Galaxy S23 UltraとPixel 8 Proはどっちを買うべき?人気のフラッグシップAndroidを徹底比較!コスパはどちらが良い?

今回は、Galaxy S23 UltraとPixel 8 Proを比較しながら、どちらを買うのが良いか見ていきます。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

Galaxy S23シリーズを安く購入するなら

Galaxy S23シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・楽天モバイルで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

【SIMフリー】Samsung Galaxy S23 Ultra 5G Dual Sim 512GB ラベンダー (12GB RAM)
Samsung

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。



おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

サイズ感

本体サイズはGalaxy S23 Ultraの方が若干大きめです。

特に、横幅が2mm違うので持った時の感覚は結構違いますね。

重量もPixel 8 Proの方が20g軽くなっています。

とはいえ、Pixel 8 Proが小さいわけではなく、Pixel 8 Proも普通に大きくて重いスマホで、Galaxy S23 Ultraはより大きくて重いという感じですね。

Galaxy S23 UltraPixel 8 Pro
サイズ78.1×163.3×8.9mm76.5×162.6×8.8mm
重さ233g213g
ディスプレイサイズ6.8インチ6.7インチ

デザイン

両機種ともそれぞれのシリーズらしいデザインに仕上がっています。

特にGalaxyの独立したカメラレンズとPixelのカメラバーは、結構好みが分かれそうなポイントです。

引用:Google

背面の仕上げはどちらもマット、側面も光沢仕上げで同じになっています。

形状に注目すると、側面フレームはGalaxy S23 Ultraの方がフラット寄りなので、持ったときの手の馴染みやすさはPixel 8 Proの方が優れていると思います。

どちらも高級感はかなりあるのでどちらかが劣ることは無く、好みの問題になってくるのではないでしょうか。

ディスプレイ

ディスプレイサイズはGalaxy S23 Ultraの方が0.1インチ大きくなっています。

ただ、これはエッジとフラットのディスプレイ形状の違いがあるためで、正面から見たときの大きさはほとんど同じです。

2機種を比べると、保護フィルムとの相性でフラット形状のPixel 8 Proの方が便利ですね。

引用:Google

どちらも120Hz駆動の有機ELディスプレイを採用しており表示は綺麗で、ベゼルもかなり細く仕上がっています。

画面輝度はPixel 8 Proの方が高いですが、Galaxy S23 Ultraもかなり明るい部類なので屋外での視認性は十分でしょう。

Galaxy S23 UltraPixel 8 Pro
サイズ6.8インチ6.7インチ
形状エッジフラット
種類Dynamic AMOLED 2X(有機EL)Super Actuaディスプレイ(有機EL)
リフレッシュレート120Hz120Hz
最大輝度最大1,750ニト最大輝度1,600ニト
ピーク輝度2,400ニト

処理性能

引用:Google

SoCはGalaxy S23 UltraはSnapdragon 8 Gen 2、Pixel 8 ProはTensor G3を搭載しています。

それぞれシリーズとしては2023年の最新チップですが、実際の性能は1世代分くらい離れています。

Tensor G3を搭載したPixel 8 Proのベンチマークスコアは、昨年のチップであるSnapdragon 8 Gen 1搭載機と近いです。

引用:Samsung

また、安定性もSnapdragon 8 Gen 2の方が高く、長時間のゲームプレイなどでも快適に使うことができます。

普段使いならどちらを選んでも十分快適ですが、重めのゲームをがっつり楽しみたい場合はGalaxy S23 Ultraがおすすめです。

一応、Pixel 8 Proでも重めのゲームはそこそこ楽しめるので、一般ユーザーであればPixel 8 Proでも十分満足できるでしょう。

Galaxy S23 Ultra
SoCSnapdragon 8 Gen 2 For Galaxy
RAM12GB
GeekBench6スコアシングル:2,023
マルチ:5,290
3DMarkスコア3,761(Wild Life Extreme)

バッテリー持ち

引用:GSMArena

バッテリー容量はGalaxy S23 Ultraが5,000mAh、Pixel 8 Proが5,050mAhです。

Pixel 8 Proの方が50mAhほど容量が大きいですが、実際のバッテリー持ちはGalaxy S23 Ultraの方が優秀ですね。

これはSnapdragon 8 Gen 2の電力効率がかなり良いためで、バッテリー持ちを重視するならGalaxy S23 Ultraを断然おすすめします。

Pixel 8 Proも悪いわけではないんですが、Galaxy S23 Ultraのバッテリー持ちが良すぎますね。

使用感で言うと、Pixel 8 Proが1日普通に使えるのに対して、Galaxy S23 Ultraは余裕を持って1日や1.5日使えるイメージです。

Galaxy S23 UltraPixel 8 Pro
バッテリー容量5,000mAh5,050mAh
GSMArena
バッテリーテスト
126h90h

その他スペック

基本的な仕様はどちらも搭載されているので、使い勝手はそこまで変わりません。

ただ、画面内指紋認証の方式がGalaxy S23 Ultraは超音波式、Pixel 8 Proは光学式となっており異なります。

この2つを比べると、精度、速度ともに超音波式のGalaxy S23 Ultraの方が快適です。

Galaxy S23 UltraPixel 8 Pro
防水防塵IP68IP68
生体認証顔認証
超音波式画面内指紋認証
顔認証
光学式画面内指紋認証
おサイフケータイ国内版対応国内版対応
ワイヤレス充電対応対応

カメラ

引用:Samsung

Galaxy S23 Ultraは、広角+超広角+3倍望遠+10倍ペリスコープ望遠のクアッドレンズカメラを搭載しています。

対するPixel 8 Proは、広角+超広角+5倍ペリスコープ望遠のトリプルレンズカメラとなっています。

メインの広角カメラは、両機種ともハイエンド機の中でも大きいセンサーなので暗所でも十分実用的です。

画素数はGalaxy S23 Ultraの200MPとPixel 8 Proの50MPで差があり、普通に見る分には大差ないものの拡大したときの解像感は異なりますね。

どちらもかなり高性能なので普段使いなら甲乙つけがたいんですが、望遠性能には差があります。

それぞれが搭載するカメラの倍率が異なるので、得意な倍率も異なっています。

例えば、Galaxy S23 Ultraは3倍と10倍は綺麗ですがその間の倍率が苦手で、Pixel 8 Proは5倍望遠+優秀な補正のおかげで10倍程度までならそこそこ綺麗に撮影することが可能です。

ただ、10倍以上の倍率になるとGalaxy S23 Ultraの方が圧倒的に優秀ですね。

基本的には普段使いなら両方とも優秀なので、どちらかを選んで後悔することは無いと思います。

撮影することが多い倍率によっておすすめは変わってきますね。

Galaxy S23 UltraPixel 8 Pro
インカメラ12MP(F2.2)10.5MP(F2.2)
アウトカメラ1(広角)200MP(F1.7 1/1.3インチ)50MP(F1.68 1/1.31インチ)
アウトカメラ2(超広角)12MP(F2.2)48MP(F1.95)
アウトカメラ310MP(F2.4)
3倍望遠
48MP(F2.8)
5倍ペリスコープ望遠
アウトカメラ410MP(F4.9)
10倍ペリスコープ望遠
ズーム光学最大10倍
デジタル最大100倍
光学5倍
デジタル最大30倍

価格

価格についてですが、ストレージの最小容量が128GBと256GBで差があるので、キャリアでの価格もPixel 8 Proの方が安いことが多いです。

ただ、ドコモだとPixel 8 Proの128GBが無いのでどちらも256GBですが、価格は割引が入っているGalaxy S23 Ultraが1万円ほど安くなっています。

auはGalaxy S23 Ultraを大幅に値下げしました。

この結果、Pixel 8 Proの128GBモデルと近い価格になっており、ここは悩みやすいのではないかと思います。

これらのキャリア価格を見ると、処理性能の差なども考えれば今はGalaxy S23 Ultraの方がコスパはいいと言えるでしょう。

引用:じゃんぱら

一方で中古白ロムに目を向けると、Pixel 8 Proの方がかなり安いです。

Galaxy S23 Ultraは14万円台〜、Pixel 8 Proは11万円台〜で、Pixel 8 Proはかなり相場が下がっている印象があります。

この2機種でとにかく一括購入で安く買いたいなら、Pixel 8 Proの白ロムをおすすめします。

そして、キャリアで買うならauのGalaxy S23 Ultraが値下げで結構安くなっているのでおすすめです。

Galaxy S23 UltraPixel 8 Pro
Googleストア159,900円~
Samsungオンラインストア1TB:253,440円
ドコモ256GB:186,670円(割引前:197,670円)
いつでもカエドキプログラム:2年後返却実質88,990円
256GB:198,000円
いつでもカエドキプログラム:2年後返却実質108,240円
au256GB:164,800円(値下げ前:197,650円)
スマホトクするプログラム:2年後返却実質89,700円
128GB:169,900円
スマホトクするプログラム:2年後返却実質87,400円
ソフトバンク128GB:172,080円
新トクするサポート:2年後返却実質94,320円
イオシス144,800円~(海外版中古A)117,800円~(国内版中古A利用制限▲)
じゃんぱら142,990円~(海外版中古B)116,980円~(国内版中古A)

どちらも高性能、コスパ的には意外とGalaxy S23 Ultraがおすすめ?

両機種ともフラッグシップモデルとして完成度は非常に高いですね。

特にディスプレイ、カメラなどはどちらもかなり高性能に仕上がっています。

差があるのはやはり処理性能で、安定感やゲームの快適性にこだわるならGalaxy S23 Ultraがおすすめですね。

これまでは価格差がそこそこありましたが、auがGalaxy S23 Ultraを値下げしたことでauでの販売価格は結構近くなりました。

ストレージ容量や処理性能の差を考えると、同じ価格帯であればGalaxy S23 Ultraの方がコスパは良いと思います。

ただ、これはあくまでauの場合で、購入先の価格によってコスパのバランスが大きく変わります。

重視したいスペックだけではなく、希望の購入先の価格なども比較してどちらが良いか判断してみてはいかがでしょうか。

Galaxy S23シリーズを安く購入するなら

Galaxy S23シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・楽天モバイルで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

【SIMフリー】Samsung Galaxy S23 Ultra 5G Dual Sim 512GB ラベンダー (12GB RAM)
Samsung

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。



おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です!

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

最新情報をチェックしよう!

Galaxy S23/S23+/S23 Ultraの最新記事8件