Galaxy S21 plus

Galaxy S21とPixel 5はどっちを買うべき?購入時の選び方は?

Google純正という強みのあるPixelシリーズですが、最高スペックモデルのGalaxy S21シリーズと比較するとどうなのか?買うならどちらがいいのか?

実際にどちらも発売日に購入した私が、ポイント別に解説していきます。

Galaxy S21シリーズを安く購入するなら

Galaxy S21シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

Galaxy S21シリーズのスペックや特徴

スペックや特徴を見ていきましょう。

Galaxy S21シリーズのスペック表

Galaxy S21Galaxy S21+Galaxy S21 Ultra
ストレージ容量(ROM)128GB/256GB128GB/256GB128/256/512GB
価格799ドル(約83,000円)〜999ドル(約103,000円)〜1,199ドル(約124,000円)〜
CPUSnapdragon 888もしくはExynos 2100Snapdragon 888もしくはExynos 2100Snapdragon 888もしくはExynos 2100
メモリ(RAM)8GB8GB12GB/16GB(ROM512GBモデルのみ)
ディスプレイサイズ6.2インチ
フラットディスプレイ
6.7インチ
フラットディスプレイ
6.8インチ
エッジディスプレイ
解像度1080 × 2400 421ppi(48-120Hz)1080 × 2400 394ppi(48-120Hz)1440 × 3200 515ppi(10-120Hz)
本体サイズ71.2×151.7×7.9mm75.6×161.5×7.8mm75.6×165.1×8.9mm
重量169g200g227g
背面カメラ超広角:12MP, F2.2(120˚)
広角:12MP, F1.8(79˚)
望遠:64MP, F2.0(76˚)
3眼カメラ
スペースズーム:最大30倍
超広角:12MP, F2.2(120˚)
広角:12MP, F1.8(79˚)
望遠:64MP, F2.0(76˚)
3眼カメラ
スペースズーム:最大30倍
超広角:12MP, F2.2(120˚)
広角:108MP, F1.8(83˚)
望遠1:10MP, F2.4(35˚)
望遠2:10MP, F4.9(10˚)
レーザーAF
4眼カメラ
スペースズーム:最大100倍
全面カメラ10MP, F2.2(80˚)10MP, F2.2(80˚)40MP, F2.2(80˚)
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応ワイヤレス充電(Qi)対応ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68IP68IP68
SDカード非対応非対応非対応
認証方法顔認証、画面内超音波指紋認証顔認証、画面内超音波指紋認証顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ国内版対応、海外版非対応国内版対応、海外版非対応国内版非対応、海外版非対応
イヤホンジャックなしなしなし
バッテリー容量4,000mAh4,800mAh5,000mAh
カラーバリエーション・ファントムピンク
・ファントムグレー
・ファントムホワイト
・ファントムバイオレット
・ファントムブラック
・ファントムシルバー
・ファントムブラック
・ファントムシルバー
その他Sペン対応

Galaxy S21シリーズの特徴

Galaxy S21
引用:galaxymobile.jp
  • 申し分ない最強の性能
  • Galaxy S21とGalaxy S21+はようやくフラットディスプレイに
  • Galaxy S21 UltraはついにSペン対応
  • AIによる画像補正も素晴らしい圧倒的なカメラ性能

Pixel 5のスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

Pixel 5のスペック

Pixel 5
ストレージ容量(ROM)128GB
価格74,800円〜
CPUSnapdragon 765G
メモリ(RAM)8GB
ディスプレイサイズ6.0インチ
解像度1080×2340
本体サイズ144.7×70.4×8.0mm
重量151g
メインカメラ12.2MP(標準)+16MP(超広角)(デュアルカメラ)
インカメラ8MP
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68
SDカード非対応
認証方法指紋認証
おサイフケータイ対応
イヤホンジャック非搭載
バッテリー容量4,000mAh
カラーバリエーションブラック
グリーン

コンパクトで軽量ながら性能も悪くなくコスパ抜群のモデルです。

Pixel 5の特徴

Pixel 5

Pixel 5は次のような特徴があります。

  • コンパクトで軽量
  • ついに超広角カメラを搭載
  • 5Gに対応
  • 最大90Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイ
  • Google純正なのでいち早くアップデートされる

Pixel 5のレビュー

Pixel 5の詳しい操作感やレビューはこちらに記事にしています。

関連記事

いよいよ発売されたPixel 5。暗所に強く定評のあるカメラにコンパクトで軽量なボディはそのまま引き継がれています。 さらにどうやら今回は背面の質感も変わった模様。ということで発売日に届きましたので、さっそくレビューしていきたいと[…]

Pixel 5

Galaxy S21とPixel 5の比較

2020年10月に発売されたGoogleのPixel 5と約半年後の2021年3月発売のGalaxy S21シリーズを項目別に比較します。どちらも人気のスマートフォンですが、それぞれの特徴・性能の違いから、おススメの機種を解説します。

それぞれの特徴

Galaxy S21 plus

Galaxy S21シリーズ:Samsungが発売している最高スペックのスマートフォンです。ハイエンドモデルにふさわしい最強の性能で、内蔵プロセッサやカメラ、バッテリーに至るまで最先端の技術が搭載されています。

Pixel 5

Pixel 5:Googleが発売している純正スマートフォンなのでシンプルで使いやすく、Google提供サービスとの連携がしやすい。ハイエンドモデルではなく、ミドルエンドモデルでバッテリーシェアなど、独特の機能が実装されています。

基礎パフォーマンス

CPU

Galaxy S21シリーズとPixel 5の違いは多々ありますが、中でも大きな違いは搭載しているCPU(チップセット)にあります。
スマートフォンを操作する上で、サクサクした操作感や、ストレスのない利用環境は重要です。

Pixel 5がSnapdragon 765に対してGalaxy S21シリーズはがSnapdragon 888とより高スペックのチップセットを採用しています。そもそもミドルハイモデル向けに開発されたSnapdragon 765とハイエンドモデル向けに開発されたSnapdragon 888では圧倒的な差があります。Galaxy S21の処理性能は2倍ほども違うので、操作のサクサク感も驚くほどです。

SNSなどの日常操作でそこまで顕著に感じることはありませんが、ゲーム操作や編集作業など高度な操作になればなるほど、なめらかさは段違いです。Galaxy S21シリーズでは単純なwebにしろ、複雑な操作にしろ、表示速度が明らかに早かったりと、よりストレスのない快適な操作が可能です。

カメラ

Galaxy S21 plus

カメラの性能比較では、どこを比較しても圧倒的にGalaxy S21シリーズに軍配が上がります。

Pixel 5

Pixel 5のカメラ性能はカメラレンズが2つのデュアルレンズ仕様で、画素数は12MP、16MPなので、悪くないです。

Pixel 5

こちらはPixelで撮影した写真です。

Pixelのカメラは念願の超広角カメラを搭載し、より広々とした画角での撮影が可能になりました。広い景色やカフェなどの狭い場所での撮影でも端が切れてしまうことのない写真に仕上がります。また、なんと言っても、AI補正により暗所でも明るく綺麗に撮れることがPixelのカメラ機能の売りです。

Galaxy Z Fold 2

こちらはGalaxyで撮影した写真です。

それに対してGalaxy S21シリーズはカメラレンズが3つの望遠レンズも搭載したトリプルカメラです。それぞれの画素数は12MP、12MP、64MPと圧倒的な高画質で細部まで繊細な美しい写真を撮影できます。

Galaxy Z Fold 2

どちらもAI補正を搭載していますが、Galaxy S21シリーズのAI補正は被写体から明るさまで認識するため、ポートレート撮影や昼夜を問わずに高精細の写真に仕上がります。

青空の青さがより際立ち、食事やスイーツなどはとても美味しそうに、鮮やかな色合いとコントラストはっきりした画像に仕上がるのが特徴です。

バッテリー

バッテリー

Pixel 5が4,000mAhに対して、Galaxy S21シリーズはそれぞれ4,000mAh。4,500mAh。5,000mAhとバッテリーの比較でもGalaxy S21シリーズは同等か、さらに大容量のバッテリーを搭載しています。

特にGalaxy S21+、Galaxy S21 Ultraなどの大型モデルはさらに余裕のバッテリーです。

Pixel 5もGalaxy S21もかなり軽いですが移動が多く一日外出しながら、スマートフォンを使う日でも悠に1日は持つので安心できますね。

外観

Pixel 5

Pixel 5は丸みのあるシンプルなデザインで、背面は樹脂コーティングによる落ち着いたマットな質感になっています。サイズ感は6インチなので、Galaxyシリーズと比較すると一回り小さいサイズ感なので手の小さい人には使いやすい大きさです。

Galaxy S21 plus

Galaxy S21シリーズは洗練されたスッキリしたデザインで、輝きのあるマットなデザインが特徴的です。6.2インチ~6.8インチと大型ディスプレイの薄型デザインで、サイズの割に持ちやすい仕様になっています。

Galaxy S21 plus

どちらもインカメラにパンチホール型を採用しており、フレームギリギリまで全画面になっているのは共通しています。

価格

  • Pixel 5:約74,800円
  • Galaxy S21 :約83,000円
  • Galaxy S21 +  :約104,000円
  • Galaxy S21 Ultra  :約124,000円

最高スペックのGalaxy S21シリーズと比較すると、価格はミドルレンジのPixel 5の方が安いです。日常利用に支障がなく、安いスマートフォンが欲しい方にはぴったりです。

Galaxy S21シリーズは最高スペックのスマートフォンでありながら15万円以下なのでハイエンドモデルの中でも手が届きやすい価格です。これまでのGalaxy Sシリーズよりも2~3万円程安くなっているもの特徴です。

今購入するならGalaxy S21がおススメ

Galaxy S21 plus

どちらも人気のあるスマートフォンですが、今購入するならGalaxy S21シリーズがおススメです。

最新技術と最高のスペックを搭載したGalaxy S21はゲームや動画鑑賞、旅行などでも、文句なく性能を発揮します。もちろんビジネスシーンでも高い操作性はより業務効率化に役立ちます。

Pixel 5はコンパクトで十分なカメラ性能もあり、Google純正の安心感と、比較的安いスマートフォンを求めている方にはおすすめですが、より快適に利用したい方には処理能力やカメラ性能が優れているという点でもGalaxy S21シリーズがおススメです。

Galaxy S21シリーズを安く購入するなら

Galaxy S21シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

Galaxy S21 plus
最新情報をチェックしよう!