【2024年1月】投げ売りスマホ今はどれがお得・おすすめ?新値引き規制後でも安い投げ売りスマホやキャンペーンを紹介!【端末のみ購入・回線契約なし・Pixel 8・Pixel 7a・iPhone 14・Xiaomi・Xperia 1 Ⅳ】

今回は、新値引き規制開始後の2024年1月現在の投げ売りスマホについて、おすすめ機種などを紹介していきたいと思います。

スマホ選びの参考になれば幸いです!

今回の動画はこちら!

iPhone 14を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽天モバイルではアップグレードプログラムを上手く利用してiPhoneを最大半額で購入可能です。

関連記事

楽天モバイルでは「iPhoneアップグレードプログラム」というプログラムがあり、うまく利用することでiPhoneを最大半額で購入することができます。[template id="31500"]最大半額でiPhoneを購入可能[…]

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥157,800(2024/03/04 23:35:50時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

新規制後でも安い実質案件

新規制後は残価設定プログラムを使った実質投げ売りも行いにくくなりました。

そんな中でもソフトバンクとauでは一部機種で裏ワザや工夫で、これまでに近い価格が維持されています。

規制前とは違って店舗独自割引が無いので、今回紹介する端末も含め、現在の投げ売りはオンラインショップでも利用可能です。

Pixel 8の投げ売り価格

引用:Google

新規制に合わせて、ソフトバンクでは1年で端末を返却する新トクするサポート(バリュー)を開始しました。

これまで2年後だった端末返却時期を1年後にすることで、これまでと近い残価を維持しています。

MNP割引を適用すれば、月1円で1年間使うことができるシステムで、Pixel 8はその対象端末の1つです。

1年での機種変更が問題ないのであれば十分おすすめできますね。

Pixel 8(128GB)
ソフトバンク定価111,600円
新トクするサポート(バリュー)
実質負担額
1年後返却実質21,996円(1,833円/月)
MNP割引▲21,984円
割引適用後1年後返却実質12円(1円/月)

iPhone 14

引用:アップル

iPhone 14もソフトバンクの新トクするサポート(バリュー)の対象機種です。

Pixel 8同様にMNP割引を適用すれば月1円で1年間利用することができるようになりました。

iPhoneを安く使いたい人には引き続きおすすめしやすい価格になっていると思います。

iPhone 14(128GB)
ソフトバンク定価137,520円
新トクするサポート(バリュー)
実質負担額
1年後返却実質21,996円(1,833円/月)
MNP割引▲21,984円
割引適用後1年後返却実質12円(1円/月)

Xiaomi 13T Proの投げ売り価格

引用:Xiaomi

Xiaomi 13T Proも新トクするサポート(バリュー)の対象です。

規制前も月1円で2年レンタルできたんですが、引き続き月1円で使えることとなりました。

Xiaomi 13T Proは発売記念キャンペーンで最大30,000円分のポイント還元があるので、キャンペーンを踏まえた実質価格を考えればかなりお得な機種と言えますね。

Xiaomi 13T Pro
ソフトバンク定価111,600円
新トクするサポート(バリュー)
実質負担額
1年後返却実質21,996円(1,833円/月)
MNP割引▲21,984円
割引適用後1年後返却実質12円(1円/月)

iPhone SE(第3世代)の投げ売り価格

引用:アップル

iPhone SE(第3世代)はauとソフトバンクでこれまで通り2年レンタルが安くなっています。

auが後日返却実質47円、ソフトバンクは実質24円という価格設定で、iPhoneのリセールバリューが高いためこれまで通りの残価が設定できていると考えられます。

細かい条件などもこれまで通りなので、iPhone SE(第3世代)に関しては規制の影響は基本的に無いと言えるでしょう。

ただ、ドコモでは規制前にあった実質23円が利用できなくなっているので注意が必要です。

auソフトバンク
定価70,935円73,440円
残価設定プログラム実質負担額2年後返却実質22,047円(958円/月)2年後返却実質22,008円(917円/月)
MNP割引▲22,000円▲21,984円
割引適用後2年後返却実質47円(初回3円、2円/月)2年後返却実質24円(1円/月)

Pixel 7aの投げ売り価格

引用:Google

Pixel 7aもauとソフトバンクではこれまで通りの安さがキープされています。

残価設定プログラムの安さを維持するために、両キャリアとも定価が値下げされました。

特に、auは5万円を切っていて、Googleストアよりも安いので一括購入も十分おすすめです。

MNP割引を適用すれば一括でも2万円台なので、以前の投げ売りほどではないが十分安いですね。

auソフトバンク
定価47,500円64,080円
残価設定プログラム実質負担額2年後返却実質22,047円(958円/月)2年後返却実質22,008円(917円/月)
MNP割引▲22,000円▲21,984円
割引適用後2年後返却実質47円(初回3円、2円/月)2年後返却実質24円(1円/月)

Xperia 1 Ⅳの投げ売り価格

引用:ソニー

Xperia 1 Ⅳは、新規制に合わせてauが一括価格を74,400円に値下げしました。

型落ちとはいえ、フラッグシップXperiaがこの価格はめちゃくちゃ安いですね。

また、スマホトクするプログラムを使えばPixel 7aなどと同じ価格になります。

登場時の定価が20万円近かったことを考えれば、まさに投げ売りと言える状況です。

MNP割引を適用すれば5万円台になるので、一括購入でも十分おすすめと言えるのではないでしょうか。

Xperia 1 Ⅳ
au定価74,400円
スマホトクするプログラム
実質負担額
2年後返却実質22,047円(958円/月)
MNP割引▲22,000円
割引適用後2年後返却実質47円(初回3円、2円/月)

一括投げ売り案件は廉価端末で継続

残価設定プログラムを使わない一括投げ売りは、価格の安いエントリーモデルで実施されています。

一括投げ売りはUQ mobileやワイモバイルで行われていることが多いので、MNPを使っても通信費が抑えられる点も魅力的です。

現時点でMNP割引を適用すると一括1円になるスマホは以下の通りです。

  • arrows We(ドコモ、au/UQ)
  • Redmi Note 10T(ソフトバンク)
  • Libero 5G Ⅲ(ワイモバイル)
  • Redmi 12 5G(UQ mobile)
  • Redmi Note 10 JE(UQ mobile)

また、1円以外の一括投げ売りスマホもあります。

  • Xperia Ace Ⅲ(ワイモバイル):一括3,980円
  • moto g53y 5G(ワイモバイル):一括3,996円
  • Libero 5G Ⅳ(ワイモバイル):一括3,996円
  • Galaxy A23(au/UQ):一括3,800円

1月もまだまだお得な投げ売りはある、今後の動きも気になる

新規制の影響が心配でしたが、蓋を開けてみれば意外とこれまで通りの安さが維持されていることが多いですね。

特に、投げ売りの定番だったPixel 8などは規制前と同じような価格も多く、条件が合えば引き続きお得な案件はあると思います。

また、auがXperia 1 Ⅳを大幅値下げして投げ売り状態になったことも大きなトピックですね。

今後も同様に型落ちモデルを大幅値下げして在庫処分する可能性も考えられますが、転売防止の必要性もあり今後の動向が気になるところです。

転売防止という観点から考えると、定価の値下げよりはソフトバンク方式の1年レンタルの方が現実的だと思うので、今後他のキャリアに広がる可能性は高いのではないでしょうか。

【2024年2月】iPhone投げ売り最新情報!今安く買えるiPhoneを紹介【iPhone 15 月1円登場】【iPhone 12 mini一括】【iPhone 14・iPhone 13】

2024年2月のお得な投げ売りiPhoneはこちら!

関連記事

今回は、2024年2月最新のiPhone投げ売りについて、現在の価格情報などを紹介していきたいと思います。スマホ選びの参考になれば幸いです![template id="37731"]iPhone 15シリーズ[c[…]

iPhone 14を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽天モバイルではアップグレードプログラムを上手く利用してiPhoneを最大半額で購入可能です。

関連記事

楽天モバイルでは「iPhoneアップグレードプログラム」というプログラムがあり、うまく利用することでiPhoneを最大半額で購入することができます。[template id="31500"]最大半額でiPhoneを購入可能[…]

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥157,800(2024/03/04 23:35:50時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です。

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

おすすめのスマートフォン保険

ACTIVATEがおすすめするスマートフォンの保険はモバイル保険です!

モバイル保険が特におすすめできるポイントは以下の通りです。

  • キャリア補償やApple Careよりも断然安い
  • 月額700円で年間最大10万円までの修理費用をカバーしてもらえる
  • 1契約で3端末まで(主端末1台+サブ端末2台)登録可能
  • Wi-FiやBluetoothに繋がる端末であればOKなのでスマートウォッチなども登録できる
  • 中古端末も登録可能(販売店の3ヶ月動作保証が必要)
  • 購入から1年未満での端末が登録可能

スマホの修理費用は結構高いので事前に備えておきたい方はモバイル保険をぜひチェック

最新情報をチェックしよう!

iPhone 14/14 Plus/14 Pro/14 Pro Maxの最新記事8件