スマホ

iPhoneXS MaxとPixel3 XLを徹底比較

今やAppleやGoogleという名前を聞いたことが無い人はほとんどいないといっても過言ではありません。そんな2社ですが、先日Googleが自社で設計した新型スマホ「Pixel」を発表しました。iPhoneは有名ですが、Pixelって初めて聞きますよね。

今回はiPhone XSMaxとPixel3 XLを徹底比較!優れたスマホというのは機能面だけでなく、日常生活での使い勝手が重要です。この記事ではそういったスペック以外の使い勝手に焦点を当てて違いを比較していきます。

iPhone 12を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発売されたiPhoneの最新作、iPhone 12。ついに5Gに対応し、さらに今回も各通信会社とSIMフリー版が発売されています。そうなると、SIMフリー版のiPhone 12があなたのお使いの通信会社で使えるの[…]

iPhone 12

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い実質負担額
ドコモ76,912円2,136円/月〜51,280円(スマホおかえしプログラム適用時)
au90,065円2,095円/月〜48,185円(かえトクプログラム適用時)
ソフトバンク87,840円1,830円/月〜43,920円(トクするサポート適用時)

iPhone 11はahamoでおトクに購入可能です。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

created by Rinker
Interactive Communications International
¥152,999(2021/07/24 00:46:29時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

ひと目で分かる!スペック一覧表

Pixel3 XLiPhoneXSMAX
発売日2018年11月1日2018年9月21日
CPU オクタコアA12 Bioticチップ
OSAndroid 9iOS12
RAM容量4GB4GB(非公式情報)
ROM容量:価格64GB :119,000円64GB:124,800円
128GB:131,000円 256GB:141,800円
※SDカード非対応 512GB:164,800円
ディスプレイ解像度1440 x 2960(有機ELディスプレイ搭載)2688 × 1242(有機ELディスプレイ搭載 458ppi)
ディスプレイサイズ6.3インチ6.5インチ
本体サイズ(縦×横×高さ)158×76.7×7.9mm157.5×77.4×7.7mm
本体重量184g208g
NFC対応対応
充電方法ワイヤレス充電対応ワイヤレス充電対応
防水防塵IP68対応IP68対応
認証方法指紋認証Face ID
バッテリー容量3430mAh2658mAh(非公式情報)
通話:最大25時間
ビデオ:最大15時間
アウトカメラシングルカメラデュアルカメラ
・12.2MP ・広角 12MP
・望遠 12MP
フロントカメラ8MP(デュアルカメラ)7MP (シングルカメラ)
カラーバリエーション・クリアリーブルー・ゴールド
・ノットピンク・スペースグレイ
・ジャストブラック・シルバー

※Pixel3 XLの購入方法はドコモ、ソフトバンク、GooglePlayストアのみ。GooglePlayストアでの購入価格を表記。

※iPhoneは税抜き価格、AppleStoreでの購入価格を表記。

いや~、どちらもお高いですね。しかし、現在のスマホの中ではハイエンドと言っても良い完成度を誇っています。ではさっそく、2つのスマホの違いを見ていきましょう。

【類似点】 IPhone XSMaxとPixel3 XLの類似点まとめ

違いを確認する前に、まずは似ている点をまとめておきましょう。比較するときは違いに注目するのも大切ですが、同じ部分も確認しておくことも大事ですよね。

容量と価格については2つともほぼ同じでしょう。Pixel3 XLの方が若干安いですが1万円以内の差です。CPUについても体感での違いはありませんし、RAM容量も変わりません。本体サイズもiPhone XSMaxが大きいですが、どちらも片手操作は不可能な、大きいサイズです。防水防塵も同じIP68です。

【比較ポイント】iPhone XSMaxとPixel3 XLの違いを比較!

次に、iPhoneとPixelの違いを見ていきましょう。今回のポイントは「実用面での比較」です。細かい違いではなく、日常での利用シーンを想像して、「この用途で使うならこれがおススメ、これは向いていない」と考察していきます。

なので、明確に比較しずらいポイント、例えばバッテリー容量の違いなど、については言及を避けます。バッテリー容量でスペック的にPixel 3XLが勝っていても、長期で使った際にはOSレベルで最適化されているiPhoneが有利かもしれません。しかし、それを検証するのは不可能なので、そういったあいまいな点も今回は省略します。

デュアルカメラをフロントに搭載したPixel3 XL、一方のiPhoneXSMaxは?

Pixelの特徴と言えば、正面のカメラが2個搭載されていることでしょう。これは自撮りシーンを明確に想定して作られています。カメラが2個ある利点は、広角での撮影が可能になることです。よく写真を撮る時に、被写体がカメラに入りきらずに撮影者が後ろに下がったりした経験が誰でもあると思います。その悩みをPixelは解決してくれました。

一方のiPhone XSMaxは背面カメラを2個搭載しており、背面カメラは1個しか搭載していないPixel3 XLよりも優れています。これは利用シーンの想定の違いで「自撮りを楽にする」イメージで作られたPixelに対してiPhoneは「(撮影者は映らない)写真を撮りやすくする」というコンセプトの違いです。自撮りを楽にするならPixel、景色の撮影を重視するならiPhoneを選びましょう。

Pixel3 XLは「Googleレンズ」を使うとカメラで翻訳ができる!

Pixelに出来てiPhoneに出来ないこと、それはカメラを使った画像解析です。難しい表現をしてしまいましたが、Pixelではカメラで映すだけで「外国語の翻訳」「電話番号の読み取りと発信」「メニュー名を映すと料理や食材の写真を自動で検索」などが出来るといった、夢の溢れる技術が搭載されています。現時点でこれはiPhoneには無い機能です。

もちろん、認識精度にはバラつきがありますので過信は禁物ですが、参考にはなります。「海外旅行によく行く人」「好奇心旺盛な人」にとってPixelは新しい感動を与えてくれます。一方でスマホで画像認識にこだわらない人はiPhoneも十分選択肢に残ります。まだまだ新しい技術なので、今後の進化に期待です。

ロック解除せずに音楽が分かるPixel3 XL

これもiPhoneにはない機能ですが、店の中などで流れている音楽を、ロック解除せずに自動で検索、表示してくれる機能がPixelにはあります。不意に流れてきた気になる曲を即座に調べることが出来るのは嬉しいですね。

ただし、この機能を重宝する人は限られた人です。音楽関係の仕事や趣味のある人は欲しい機能ですが、昨今の音楽離れの現状をみると、多くの人にとってはあってもなくても良い機能かもしれません。

Pixel3 XLは正面にダブルスピーカー搭載!

iPhone XSMaxもPixel3 XLもステレオ音源に対応していますが、スピーカー周りに違いがあります。iPhoneは底面の、充電ポートの両端にあるスピーカーから音が出ます。一方のPixel3 XLは電話の際に耳を当てる部分と口を当てる部分の両端にスピーカーがあります。

最近は動画サービスが盛り上がっているので、スマホで動画を見る人は嬉しい機能です。しかし、ほとんどの人はイヤホンで動画や音楽を聴くので、あまり購入の決め手にはなりません。ちなみにiPhoneもPixelもイヤホンジャックはついていません。ワイヤレスイヤホンを別途購入するか変換アダプターを使いましょう。

ロック解除方法はiPhoneXS Maxの方が便利

イマイチな点としてPixelは顔認証に対応しておらず、iPhoneは指紋認証に対応していないことです。特にPixelの指紋認証ボタンは背面に設置されており、机の上に置いたままのロック解除はやりにくいです。一方のiPhoneは指紋認証が出来ないので、Face IDが上手く認証しない場合はパスワードを入力するしかありません。

どちらも一長一短ですが、現在のトレンドは顔認証なので、ロック解除の利便性を取るならiPhoneにしましょう。

ストレージ容量ではiPhoneXSMaxの勝ち【PixelはSDカード非対応】

不思議なことに、PixelはSDカードに対応していません。SDカードで容量追加が出来ることがAndroidスマホの強みなので、これは痛いですね。Pixelを利用する人はGoogleドライブを上手く使いましょう。

ただしアプリや動画、電子書籍をたくさん入れる人は128GBでは容量不足になるかもしれません。IPhone は本体容量が最大で512 GB まで対応しているので、アプリをたくさん入れる人は iPhone XSMaxを購入しましょう。

意外!Pixel3 XLの製造メーカーは非公開

Pixelを製造しているメーカーをGoogle は公開していません。一部の噂では iPhone と同じ工場で生産されているという話もありますが、詳細については一切分かりません。製造メーカーがどこかによって端末を選ぶ人は少ないと思いますが、少し気味が悪いですよね。

4Kでのビデオ撮影機能はiPhone XSMaxの勝ち

Pixelは、実は4K動画が撮影できません。 iPhone などの最新ハイエンドスマホでは4K動画の撮影ができることか一般的ですが、意外です。

実際に4Kでの撮影にこだわる人は少ないと思いますが、動画の画質にこだわる人は iPhone を選びましょう。

気になるノッチは隠せる?iPhoneとPixelで違いアリ!

IPhone といえば最近ノッチと呼ばれる部分が話題になりました。いわゆる「M字ハゲ」ですね。これが気になる人はPixelを選んだ方が良いかもしれません。 iPhone XSMaxもPixel3 XLもノッチがありますが、Pixelはアプリで比較的簡単に隠すことができます。

iPhoneも隠すことは不可能ではありませんが少し面倒くさいです。ノッチが気になる人はPixelを買いましょう。

Pixel3 XLを買うべき人ってどんな人?

ズバリ、友達が多い人です。フロントカメラが2つあることはとても便利で、自撮りで仲間と写真を撮るときに重宝します。また、 Googleレンズで手軽に調べものが出来るのは会話のネタになります。

人と接する機会が多い人はPixel3 XLがおすすめです。

iPhone XSMaxを買うべき人ってどんな人?

ズバリ、IPhoneにこだわる人です。正直なところ、スペックだけを見るならば他のAndroid スマホでもカバーすることはできます。しかし、iPhone XSMaxは歴代史上最高のスペック、画面サイズ、お値段を誇ります。 iPhoneにこだわりが強く、ハイエンドのスマホを求めるならばiPhone XSMax一択です。

【これを買うべき】どっちのスマホが最強なのか?

Pixel 3XLを買いましょう。知名度ではiPhoneに劣りますが、企業ブランドでは負けていません。実際の利用シーンを想定しても、Pixelは汎用性が高くて話のネタにしやすいです。Google レンズを積極的に使っていきましょう。

iPhone 12を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発売されたiPhoneの最新作、iPhone 12。ついに5Gに対応し、さらに今回も各通信会社とSIMフリー版が発売されています。そうなると、SIMフリー版のiPhone 12があなたのお使いの通信会社で使えるの[…]

iPhone 12

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い実質負担額
ドコモ76,912円2,136円/月〜51,280円(スマホおかえしプログラム適用時)
au90,065円2,095円/月〜48,185円(かえトクプログラム適用時)
ソフトバンク87,840円1,830円/月〜43,920円(トクするサポート適用時)

iPhone 11はahamoでおトクに購入可能です。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

created by Rinker
Interactive Communications International
¥152,999(2021/07/24 00:46:29時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

Pixel 5を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

SIMフリー版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発売されたGoogleの最終兵器、Pixel 5。もちろん速攻で購入しました。Pixel 5は今年はGoogleストアとauとソフトバンクから発売されています。ということであなたがPixel 5を買うならどのモデ[…]

Pixel 5

au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い実質負担額
au65,575円1,625円/月〜(24回払い)37,375円(かえトクプログラム適用時)
ソフトバンク87,840円1,830円/月〜(24回払い)43,920円(トクするサポート適用時)

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
Google
¥34,800(2021/07/24 13:33:43時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

楽天モバイルはなんといっても、使用量が1GBまでなら0円、さらにどれだけ使っても月額3,278円で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅵのコスパが驚異的です。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

ワイモバイルは家族での乗り換えなど、2回線以上契約の場合圧倒的にお得です。3GBまでなら月額990円、15GBまで使っても月額2,090円です。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

関連記事

いよいよサービス開始した5G。その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。今後最新モデルは5G対応の機種がメインになるでしょう。そうなると気になるのは5Gスマホでワイモバイルなどの回線が使えるかどうかという疑問が出てきま[…]

スマホ
最新情報をチェックしよう!