【失敗しない】Androidの選び方!よくある失敗と知っておけば間違いない選び方5選!【Androidスマホ・iPhoneからの乗り換えにも】

今回は、迷いやすいAndroidスマホの選び方について解説していきます。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

Galaxy S23シリーズを安く購入するなら

Galaxy S23シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・楽天モバイルで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

【SIMフリー】Samsung Galaxy S23 Ultra 5G Dual Sim 512GB ラベンダー (12GB RAM)
Samsung

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。



おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

Androidスマホについての基礎知識

まずはAndroidスマホ選びに必要な基礎知識を紹介していきます。

Androidはいろんなメーカーが作っている

iPhone人気の高い日本で割とよくある勘違いですが、そもそもAndroidとははあくまでOSの名前です。

引用:イオシス

Android OSを搭載したスマホをたくさんのメーカーが展開しているという形なので、アップル一社が販売しているiPhoneとは全く異なっています。

だからこそメーカーごとの個性が様々あるので、Androidスマホ選びが難しいという状況になります。

逆にスマホオタクはそこが楽しいんですよね。

Androidスマホは価格帯とともに性能も幅が広い

Androidスマホは価格帯も広いが性能も同様に幅があり、大きく分けて3つに分けられます。

  • エントリーモデル(2〜3万円くらい)
  • ミドルレンジモデル(4〜7万円前後)
  • ハイエンドモデル(約10万円〜、20万円超えも)
引用:サムスン

SNSやブラウジングなどがそこそこ快適なのはミドルレンジ以上のモデルです。

また、3Dゲームなどの高負荷な作業を快適に行いたい場合はハイエンドモデルをおすすめします。

カメラ性能も高価格帯の方が高いので、どこまでこだわるかを基準に価格帯から選んでいくと選びやすいのではないでしょうか。

Androidスマホ選びのよくある失敗と選び方

①乗り換えたのに動作がもたつく

基本的な動作については、SoCの性能やRAM容量のチェックがおすすめです。

SoCとはスマホの頭脳で、RAMは作業領域の広さです。

引用:サムスン

国内発売されるAndroidスマホのSoCはSnapdragonというシリーズが多いので、今回はSnapdragonのSoCの性能の目安を紹介します。

Snapdragonの簡単な性能の目安

  • 8シリーズ/800番台・・・ハイエンド向け、ゲーム性能重視ならこれ
  • 7、6シリーズ/700、600番台・・・ミドルレンジ向け、多くのユーザーは満足できるはず
  • 4シリーズ/400番台・・・エントリー向け、SNSなどが一応動く必要最低限なレベル

また、RAMについては現時点では6GBあれば基本的に快適に動くというところです。

SoCの性能は年々向上しており、必要とされるRAM容量も年々増加中しているので、今後数年で8GBくらいは必要になってくるかもしれません。

②画面が小さくて使いにくい

スマホを実際に持ってみると思っていたサイズ感と違ったということは割とよくあると思いますが、やはり用途に合わせた画面サイズを考えることが大切です。

最近のAndroidスマホは6.0インチ前後〜6.7インチ前後の画面が多いので、今回はこの間でサイズ感の目安を紹介します。

まず、取り回しの良さ重視なら6.0インチ前後がおすすめです。

そして、逆に大きめの方が良い場合は6.5インチ以上をおすすめします。

また、Androidスマホは設定から文字サイズを変更できるので、「文字が見にくい」など気になる場合は設定の確認もおすすめです。

③新しい機種なのにバッテリー持ちが悪い

引用:サムスン

バッテリー持ちについては、バッテリー容量、SoCの省電力性能、画面サイズ、リフレッシュレートをチェックしましょう。

これらはバッテリー持ちを左右する重要な要素です。

バッテリー容量ばかり注目しがちですが、意外と見るべきポイントは多いですね。

例えば、バッテリー容量が大きくても、SoCの消費電力が多かったり画面が大きかったりするとバッテリーの減りは早くなります。

また、ハイエンドモデルよりはミドルレンジやエントリーの方が消費電力は控え目なので、バッテリー持ちも良いことが多いです。

リフレッシュレートとは画面の更新頻度を示すもので、この数字が高くなるほどバッテリーの減りは早くなります。

120Hzや90Hzの高リフレッシュレート端末でも、設定から60Hzなどに下げることは可能なので、バッテリー持ちを伸ばしたい人は設定の確認もおすすめです。

④カメラの画質が悪い

引用:サムスン

カメラ性能が気になる人はレンズの種類、画素数、F値、センサーサイズをチェックしましょう。

これらのカメラスペックはスマホの個性が表れやすい部分なので、選ぶのが難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。

まずはレンズの種類(広角、超広角など)をチェックしましょう。

これによって、撮れる写真の幅が大きく変わるので自分の用途に合わせて検討することをおすすめします。

画素数は写真の解像度を左右する要素で、最近はハイエンドなら50MP前後以上の画素数が定番、ミドル以下でも50MP搭載モデルが存在しますね。

ただ、画素数だけではカメラ性能を測れないことも事実です。

また、F値とセンサーサイズは取り込む光の量に関わります。

F値は数字が小さいほど明るく撮影しやすく、センサーは大きいほど多くの光を取り込むことができます。

ただし、スペックだけでは分かりにくい部分があり、メーカーによって色味などの味付けが結構違うので購入前にリサーチすることをおすすめします。

⑤iPhoneから乗り換えたいけどどれを選べばいいか分からない

iPhoneからの乗り換えを検討している場合、まずはハイエンド機から検討することがおすすめです。

というのも、iPhoneは基本的にハイエンドモデルに当たるスマホだからです。

「とりあえず安く買いたいから」という気持ちで安易にエントリーモデルやミドルレンジモデルを買うとストレスの元になりかねません。

これまでと全く同じ感覚で使いたい場合は、iPhoneと近い価格(10万円以上)の端末が基本的にはおすすめです。

ただ、SNSやブラウジングメインの方なら最近は5万円前後のミドルレンジスマホでも大丈夫な場合も多いですね。

また、サクサク動作と価格の安さを両立したいならSoCがハイエンド並みのPixel 7aやPixel 6aがおすすめです。

Androidスマホ選びの注目ポイント

今回の内容をまとめていきます。

まず、基本動作・処理性能が気になる方は、SoCとRAMをチェックしましょう。

バッテリー持ちについては、バッテリー容量、SoCの消費電力、画面サイズとリフレッシュレートが重要です。

そして、カメラ性能は、レンズの種類、画素数、F値、センサーサイズなどに注目しましょう。

さらに、具体的な用途や目的に分けると、ゲームを快適に楽しみたいならハイエンドモデル、SNSやブラウジング、動画視聴くらいならミドルレンジモデルもアリというイメージです。

そして、iPhoneからの乗り換えの場合は基本的にはハイエンドモデルから検討することをおすすめします。

Galaxy S23シリーズを安く購入するなら

Galaxy S23シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・楽天モバイルで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

【SIMフリー】Samsung Galaxy S23 Ultra 5G Dual Sim 512GB ラベンダー (12GB RAM)
Samsung

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。



おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です!

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

最新情報をチェックしよう!

Galaxy S23/S23+/S23 Ultraの最新記事8件