 5 Ⅱのスペック

Xperia 5 Ⅱ
ストレージ容量128GB/256GB
価格約110,000円〜
CPUSnapdragon 865
メモリ(RAM)8GB
ディスプレイサイズ6.1インチ
解像度2,520 × 1,080
本体サイズ158 × 68 × 8.0mm
重量163g
背面カメラ12MP(F2.2、超広角)+12MP(F1.7、広角) +12MP(F2.4、望遠)(トリプルカメラ)
インカメラ8MP
充電方法ワイヤレス充電(Qi)非対応
防水防塵IP65/68
SDカード対応
認証方法指紋認証
おサイフケータイ国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック搭載
バッテリー容量4,000mAh
カラーバリエーションピンク
ブラック
ブルー
グレー

Xperia 5 Ⅱの特徴

Xperia 5 Ⅱ

  • 120Hz駆動ディスプレイ
  • コンパクトながらフラッグシップ級の高性能Xperia
  • 本体幅68mmで片手で扱いやすいサイズ
  • 5G対応

ざっくりいうと夏モデルのフラッグシップモデルであるXperia 1 Ⅱの性能をそのままに、片手で扱いやすいコンパクトサイズにしたのがXperia 5 Ⅱです。

おすすめポイント

Xperia 5

12MP(超広角)+12MP(広角) +12MP(望遠)という構成のトリプルカメラに3D ToFセンサーを搭載したクアッドカメラという最高仕様のカメラを搭載しています。

さらにXperia 5 ⅡはPhoto Proという独自のカメラアプリがあり、ソニーのミラーレスカメラαシリーズのような操作性でプログラムオートやシャッター優先などのモードを切り替えつつ、ISO感度などの多彩な設定変更が可能です。

さらに本体を横にした時に右上には物理シャッターボタンもあり、3つのレンズもわざわざ選択して切り替えるというのも、まさにミラーレスカメラとなっています。

かなりミラーレスカメラの操作感を再現したこだわりが強く感じられ、カメラ好きにはたまらないモデルです。また写真の出来栄えもボケ感や色温度などの加減も素晴らしく、カメラにこだわるならおすすめのモデルです。

購入方法と価格

ドコモauソフトバンクから発売されています。

本体だけで良ければ、SIMフリー版をイオシスで購入するのがおすすめです。またグローバル版をエクスパンシスでも購入可能です。保証もあるのでおすすめです。

関連記事

ソニーのXperiaの新モデルXperia 5 Ⅱが発表されました。フラッグシップでありながらコンパクト。そして5G対応です。前作Xperia 5も人気でしたが、今作も人気間違いなしでしょう。今回も日本でもドコモとau[…]

Xperia 5 Ⅱ

Galaxy S20

Galaxy S20のスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

Galaxy S20のスペック表

Galaxy S20Galaxy S20+Galaxy S20 Ultra
ストレージ容量(ROM)128GB128GB128/256/512GB
価格110,000円〜130,000円〜163,000円〜
CPUSnapdragon 865もしくはExynos 990Snapdragon 865もしくはExynos 990Snapdragon 865もしくはExynos 990
メモリ(RAM)12GB12GB12/16GB
ディスプレイサイズ6.2インチ6.7インチ6.9インチ
解像度1440 × 3200 563ppi(120Hz)1440 × 3200 563ppi(120Hz)1440 × 3200 563ppi(120Hz)
本体サイズ69.1 × 151.7 × 7.9mm74 × 162 × 7.8mm76.0 × 166.9 × 8.8mm
重量163g186g220g
メインカメラ望遠6.4MP(F2.0)+広角12MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)(トリプルカメラ)望遠6.4MP(F2.0)+広角12MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)+ToFセンサー(クアッドカメラ)望遠180MP(F3.5)+広角48MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)+ToFセンサー(クアッドカメラ)
インカメラ10MP10MP40MP
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応ワイヤレス充電(Qi)対応ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68IP68IP68
SDカード対応対応対応
認証方法顔認証、画面内超音波指紋認証顔認証、画面内超音波指紋認証顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ国内版対応、海外版非対応国内版対応、海外版非対応国内版非対応、海外版非対応
イヤホンジャックなしなしなし
バッテリー容量4,000mAh4,500mAh5,000mAh
カラーバリエーションコズミックグレーコズミックグレーコズミックグレー
クラウドブルークラウドブルーコズミックブラック
クラウドピンク
コズミックホワイト

Galaxy S20の特徴

  • 申し分ない最強の性能
  • AIによる画像補正も素晴らしい圧倒的なカメラ性能
  • 必要な機能はほとんど搭載

Galaxy S20の詳細なレビューはこちらです。

おすすめポイント

望遠6.4MP(F2.0)+広角12MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)というF値も小さく超広角レンズを搭載したトリプルカメラの構成でカメラは問題ありません。

Galaxy S20で撮影。青空のコントラストが素晴らしい。

これに加えてGalaxyシリーズはAIによる写真補正が素晴らしく空の青さ、食事の色味、ボケの強さどれも非常に良く写ります。

シーンを選ぶ必要もないので、適当に撮っただけですぐにInstagramなどのSNSに投稿できるレベルの写真ができてしまいます。

さらに本体が非常にコンパクトなのも良いです。圧倒的なカメラ性能とコンパクトさを兼ね備えた素晴らしいモデルです。

購入方法と価格

国内ではドコモauから発売されています。

本体だけで良ければSIMフリー版をイオシスで購入するのがおすすめです。またグローバル版をエクスパンシスで直接輸入するのもおすすめです。日本語サポートも保証もあり安心です。

関連記事

ついに発売された圧倒的な性能を誇るGalaxy S20 5G。Galaxy S20は海外で発売されているグローバル版があり、さらに大手キャリアからは今年もドコモ、auから発売されました。これだけあればどのモデルを買えばよいかわ[…]

Galaxy S20

‪Galaxy Note 20 Ultra

Galaxy Note 20 Ultra

Galaxy Note 20 Ultraのスペックと特徴

Galaxy Note 20 Ultraのスペックと特徴を見ていきましょう。

Galaxy Note 20 Ultraのスペック

Galaxy Note 20
ストレージ容量(ROM)128GB/256GB/512GB
価格未定
CPUSnapdragon 865+/Exynos990
メモリ(RAM)8/12GB
ディスプレイサイズ6.9インチ
解像度1440×3088 498ppi(120Hz)
本体サイズ77.2×164.8×8.1mm
重量208g
メインカメラ望遠12MP(F3.0)+広角108MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)+レーザーAF
インカメラ10MP
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68
SDカード対応
認証方法顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック無し
バッテリー容量4,500mAh
カラーバリエーションミスティックブロンズ
ミスティックブラック
ミスティックホワイト

Galaxy Note 20 Ultraの特徴

Galaxy Note 20 Ultra

特徴をまとめると

  • 6.9インチのタブレット級の大画面
  • 1億画素という驚異的なカメラ
  • 応答速度120Hzでなめらかなディスプレイ
  • 遅延が9msまで向上しApple Pencilに追いついたSペン

という点があげられます。

Galaxy Note 20 Ultraの実際のレビューはこちら。

関連記事

いよいよリリースされたGalaxy Note 20 Ultra。 日本でも発売されるのは間違いないですが、海外では一足先にリリースされましたので、早速海外版を購入しました。ということでGalaxy S2からほぼ毎回Galaxy[…]

Galaxy Note 20 Ultra

おすすめポイント

Galaxy Note 20 Ultra
Galaxy Note 20 Ultraで撮影。0.5倍(超広角)
Galaxy Note 20 Ultra
Galaxy Note 20 Ultraで撮影。1倍(標準)
Galaxy Note 20 Ultra
Galaxy Note 20 Ultraで撮影。5倍ズーム。

望遠12MP(F3.0)+広角108MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)+レーザーAFという最強のカメラ構成です。

1億画素という、とんでもないレンズを搭載しているので、恐ろしいほどズームで寄ることができます。さらにGalaxyシリーズおなじみのAIによる素晴らしい写真補正ももちろん踏襲しているので、空の青さ、食事、背景のボケ加減と、どれをとっても素晴らしいです。

今一番カメラが良いスマホは‪Galaxy Note 20 Ultraで決まりでしょう。

購入方法と価格

国内ではドコモauから発売されています。

本体だけで良ければSIMフリー版をで購入するのがおすすめです。またグローバル版をエクスパンシスで直接輸入するのもおすすめです。日本語サポートも保証もあり安心です。

関連記事

Galaxyの最強フラッグシップモデルGalaxy Note 20 Ultraがついに発売されました。Galaxy Note 20 UltraはGalaxyシリーズの最強モデル。しかしどのモデルがどの通信会社に対応している[…]

Galaxy Note 20 Ultra

Galaxy Note 20 Ultraを購入するなら

Galaxy Note 20 Ultraを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
ドコモ
¥132,800(2023/01/31 00:46:36時点 Amazon調べ-詳細)

ケースも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo
Galaxy Note 20 Ultra
最新情報をチェックしよう!