MX Anywhere 3

MX Anywhere 3 for Macレビュー!1万円出す価値はある?カスタマイズ操作なども徹底解説【ロジクール高級マウス】

いやはや、MX Master 3を持っているにも関わらず、MX Anywhere 3 for Macを買ってしまいました。

MX Master 3のモバイル版という位置付けのMX Anywhere 3。実際めっちゃコンパクトで持ち運び問題なし。しかも、これはMX Master 3より使いやすいかもしれません。

ということでそんなMX Anywhere 3 for Macのレビューを始めましょう。

MX Anywhere 3 for Macは動画でもレビューしています。

付属品をチェック

MX Anywhere 3

ということでまずは付属品を見ていきましょう。

  • USB Cケーブル

はい、これだけです。めっちゃシンプルです。

充電はUSB Cでできるようになっているので、ありがたいです。ていうか今更Micro USBに戻れないですよね。今Micro USB使ってます?

重さやデザインをチェック

MX Anywhere 3

重さ95.4グラムです。つまり95.4ミリリットルの水と同じ重さです。iPhone 8が150グラムなので、それより軽いです。

持ち運びやすさをチェック

MX Anywhere 3

MX Anywhere 3

小さいので、スリーブケースのポケットにも余裕で入るので持ち運びやすいです。ズボンのポケットにも入りますよ。そんなやついないでしょうけど。

デザインをチェック

MX Anywhere 3

マウスの中では高級品で、1万円近いものなので、高級感があります。

MX Anywhere 3

表面の質感もマットな感じでジョリーグッドです。

MX Anywhere 3

サイドの素材が今作からシリコン系のものに変わりました。これまではゴム系のものだったので、経年劣化や加水分解で使い続けるとベトベター、その後ベトベトンになりましたが、その心配がなくなりました。

握り心地や疲れにくさをチェック

MX Anywhere 3

小さいので、軽く手のひらを添えて包み込むような感覚です。

MX Anywhere 3

両サイドのくぼみや、波型のテクスチャーもよく考えられていて、自然に掴めます。無駄な力が入らないので、肩もこりにくいんとちゃいますかね。

MX Master 3は腕全体で操作している感じでしたが、MX Anywhere 3は手首のスナップで操作できるので、移動距離が少なく、疲れにくいです。

接続や機能

MX Anywhere 3

Bluetooth接続ですが、非常に安定しています。1ヶ月以上、毎日使ってますけど、接続が不安定になったことは一度もないです。

機能をチェック

MX Anywhere 3

Logi Optionsというソフトをダウンロードすることで、ボタンをカスタマイズできます。

これがほんまに便利。というか、これがロジクール製品の良いところですよね。

MX Anywhere 3

私は左右のボタンにAdobe Premiere Proの動画カットとリップル削除を割り当てていますが、これだけで動画編集がめっちゃ捗ります。

MX Anywhere 3

これまで、動画を選択して、command+kを押してカットして、またもう1箇所をcommand+kを押してカットして、そこを選択して右クリックして、リップル削除をしてとやっていた作業が、わずか2クリックで完了してしまいます。このために買ったといっても過言ではないです。

iPadでも使えます

MX Anywhere 3

iPad OSはマウスに対応したので、もちろんMX Anywhere 3も対応しています。

MX Anywhere 3

底面のボタンで3台まで接続先を登録できるので、MacBookと切り替えるのも簡単です。

スクロールが快適

MX Anywhere 3

とにかくスクロールが快適で、一気にホイールを回すと、シャーっとフリースピン状態になって、すごい行数でもぐんぐん送ることができます。どうやら1秒に1,000行スクロールできるらしいです。

MX Anywhere 3

細かいスクロールはカリカリと動かして、本気を出すときは一気にシャーですよ。この快適さがやめられないので、ついついMXシリーズを買っちゃうんですよね。

MX Anywhere 3

MX Master 3ではサイドのホイールがありましたが、MX Anywhere 3ではなくなりました。しかし、サイドのボタンを押しながら縦のホイールを回すことで、横スクロールできるようになっていて、これが正直、サイドのホイールより使いやすいです。

MX Anywhere 3

ここの操作感が慣れるか心配でしたが、そこは人類の学習能力はすごいわけで、一瞬で慣れましたね。元々人間の親指はサイドホイールを回すようにできてないんですよ。もうサイドホイールには戻れませんね。

for Macと通常版のどちらが良いのか

for Macの売りとしては、Bluetoothの接続安定性が上がっているということなんですが、もともと不安定ではなかったので、正直あんまりわかりません。

作業効率も上がり疲労感も低減

MX Anywhere 3

MX Master 3が使いやすかったので、これを外でも使えるのはほんとにありがたいです。

しかも、横スクロールの操作感がさらに使いやすくなっていたり、手首で操作する感覚なので、より疲労感も低減できたり、めっちゃ良いです。

高いマウスですが、すぐに元は取れると思います。どうぞ。

MX Anywhere 3 for Macは動画でもレビューしています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

MX Anywhere 3
最新情報をチェックしよう!