HUAWEI

Mate 20 Proのスペックを徹底解説!他スマホとも比較したぞ!

Mate20Proのスペックとは?

先日都内の某家電量販店を散策してみました。引きこもりの筆者にとっては店内のキラキラ感が苦手ですが、新しいモノを見るとワクワクするので楽しいですよね。スマホ記事を書く者として最近のスマホ実機も触らなくてはいけない、と思いスマホコーナーへ直行!iPhoneは相変わらず大人気ですし、意外とPixel3もセールスに力が入っていてビックリしました。さらにビックリしたことは、Mate20Proも取り扱っていた点です。貿易摩擦?遠い国の出来事でしたね。

Mate20Proがどれくらい凄いか分かる!スペック一覧表

Mate20Proのすごいところは「カメラ」「ロック解除の認証方法」「メモリ(RAM)」「バッテリー」の4点です。それぞれ見ていきましょう。

Mate20Proはカメラを3個搭載!

2019年1月現在、トリプルカメラを備えたハイエンドスマホは日本市場でMate20Proぐらいです。厳密にいえば海外で発売されているスマホの中にトリプルカメラ搭載スマホはありますが、日本で未発売なのでこれ以上言及はしません。また別記事で書くかもしれないですが。

トリプルカメラの画質はもちろん凄いのですが、一番便利なのは超広角撮影が可能という点です。カメラ撮影時に画面に収まりきらず、カメラマンが後ろにバックすることはほぼ無いです。

↓Mate20Proの超広角撮影が気になる人はチェック!実際に超広角撮影した写真があります。↓

関連記事

以前の記事ではiPhoneXSMaxよりもMate20Proを買った方が良いよってハナシでしたが、じゃあ下位モデルのiPhoneXSってMate20Proに太刀打ちできないんですかね?そんなことはないはずです。実はiPhoneXSとiP[…]

HUAWEI

Mate20Proは顔認証+指紋認証に対応!

「最近は顔認証が流行りなんだけど、指紋認証も搭載してるスマホないかな?」って思っているあなた、Mate20Proなら顔認証、指紋認証どちらも対応していますよ!しかもそれだけでなくディスプレイ上での指紋認証が出来ちゃうんです!!凄くないですか?従来はフロントか背面のどちらかについていた認証用の丸い部分が無くても指紋認証出来るんですよ。

iPhoneやPixel3といったスマホは顔認証か指紋認証のどちらかにしか対応していません。Mate20Proはその両方に対応して、かつディスプレイ上で指紋認証できるなんて未来を感じますね。

↓Mate20Proの認証方法レビューについてはこちらをチェック!↓

Mate20Proはバッテリー容量もモンスタークラス!

Mate20Proはバッテリー容量が4200mAhとギガ大容量です。参考までに、iPhoneXS(2658mAh?)、GalaxyS9(3000mAh)、GalaxyNote9(4000mAh)、Pixel3(2915mAh)、XperiaXZ3(3200mAh)となっています。iPhoneが少なくGalaxyNote9が大容量なのは以外ですね。

ちなみにMate20Proは一部のワイヤレス充電対応端末に充電することも出来ます。もはやモバイルバッテリー要らず!?

Mate20Proはメモリ(RAM)が6GB!

スマホのメモリは4GBで十分という説もありますが、やはりスペックが高いと悪い気はしません。Mate20Proは6GBのメモリを搭載しているので、たとえマルチタスクで作業していても動作が遅延することはほぼ無いといって良いでしょう。ちなみにRAM6GBに対応しているスマホはGalaxyS9+、GalaxyNote9ぐらいです。意外とGalaxyNote9が本体スペック高いですよね。

Mate20ProはSDカード、おサイフケータイ非対応….【悲報】

とても残念なお知らせですが、Mate20ProはSDカード非対応かつおサイフケータイ非対応です。代わりにHuawei独自規格のNMカードで容量追加は可能、おサイフケータイ非対応だけどNFCには対応しているという中途半端さです。歯がゆいですね。このあたりは独自規格で囲い込みたいHuaweiと今後規制していきたい政府の意向が見え隠れします。

消費者としては少しでも良いものが欲しいですよね。

↓Mate20Proを最大限に生かすスマホケースを考えてみました。おサイフケータイ化も出来るよ!↓

関連記事

Mate 20 proと共に購入すべきスマホケースとはHuaweiのモンスタースマホ、Mate20Proはカメラ性能に特化したハイエンドスマホであることは前回の記事で解説しました。一方で、スマホケースは何にしようか悩んでいません[…]

HUAWEI

Mate20Proの本体スペックは最強!【結論】

最強のスマホが欲しいあなたはMate20Proを買いましょう!

知名度や政治情勢は置いておき、スペックだけなら間違いなく最強のスマホです。特にトリプルカメラが強すぎます。ワイヤレス充電機器への充電対応も凄すぎます。ほぼケチの付け所のないスマホといって間違いないです。あなたも”最強”を手に入れてみませんか…?

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

P30 Pro/P30を安くおトクに購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

P30Pro/P30をイオシスで購入する。

関連記事

ファーウェイが送り出したモンスターカメラスマホP30 Pro!当初日本ではドコモから発売予定でしたがいろいろあって発売延期に。そうなれば俄然気になるのが海外版のP30 Proが日本で使えるかですよね。という[…]

ドコモで購入するなら

ドコモで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ!

困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

ドコモオンラインショップでP30 Proを購入する。

Amazonや楽天で購入するなら

もっとも簡単らくちんに購入するならAmazonや楽天がおすすめです。

Huawei P30 Pro (VOG-L29) 8GB/256GB Dual SIM (Aurora/オーロラ) SIMフリー [並行輸入品]
HUAWEI

ケースもお忘れなく。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

楽天モバイルはなんといっても、使用量が1GBまでなら0円、さらにどれだけ使っても月額3,278円で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅵのコスパが驚異的です。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

ワイモバイルは家族での乗り換えなど、2回線以上契約の場合圧倒的にお得です。3GBまでなら月額990円、15GBまで使っても月額2,090円です。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

関連記事

いよいよサービス開始した5G。その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。今後最新モデルは5G対応の機種がメインになるでしょう。そうなると気になるのは5Gスマホでワイモバイルなどの回線が使えるかどうかという疑問が出てきま[…]

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

スマホをおトクに購入するなら

安くおトクに買うならSIMフリーを白ロム通販ショップのイオシスでの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

関連記事

「ネットでスマホを買うのってなんか怖い」「不良品に当たったら泣き寝入りするしかないんでしょ?」そう思っているあなた、もしかしたら大きく損をしているかもしれません。今回は筆者が実際に通販サイト「イオシス」でiPhone XSを買ってみまし[…]

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

MNPで乗り換えするなら

ソフトバンクにMNPで乗り換えるならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック数万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができます。機種はもちろんソフトバンクのXperiaやiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えている場合におすすめです。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

楽天モバイルはなんといっても、使用量が1GBまでなら0円、さらにどれだけ使っても月額3,278円で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅵのコスパが驚異的です。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

ワイモバイルは家族での乗り換えなど、2回線以上契約の場合圧倒的にお得です。3GBまでなら月額990円、15GBまで使っても月額2,090円です。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

関連記事

いよいよサービス開始した5G。その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。今後最新モデルは5G対応の機種がメインになるでしょう。そうなると気になるのは5Gスマホでワイモバイルなどの回線が使えるかどうかという疑問が出てきま[…]

HUAWEI
最新情報をチェックしよう!