OPPO Reno9 Aは買うべき? Reno7 Aともスペック比較!性能や使い勝手やコスパどちらが良い?【OPPOコスパ抜群ミドルレンジスマホ】

今回は、新登場のOPPO Reno9 Aを買うべきなのか、前モデルと比較しながら見ていきたいと思います。

今回取り上げるOPPO Reno9 Aは2023年6月22日に発売された、OPPO Reno Aシリーズ最新モデルです。前モデルの2022年発売のOPPO Reno7 Aと比較していきます。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

OPPO Reno9 Aを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ワイモバイル・楽天モバイル・格安SIMメーカーで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
ノーブランド品
¥30,800(2024/03/02 21:08:42時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

サイズ感

引用:OPPO

2機種の本体サイズはほとんど変わっていません。

重量は8g増加していて、背面素材が樹脂からガラスに変わったことによるものかと思われます。

重さは少し気になる可能性はありますが、そこまで大きな差でもないですね。

サイズがほぼ同じなので、持ち心地にはほとんど変化が感じられないと思います。

OPPO Reno9 AOPPO Reno7 A
サイズ74×160×7.6mm73.4×159.7×7.6mm
重さ183g175g

デザイン

引用:OPPO

OPPO Reno9 AとReno7 Aは全体的にほとんど同じデザインです。

変更点としては、背面の素材が樹脂からガラスに変更されたことが挙げられます。

独自加工の「OPPO Grow」はガラスになっても継続されており、マット仕上げのガラスになっているので高級感は結構ありますね。

カメラユニットの横部分のみ光沢仕上げになっています。

発表当初光沢部分だけガラスで他は樹脂のままでは?といった声もありましたが、実際には全体がガラスで構成されています。

引用:OPPO

OPPO Reno7 Aは角度や光の具合で色の見え方が変わっていたんですが、OPPO Reno9 Aはどこから見ても色が変わることはありません。

いずれにせよ、変わり映えしないデザインになっていることは事実です。

ディスプレイ

引用:OPPO

ディスプレイは全く同じと言っても良い仕様です。

6.4インチあるのでサイズはそこそこ大きく、有機ELで90Hz駆動なので表示は十分綺麗だと思います。

スペックダウンしなかっただけマシと見るべきかもしれませんね。

OPPO Reno9 AOPPO Reno7 A
サイズ6.4インチ6.4インチ
形状フラットフラット
種類有機EL有機EL
リフレッシュレート最大90Hz最大90Hz

処理性能

引用:OPPO

OPPO Reno9 AのチップセットはSnapdragon 695で、OPPO Reno7 Aから据え置きとなりました。

非常に残念なポイントですが、昨今の情勢を考えると仕方ない部分なのかもしれません。

その分(?)RAMは6GBから8GBに増加しました。

ただ、実際の使い心地はそれほど変わらないのではないかと思います。

Snapdragon 695とRAM8GBの組み合わせと言えばarrows Nですが、参考値ではあるものの8GBにしたところでベンチマークスコアの大きな向上はありません。

結局のところ、スマホの性能はSoC次第なところがあるので、OPPO Reno9 Aも至って普通のミドルレンジスマホらしい性能だと思います。

OPPO Reno9 AOPPO Reno7 A
チップセットSnapdragon 695Snapdragon 695
RAM8GB6GB
GeekBench5シングル:670
マルチ:1,911
参考:arrows N
シングル:684
マルチ:1,991
3DMarkスコア1,217
参考:arrows N
1,210(Wild Life)

バッテリー持ち

引用:OPPO

バッテリー容量も4,500mAhで変更はありません。

ディスプレイ性能とチップセットも変わっていないので、バッテリー持ちもそれほど変わらないと思われます。

ただ、OPPO Reno7 Aのバッテリー持ちは比較的好評なので、ここは変わらなくて良かったポイントとも言えますね。

OPPO Reno9 AOPPO Reno7 A
バッテリー容量4,500mAh4,500mAh

カメラ

引用:OPPO

カメラも変更はありません。

OPPO Reno7 Aはカメラ重視だった前モデルのOPPO Reno5 Aよりは劣るものの、ミドルレンジスマホとしては十分な仕上がりでした。

チップセットは供給の問題もあるので仕方ない部分ではありますが、カメラも全く同じなのは残念ですね。

とはいえ、極端に性能の低いカメラではないので、OPPO Reno9 Aも普段使いなら十分実用的なカメラ性能はあるのではないでしょうか。

OPPO Reno9 AOPPO Reno7 A
インカメラ16MP(F2.4)16MP(F2.4)
アウトカメラ1(広角)48MP(F1.7 1/2インチ)48MP(F1.7 1/2インチ)
アウトカメラ2(超広角)8MP(F2.2)8MP(F2.2)
アウトカメラ3(マクロ)2MP(F2.4)2MP(F2.4)
ズーム最大6倍最大6倍

その他スペック

その他仕様も基本的に同じです。

Reno Aシリーズは日本向けの端末なので、防水防塵とおサイフケータイにしっかり対応しています。

生体認証も顔認証と指紋認証の両方があるので快適に使えるのではないでしょうか。

ワイヤレス充電にも引き続き非対応です。

OPPO Reno9 AOPPO Reno7 A
防水防塵IP68IP68
生体認証顔認証
画面内指紋認証
顔認証
画面内指紋認証
おサイフケータイ対応対応
ワイヤレス充電

価格

引用:イオシス
引用:イオシス

OPPO Reno9 AはOPPO Reno7 Aと比べて販路がかなり減りました。

特に、au系列で売られなくなったのは大きいのではないでしょうか。OPPO Reno7 AもKDDI計ではすぐに取扱終了となりましたね。

また、楽天モバイルでは1万円以上の大幅な値上げが行われました。

性能が変わっていないことに加えてこの価格差を考えると、楽天モバイルならOPPO Reno7 Aを選ぶべきだと思います。

一方、IIJmioではOPPO Reno9 Aの方が安いという状態になっています。

IIJmioのように最新モデルの方が安い場合は、当然OPPO Reno9 Aの方がおすすめです。

ただ、楽天モバイルの値上げは楽天モバイル自体の経営状況による部分も大きい可能性があり、OPPO Reno9 A単体で見れば価格的にもほぼ据え置きという感じかもしれません。

白ロムもOPPO Reno7 Aの方がかなり安いですね。

OPPO Reno9 AOPPO Reno7 A
au取扱終了
UQモバイル取扱終了
ワイモバイル
(回線契約必須)
23,400円在庫なし(36,720円)
楽天モバイル53,900円
回線契約セットで6,000円引き
新製品購入キャンペーン5,500ポイント還元
回線契約で3,000円分ポイント還元
→実質39,400円
34,980円(割引前40,800円)
回線契約セットで6,000円引き
回線契約で3,000円分ポイント還元
→実質25,980円
IIJmio通常価格:37,500円
MNP限定特価:19,800円
通常価格:39,800円
MNP限定特価:21,800円
mineo40,656円35,640円
イオシス32,800円(未使用品)17,800円~(中古C)
じゃんぱら33,980円~(中古A)22,980円~(中古B)

ほとんど変更なしの最新モデル、安く買えるならアリ?

OPPO Reno9 AはOPPO Reno7 Aの焼き直しと言ってもいいくらい中身が同じ機種です。

違いは以下の3つくらいでしょうか。

  • 背面素材(樹脂→ガラス)
  • 重量(175g→183g)
  • RAM容量(6GB→8GB)

基本性能の進化はありませんし、普段の使い勝手で見ればほとんど変わりはないと言えますね。

昨今の情勢を見れば仕方ないのかもしれませんが、ここまで変化が無いのは残念としか言いようがありません。

ただ、OPPO Reno7 Aが極端に悪い機種ではないので、OPPO Reno9 Aも同程度の仕上がりは十分期待できます。

そのため、OPPO Reno9 Aが全くおすすめできないわけではなく、前モデルと中身が同じ上に価格も同じかちょっと高いので微妙な立ち位置になっているという感じです。

逆に言えば、IIJmioのようにOPPO Reno9 Aの方が安く買える場合は、OPPO Reno9 Aを買うべきだと思います。

OPPO Reno9 Aを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ワイモバイル・楽天モバイル・格安SIMメーカーで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
ノーブランド品
¥30,800(2024/03/02 21:08:42時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です!

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

最新情報をチェックしよう!