Galaxy S22 UltraとiPhone 14 Proはどっちを買うべき?大画面vs処理性能!GalaxyとiPhoneの2大高性能モデルを比較!性能や使い勝手どちらが良い?

今回は、Galaxy S22 UltraとiPhone 14 Proを比較しながら、どちらを買うのが良いか見ていきます。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

Galaxy S22シリーズを安く購入するなら

Galaxy S22シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・IIJmioで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

サイズ感

Galaxy S22 UltraとiPhone 14 Proを比べるとサイズ感はかなり違いますね。

Galaxy S22 Ultraはスマホの中でも最大級の大きさなのに対し、iPhone 14 Proは片手操作できるかどうかくらいの大きさです。

大画面だからこその情報量の多さとポケットに入れやすい取り回しの良さのどちらかを選ぶかというところですね。

重量はGalaxy S22 Ultraの方が重たいものの筐体サイズほどの差はなく、iPhone 14 Proはサイズの割に重たくなっています。

Galaxy S22 UltraiPhone 14 Pro
サイズ77.9×163.3×8.9mm71.5×147.5×7.85mm
重さ229g206g

デザイン

Galaxy S22 UltraのデザインはほぼGalaxy Noteで、側面が曲面なので大きさの割には手に馴染みやすいところが特徴です。

一方のiPhone 14 Proは小さめながら重厚感は結構ありますね。

手に取って比べると高級感はiPhone 14 Proの方があるように感じます。

ディスプレイ

ディスプレイもサイズが大きく異なります。

Galaxy S22 Ultraは6.8インチでメモ帳的なサイズ感なのに対し、iPhone 14 Proは王道の6.1インチです。

また、形状についてはエッジとフラットの違いがあり、ここは好みが分かれる部分ですね。

どちらも120Hz駆動の有機ELということで、発色もかなりよく滑らかな表示が可能です。

画面輝度は両機種ともかなり高く、屋外でも余裕の視認性を持っています。

実使用においてはどちらかが大きく劣っているということはありませんね。

Galaxy S22 UltraiPhone 14 Pro
サイズ6.8インチ6.1インチ
形状エッジフラット
種類有機EL有機EL
画質3088 x 1440
(Quad HD+)
1,179×2,556
リフレッシュレート最大120Hz最大120Hz
最大輝度最大1,750ニト1,000ニト
ピーク輝度(HDR):1,600ニト
ピーク輝度(屋外):2,000ニト

処理性能

処理性能についてはどちらも2022年モデルのハイエンド機なので十分優秀です。

ベンチマークテストスコアだとiPhone 14 Proの方が高いですが、どちらも基本的には何でもできる性能となっています。

どちらを選んでも重めのゲームも十分快適に動作してくれます。

ただし、何年か使い続けるとしたらiPhone 14 Proの方が余裕があるという感じですね。

Galaxy S22 UltraiPhone 14 Pro
チップセットSnapdragon 8 Gen 1A16 Bionic
RAM12GB6GB
GeekBench5スコアシングル:1,217
マルチ:3,444
シングル:1,869
マルチ:4,965
3DMarkスコア9,210(Wild Life)3,382(Wild Life Extreme)

バッテリー持ち

バッテリー容量は5,000mAhと3,200mAhで差がありますが、画面サイズとOSの違いがあるので容量だけではバッテリー持ちを判断できません。

実際のバッテリー持ちについては、iPhone 14 Proは結構バッテリー持ちがよく1日は余裕で使うことができます。

一方、Galaxy S22 UltraはOSやチップセットの仕様といった不利な条件が多いんですが、1日は普通に持ってくれます。

用途次第では1.5日くらい持つのではないでしょうか。

比べるとiPhone 14 Proの方が長持ちですが、どちらかが極端に劣っているということはありません。

Galaxy S22 UltraiPhone 14 Pro
バッテリー容量5,000mAh3,200mAh

その他スペック

どちらも実用的な仕様が揃っていて片方が劣っているということはありません。

Galaxy S22 Ultraが指紋認証にも対応しているのに対し、iPhone 14 Proは顔認証しか無いという違いがあります。

Galaxy S22 UltraはSペンに対応しているのでその分用途は幅広いです。

Galaxy S22 UltraiPhone 14 Pro
防水防塵IP68IP68
生体認証顔認証
画面内超音波指紋認証
顔認証
おサイフケータイ海外版未対応
国内版対応
国内版対応
ワイヤレス充電対応対応
Sペン対応

カメラ

カメラについては、iPhone 14 Proも優秀ですがGalaxy S22 Ultraが強すぎるんですよね。

108MPの広角カメラや最大100倍のズーム性能はオーバースペック感がありますが非常に強いです。

iPhone 14 Proはついに48MPになり、基本的には十分綺麗に撮影することができます。

iPhone 14 Proは比較的見た目に忠実な色味なのに対し、Galaxy S22 Ultraはビビットな色味に仕上がります。

Galaxy S22 UltraiPhone 14 Pro
インカメラ40MP(F2.2)12MP(F1.9)
アウトカメラ1(超広角)12MP(F2.2)12MP(F2.2)
アウトカメラ2(広角)108MP(F1.8)48MP(F1.78)
アウトカメラ3(望遠)10MP(F4.9)12MP(F2.8)
アウトカメラ4(望遠)10MP(F2.4)
ズーム最大100倍最大15倍

価格

両機種のキャリアの定価は17~18万円くらいということで近い設定となっています。

iPhone 14 Proの場合はアップル直販や楽天モバイルが安いのでおすすめです。

残価設定プログラムやポイント還元を利用すれば実質的な負担は抑えることができます。

Galaxy S22 Ultraは白ロムが結構安くなっていて、10万円強まで落ち着いてきました。

白ロムを買うならGalaxy S22 Ultra、キャリアで2年レンタルするならiPhone 14 Proがおすすめという感じですね。

Galaxy S22 UltraiPhone 14 Pro
インカメラ40MP(F2.2)12MP(F1.9)
アウトカメラ1(超広角)12MP(F2.2)12MP(F2.2)
アウトカメラ2(広角)108MP(F1.8)48MP(F1.78)
アウトカメラ3(望遠)10MP(F4.9)12MP(F2.8)
アウトカメラ4(望遠)10MP(F2.4)
ズーム最大100倍最大15倍

どちらも後悔しない優秀ハイエンド、あとはお好みで

Galaxy S22 UltraとiPhone 14 Proは両機種とも非常に高性能で実用的なスマホです。

何をするにも困らない性能の高さなので、どちらかを選んで大きくがっかりすることはないと思います。

サイズ、OS、写真の仕上がり、ペン対応などに大きな差があるので、用途や好みに合わせて選択するのがおすすめです。

コスパ的には白ロムが安いGalaxy S22 Ultraがおすすめですが、キャリアで残価設定プログラムなどを利用するならiPhone 14 Proも割とおすすめです。

Galaxy S22シリーズを安く購入するなら

Galaxy S22シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・IIJmioで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です!

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

最新情報をチェックしよう!

Galaxy S22/S22+/S22 Ultraの最新記事8件