【2023年】お得・おすすめだった投げ売りスマホは?一括・実質でお得だった投げ売りスマホを振り返り!【Pixel 7a・Xperia 5 Ⅳ・Galaxy S22・iPhone 14・Pixel 8】

今回は、2023年の投げ売りスマホで特にお得だった機種を振り返っていきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

iPhone 14を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽天モバイルではアップグレードプログラムを上手く利用してiPhoneを最大半額で購入可能です。

関連記事

楽天モバイルでは「iPhoneアップグレードプログラム」というプログラムがあり、うまく利用することでiPhoneを最大半額で購入することができます。[template id="31500"]最大半額でiPhoneを購入可能[…]

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥157,800(2024/03/04 23:35:50時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

2023年はなんだかんだ投げ売りが続いた1年

キャリアの投げ売りは総務省に指導を受けることが多いです。

今の形の投げ売りはここ2年ちょっと続いており、何回か指導や苦言を呈されたことがありますね。

その結果、2023年の前半(夏前くらいまで)は投げ売りは結構少なくなっていました。

具体的には、一括案件がほとんど無く、iPhone SEでやっと実質23円などの状況でした。

ただ、夏くらいからは段々と勢いが増して、投げ売りはそこそこ盛んになりました。

今回は、この辺りの時期から出てきた2023年にお得だった端末を中心に紹介します。

Pixel 7a

Pixel 7aは5月に発売されたPixelシリーズの廉価モデルです。

このモデルは発売直後からいきなり後日返却実質24円の投げ売りがソフトバンクでスタートしました。

これに追随する形でドコモとauもそれぞれ実質23円、実質47円で投げ売りを開始しました。

その後も、投げ売りの定番として継続して実質投げ売りが続いている状況です。

また、Pixel 8の投げ売りが始まってからはポイント還元が追加された店舗もありましたね。

11月ごろからは、ドコモのサテライトショップなどで一括16,500円や13,750円などの一括案件の情報もありました。

どこでも安く買いやすい投げ売りスマホとして存在感のあった一台ですね。

Galaxy S22

2022年モデルのハイエンドGalaxyということで、型落ちモデルにあたります。

8月ごろからドコモが後日返却実質23円の投げ売りを開始しました。

徐々に実施店舗が増え、結果的にどこでも見かけるようになった案件の1つです。

秋ごろからはauやUQモバイルで一括清算可能な分割払いでの投げ売りも行われました。

こちらは開始当初36,000円前後で、その後価格が下がっていき12月には14,880円のケースも見られました。

ハイエンドGalaxyが一括1万円台はかなり安く、通信費を抑えられるUQモバイルで行われたことも魅力です。

Xperia 5 Ⅳ

Xperia 5 Ⅳは2022年に登場したXperiaのコンパクトハイエンドモデルです。

8月からソフトバンクにて一括投げ売りが行われ、価格はMNP利用で一括9,800円でした。

これはかなり注目され、初めのころは在庫が一時的に無くなることも多かったですね。

その後もこの案件は継続され、秋ごろには一括6,800円や3,800円などの場合も見られました。

さらに、12月27日からの新規制ギリギリの時期には一部店舗で一括1円になっていたので、かなり攻めた案件が行われた一台です。

一括でない場合でも後日返却実質24円で投げ売りが行われることも多かったですね。

ハイエンドモデルの一括案件だったことが珍しい上、案件が継続されたことで「そんなに在庫が余っているのか」とざわつかせた一台でもあります。

Pixel 8

Pixel 8は10月発売のGoogle最新ハイエンドモデルです。

こちらは、前作から大幅に値上げされたことで、発売前には昨年のような投げ売りが行われるか注目されました。

実際、発売直後はキャリアもそこまで投げ売りらしい施策は行っていませんでした。

ただ、徐々に残価設定プログラムの価格を下げていき、結局3大キャリアすべてで実質投げ売りが行われました。

価格はドコモが後日返却実質23円、auは実質47円、ソフトバンクは実質24円です。

Pixel 8は「定価が高くても残価を調整して実質負担を軽くする」手法が露骨に行われたモデルです。

iPhone 14

iPhone 14は、9月のiPhone 15発売後、投げ売りiPhoneの新たな定番になりました。

iPhone 13と入れ替わる形で、iPhone 14の実質投げ売りがどこの店舗でも見られるようになりましたね。

これまでiPhone 14は「中身がほぼiPhone 13なのに価格が高い」状況だったので、ついに買い時が到来したと言えるでしょう。

OPPO Reno10 Pro 5G

OPPO Reno10 Pro 5Gは10月発売のOPPOのミドルハイモデルです。

発売初日から一部量販店のソフトバンクで、一括4,980円の投げ売りが行われたことで注目を浴びました。

また、ソフトバンクでは特価案件でなくても、残価設定プログラムを使えば後日返却実質24円で2年間利用可能でした。

こちらも一括案件は徐々に価格が下がっていき、12月には一括1,480円や一括1円も行われた一台です。

OPPOが久しぶりに国内投入したハイエンド寄りのモデルなんですが、端末そのものより施策が注目されがちで少しもったいなさも感じました。

Pixel 7 ProとXiaomi 12T Pro

引用:Google

Pixel 7 Proは2022年モデルのPixelシリーズフラッグシップモデル、Xiaomi 12T Proは2022年モデルのXiaomiのハイエンドモデルです。

これらは、11月にソフトバンクが一括9,800円の投げ売りを実施しました。

かなりお得な案件だったため、特にPixel 7 Proは人気が集まりすぐに在庫が無くなっていましたね。

Xperia 5 Ⅳも含め、今年のソフトバンクは型落ちモデルをかなり攻めた方法で在庫処分した印象があります。

Xiaomi 13T Pro/13 T

Xiaomi 13T Proと13Tは最新のXiaomiのコスパハイエンドモデルです。

Xiaomi 13T Proはソフトバンクで後日返却実質24円の実質投げ売りが実施されました。

こちらは施策ではなく定価だったので、オンラインショップでもMNPと残価設定プログラムを使えば実質24円で2年間利用可能でした。

さらに、ソフトバンクではキャンペーンで最大3万円分のPayPayポイントの還元もあり、かなりお得感のあるモデルです。

また、少しスペックを落としたXiaomi 13Tはau/UQモバイルで投げ売りが行われました。

こちらは後日一括清算可能な分割払いを使ったものです。

価格はMNP利用で9,840円で、発売記念キャンペーンで8,000円のキャッシュバックがあるので実質的には1,840円ですね。

価格もかなり安く、こちらは端末返却の必要が無いことはかなり魅力的でした。

次の投げ売りは登場するのか

今年は後半にかけてお得な投げ売り案件がいくつか登場しました。

しかし、12月27日から始まった新たな値引き規制で、これまでの形の投げ売りは基本的に行えなくなりました。

ただ、キャリアがこのまま廉価販売をやめるとは思えず、何かしらの方法で投げ売りに近いものが出てくると思われます。

実際、ソフトバンクは新たな形の残価設定プログラムを開始し、月1円で1年間レンタルできるようにしています。

また、他にもメーカー主体でのキャッシュバック(キャリア主体でないので規制対象外)や、アクセサリーなどのプレゼントキャンペーンといった方法も、徐々に行われていますね。

大きなキャンペーンが期待できる、2024年の初売りセールや3~4月の新生活シーズンには注目です。

iPhone 14を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽天モバイルではアップグレードプログラムを上手く利用してiPhoneを最大半額で購入可能です。

関連記事

楽天モバイルでは「iPhoneアップグレードプログラム」というプログラムがあり、うまく利用することでiPhoneを最大半額で購入することができます。[template id="31500"]最大半額でiPhoneを購入可能[…]

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥157,800(2024/03/04 23:35:50時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です!

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

最新情報をチェックしよう!

iPhone 14/14 Plus/14 Pro/14 Pro Maxの最新記事8件