未来のスマートフォンGalaxy S8+をレビュー(到着&外観編)

さて、ようやく我が家にもGalaxy S8+がやってきた。

こんなにワクワクする端末は久しぶりだ。

MEDIAS W以来だろうか、Galaxy S2以来だろうか、Xperia mini Pro以来だろうか、それともドラえホン以来だろうか。

発売日に即欲しい機種というのは実に久しぶりだ。

とにかく到着が待ち遠しかった。

まだ自宅に届いていないことを確認し、ダッシュで帰宅した。

途中危ない目にもあいかけた。

そしてついにご対面である!

Galaxy S20を安く購入するなら

Galaxy S20を安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発売された圧倒的な性能を誇るGalaxy S20 5G。Galaxy S20は海外で発売されているグローバル版があり、さらに大手キャリアからは今年もドコモ、auから発売されました。これだけあればどのモデルを買えばよいかわ[…]

Galaxy S20

ドコモ・auでは販売終了となっていますが、ahamoでおトクに購入可能です。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

SHINEZONE Galaxy S21 Ultra ケース Galaxy S21 Ultra ソフトカバー 透明 TPU 耐衝撃 落下防止 防指紋 全面保護カバー(クリア)
SHINEZONE

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

レビュー

 

それでは早速レビューにいってみよう。

今回自分が購入したのはdocomo版のGalaxy S8+だ。

 

外箱

 

 

まずは外箱から。

 

なんか黒くて上等そうな箱だ。そりゃそうだ。いまや10万円超えの代物である。帰りにホルモンでも買って帰ってきたんじゃないんだから、これで新聞紙に包まれてはい終わりという訳にはいかないだろう。

 

中身も見てみよう。

 

 

 

あ!AKGのイヤホンだ!

 

僕知ってるよ。サムスンはAKGやJBLを有するハーマングループを買収したんだよ。

 

後は簡易説明書程度しか入っていない。

 

グローバル版はACアダプタなりUSBタイプC変換コネクタなりなんなりが同梱されているようだが、日本版ではその辺は入っていない。

 

その為、自分は慌ててUSBタイプC変換コネクタを追加購入したのだ。国内版を購入される方はそのあたりもお忘れなく。

 

本体外観

まずはそのご尊顔を舐めまわすように見てみよう。

画面

 

 

 

画面サイズは6.2インチ。
この機種の素晴らしさはほぼこの画面にあると言って良い。
実際に舐めまわしたいぐらいだ。
これまでの左右のエッジディスプレイだけでなく、いわゆるインフィニティディスプレイとなっており上下のベゼルもかなり削ぎ落とされている。ここが一番のウリだ。

 

 

インフィニティディスプレイを実現するためホームボタンは物理ボタンがなくなりディスプレイ内に移動。感圧式で強く押すとブルッと震えてフィードバックがある。感覚はiPhone7のホームボタンの押し心地に近い。

 

そういった努力の結果、画面占有率は83.3%を実現。ちなみにiPhone SEは60.6%。本当にほとんど画面といった感じだ。これは未来ですよ。℃-uteでいうところのTHE FUTURE。12年間ありがとう。

 

画面比率は一般的な16:9ではなく18.5:9と、かなり縦長な比率を採用。
そのため、本体としては6.2インチであることを感じさせない細さとなっている。

 

ちなみに本体色は日本では黒(ミッドナイトブラック)と銀(アークティックシルバー)があるが、今回は黒を選んだ。
  

上側にはSIMスロットがあるだけだ。縦に2本アンテナラインが入るのはGalaxy S6からの伝統。

下側にはiPhone 7で排除されたことでおなじみ3.5ミリのイヤホンジャックがある。そしてUSB typeC端子。あとはスピーカー。

側面その1。こちらは電源ボタンのみ。

側面その2。音量上下ボタンとBixbyボタン。このBixbyの良さがまだわからない。

 

そして背面。カメラと指紋センサーが配置されている。

 
本体色の黒はiPhone7のジェットブラックのイメージに近い。

ご覧の通り指紋でベトベトになりやすい。めちゃくちゃ簡単に指紋がつく。あなたの思っている3倍は指紋がつく。

まとめ

ほとんど画面を持っているかのような未来感。

6.2インチという大画面を感じさせないサイズ感。

実際手にすると止まらないワクワク感。

Galaxy S8+のレビュー記事はこちら!

Galaxy S20を安く購入するなら

Galaxy S20を安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発売された圧倒的な性能を誇るGalaxy S20 5G。Galaxy S20は海外で発売されているグローバル版があり、さらに大手キャリアからは今年もドコモ、auから発売されました。これだけあればどのモデルを買えばよいかわ[…]

Galaxy S20

ドコモ・auでは販売終了となっていますが、ahamoでおトクに購入可能です。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

SHINEZONE Galaxy S21 Ultra ケース Galaxy S21 Ultra ソフトカバー 透明 TPU 耐衝撃 落下防止 防指紋 全面保護カバー(クリア)
SHINEZONE

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

楽天モバイルはなんといっても、使用量が1GBまでなら0円、さらにどれだけ使っても月額3,278円で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅵのコスパが驚異的です。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

ワイモバイルは家族での乗り換えなど、2回線以上契約の場合圧倒的にお得です。3GBまでなら月額990円、15GBまで使っても月額2,090円です。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

関連記事

いよいよサービス開始した5G。その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。今後最新モデルは5G対応の機種がメインになるでしょう。そうなると気になるのは5Gスマホでワイモバイルなどの回線が使えるかどうかという疑問が出てきま[…]

最新情報をチェックしよう!