Galaxy S20

(2020年最新)白ロム・中古スマホおすすめランキング5選

どんどん高額化が進むスマートフォン。すっかり高級品となってしまいました。

年々進化するので、最新のスマホは購入したいですが、その価格からなかなか手が出しにくく、どうせ買うならお得に購入したいですよね。

普通に通信会社から購入すると高いですが、白ロムや中古スマホでうまく運用するのが、とにかくお得な方法です。

ということで、白ロムとは何か、そしておすすめの白ロムスマホについてご紹介いたします。

Galaxy S20を安く購入するなら

Galaxy S20を安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発売された圧倒的な性能を誇るGalaxy S20 5G。Galaxy S20は海外で発売されているグローバル版があり、さらに大手キャリアからは今年もドコモ、auから発売されました。これだけあればどのモデルを買えばよいかわ[…]

Galaxy S20

白ロムとは?

白ロムとはSIMカードの入っていないスマホのことです。ガラケー時代は契約されていない本体という意味でしたが、本体と契約のひもづけが必須ではなくなったので、SIMカードを入れると通信可能な本体という意味になりました。SIMカードが入っていないとWi-Fi以外で通信ができないのですが、SIMカードを入れ替えることで通信ができます。

一般的には白ロムとは、中古品として売られている本体を指すので、中古スマホと言い換えるとわかりやすいと思います。

白ロムとSIMフリースマホの違いとは?

SIMフリースマホは白ロムの中のひとつです。SIMフリースマホは通信事業者(ドコモ、au、ソフトバンクや格安SIMなど)のどの回線でも使用可能です。一方、SIMロックされていると、購入した通信事業者とその系列の回線でしか使用できません。

言い換えると、SIMロック解除すればキャリアスマホでもSIMフリースマホになります。

中古スマホって大丈夫なの?

中古スマホの購入に不安があるかもしれませんが、ヤフオクやメルカリなどの個人取引の場合は心配ですが、イオシスなどの中古スマホ取扱店であれば保証もしっかりしているので安心です。

赤ロムには注意が必要

注意する必要があるのは、赤ロムです。赤ロムはSIMカードを挿入しても通信ができません。

赤ロムとは、「分割支払金が未払いで通信制限を受けている中古スマホ」です。分割支払いが完済していないのに、支払いが滞納されているので通信制限されています。

分割支払いが完了していない場合、はじめは白ロムでも、売却した人が途中で滞納すると赤ロムになることもあります。

しかし、イオシスなどの中古スマホ取扱店であれば「ネットワーク利用制限保証」として、赤ロムに当たった際に、保証期間にかかわらず交換または全額返金対応などの保証がしっかりしているので、安心です。

中古スマホの本体の状態について

本体の状態についても、中古スマホ取扱店ではしっかりチェックした上で、傷や破損などがあれば、その点を明記し、それに応じた価格に設定してくれているので安心です。それでも不安な場合は、イオシスなどの中古スマホ取扱店では新品のSIMフリーの白ロムも販売されているので、中古ではなく未使用の白ロムを購入するのが良いです。

中古スマホ選びのポイント

スマホを選ぶにあたって、どんなところに注意して選べば良いか、なかなかわかりませんよね。

ということでかれこれスマホを100台近く購入している私がスマホ選びのポイントを解説いたしましょう。

CPU(チップセット)や処理性能

CPU

CPUとはスマホの頭脳となるチップです。GPUと呼ばれるグラフィックチップと合わせてチップセットと呼ばれます。これらは単純に新しければ良いというものでもありません。スマホごとに搭載されているチップセットが違うため非常に重要です。

たとえばiPhoneですとiPhone 12シリーズは最新で高性能のA14 Bionicチップというチップセットが使われています。これらは1世代前のiPhone 11に使われているA13 Bionicチップと比べると約20%高速な処理が可能です。

Xperia 1 Ⅱ

Androidの場合はXperia 5 Ⅱや‪Galaxy Note 20 Ultraに使われているSnapdragon 865というチップセットは先代のXperia 1やGalaxy S10に使われているSnapdragon 855と比べると25%処理が高速になっています。

またSnapdragonは800番台が高性能でフラッグシップ向け、700番台がミドルクラス向け、600番台はエントリーモデル向けになっています。Snapdragon 865と同時期にリリースされたSnapdragon 765は865よりも性能が控えめになっており、さらにその下にはSnapdragon 665というチップセットもあります。

Snapdragon 865を搭載したスマホのほうが明らかにサクサク動きます。TwitterやInstagramを見たりするぐらいなら、Snapdragon 665のスマホでも全然問題ありませんが、ゲームや動画編集などのハードな作業はつらくなってきます。

RAM・ストレージ容量

メモリ

RAMはメモリとも呼ばれ、大きいほうが作業中に一時的に記憶できる領域が大きいため、体感的にサクサク動きます。

RAM(メモリ)は大きければ大きいほど良いですが、TwitterやInstagramを見るぐらいなら3GBもあれば十分です。

ディスプレイサイズ・本体サイズ

Xperia Z Ultra

ディスプレイサイズは6インチ台になると表示にはまったく困らないです。あとは画面の大きさと本体サイズによる持ち運びや持ちやすさとの兼ね合いになってきます。

バッテリー容量

バッテリー容量は4,000mAh以上であれば、ほとんどの機種で普通に1日持つモデルとなります。

カメラ性能

最近のスマホの主流は超広角レンズを搭載したトリプルレンズカメラです。撮った写真を大画面で楽しむのであれば、超広角とトリプルレンズカメラ以上は欲しいところです。

防水性能

ほとんどのモデルでハイクラスな防水防塵性能を備えています。IP68以上の規格であれば心配ありません。

白ロム・中古スマートフォンのおすすめランキング

それでは大画面スマートフォンのおすすめランキングをご紹介いたしましょう。性能と白ロム価格のバランスでおすすめを決めています。

  • 5位:Galaxy Z Flip
  • 4位:Galaxy Note 20 Ultra
  • 3位:iPhone 12
  • 2位:Xperia 1 Ⅱ
  • 1位:Galaxy S20

Galaxy Z Flip【折りたたみコンパクト】

Galaxy Z Flipのスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

Galaxy Z Flipのスペック表

Galaxy Z Flip
ストレージ容量(ROM)256GB
価格150,000円〜
CPUSnapdragon 855+
メモリ(RAM)8GB
ディスプレイサイズメイン 6.7インチ/サブ 1.1インチ
解像度2,636×1,080
本体サイズ73.6 × 87.4(オープン時167.3mm)×15.4(オープン時6.9mm)
重量183g
メインカメラ広角12MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)
インカメラ10MP(F2.4)
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応、Power Share対応
防水防塵非対応
SDカード非対応
認証方法顔認証、指紋認証
おサイフケータイ非対応
イヤホンジャック無し
バッテリー容量3,300mAh
カラーバリエーションミラーパープル
ミラーブラック
ミラーゴールド

Galaxy Z Flipの特徴

  • 申し分ない性能
  • 折りたたみディスプレイ
  • 開くと21.9:9の超縦長ディスプレイ
  • 折りたたむとコンパクト
  • サブディスプレイ搭載

Galaxy Z Flipの詳細なレビューはこちらです。

ACTIVATE

これまでの折りたたみ端末と違い、日常使いしやすい折りたたみのGalaxy Z Flip。 ということでミスター人柱の私は…

おすすめポイント

Galaxyの折りたたみモデルです。縦に折りたたむと手のひらサイズで驚くほど小さくなります。

しかし開くと6.7インチという縦長の大画面。普段の持ち運びのコンパクトさと大画面を両立しようとした時の正解がGalaxy Z Flipです。

性能も文句なしでカメラも抜群。本体価格が高いことがネックだったのですが、白ロムや中古では、価格も下がってかなり手に入れやすくなっています。フォルダブルスマホが気になっていたけど、価格で諦めていたあなたにおすすめです。

購入方法と価格

国内ではauから発売されています。

本体だけで良ければイオシスで購入するのが良いです。海外SIMフリー版もあり67,800円からとお得です。海外から直接輸入するのであればエクスパンシスもおすすめです。

Galaxy Note 20 Ultra

Galaxy Note 20 Ultra

Galaxy Note 20 Ultraのスペックと特徴

Galaxy Note 20 Ultraのスペックと特徴を見ていきましょう。

Galaxy Note 20 Ultraのスペック

Galaxy Note 20
ストレージ容量(ROM)128GB/256GB/512GB
価格未定
CPUSnapdragon 865+/Exynos990
メモリ(RAM)8/12GB
ディスプレイサイズ6.9インチ
解像度1440×3088 498ppi(120Hz)
本体サイズ77.2×164.8×8.1mm
重量208g
メインカメラ望遠12MP(F3.0)+広角108MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)+レーザーAF
インカメラ10MP
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68
SDカード対応
認証方法顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック無し
バッテリー容量4,500mAh
カラーバリエーションミスティックブロンズ
ミスティックブラック
ミスティックホワイト

Galaxy Note 20 Ultraの特徴

Galaxy Note 20 Ultra

特徴をまとめると

  • 6.9インチのタブレット級の大画面
  • 1億画素という驚異的なカメラ
  • 応答速度120Hzでなめらかなディスプレイ
  • 遅延が9msまで向上しApple Pencilに追いついたSペン

という点があげられます。

Galaxy Note 20 Ultraの実際のレビューはこちら。

関連記事

いよいよリリースされたGalaxy Note 20 Ultra。 日本でも発売されるのは間違いないですが、海外では一足先にリリースされましたので、早速海外版を購入しました。ということでGalaxy S2からほぼ毎回Galaxy[…]

Galaxy Note 20 Ultra

おすすめポイント

6.9インチの超大画面で、Sペンに対応しているので手帳のように使えて、カメラも超広角を搭載したトリプルレンズにオートフォーカスも爆速のToFセンサーまで積んだ超最高仕様です。ファブレットというジャンルの先駆けだったGalaxy Noteシリーズの最新作です。

ドコモやauで直接購入しようとすると、かなり高いのですが、白ロムや中古品であればそれよりもお得に、また海外版はかなり価格が下がっているので、超ハイスペックスマホをお得に手に入れることが可能です。

購入方法と価格

本体料金一括総額分割払い実質負担額
ドコモ145,728円4,048円/月〜97,152円(スマホおかえしプログラム適用時)
au159,830円4,090円/月〜94,070円(かえトクプログラム適用時)

日本ではドコモauから発売されています。

本体だけで良ければ中古・SIMフリースマホを取り扱うイオシス、海外版を直接輸入するならエクスパンシスで購入可能です。

iPhone 12

iPhone 12

iPhone 12のスペック

iPhone 12

まずはスペックを見ていきましょう。

iPhone 12iPhone 12 miniiPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
ストレージ容量(ROM)64GB/128GB/256GB64GB/128GB/256GB128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB
価格85,800円〜74,800円〜106,800円〜117,800円〜
CPUA14 BionicチップA14 BionicチップA14 BionicチップA14 Bionicチップ
メモリ(RAM)4GB4GB6GB6GB
ディスプレイサイズ6.1インチ5.4インチ6.1インチ6.7インチ
解像度2532×1170 460ppi2340×1080 476ppi2532×1170 460ppi2778×1284 458ppi
本体サイズ146.7×71.5×7.4mm131.5×64.2×7.4mm145.7×71.5×7.4mm160.6×78.1×7.4mm
重量162g133g187g226g
メインカメラ12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角)(デュアルカメラ)12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角)(デュアルカメラ)12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角) +12MP(F2.0 望遠)(トリプルカメラ)12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角) +12MP(F2.2 望遠)(トリプルカメラ)
インカメラ12MP(F2.2)12MP(F2.2)12MP(F2.2)12MP(F2.2)
充電方法MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68IP68IP68IP68
SDカード非対応非対応非対応非対応
認証方法Face IDFace IDFace IDFace ID
おサイフケータイ対応対応対応対応
イヤホンジャック非搭載非搭載非搭載非搭載
バッテリー容量2,775mAh2,227mAh2,775mAh3,687mAh
カラーバリエーションブルーブルーパシフィックブルーパシフィックブルー
グリーングリーンゴールドゴールド
(PRODUCT)RED™(PRODUCT)RED™グラファイトグラファイト
ホワイトホワイトシルバーシルバー
ブラックブラック

iPhone 12のレビュー

iPhone 12の詳しい使い勝手やレビューはこちらに記事にしました。

関連記事

いよいよ発売されたiPhone 12。大画面にカメラ性能も良く、その上コスパ抜群のモデルにしあがっています。 しかし今回はそれ以上にデザインが素晴らしいんです。ということで発売日に購入しましたので、さっそくレビューしていきたい[…]

iPhone 12

おすすめポイント

iPhoneの最新作iPhone 12。カメラ性能も本体性能も文句なし。本体価格はどこで買っても変わらないというのがアップル製品ですが、白ロムや中古端末なら、安くお得に購入できます。

購入方法と価格

ドコモauソフトバンクから発売されています。

本体だけで良ければグローバル版や中古・SIMフリースマホを取り扱うイオシスや直接輸入するのであればエクスパンシスで購入可能です。

Xperia 1 Ⅱ

Xperia 1 Ⅱ

Xperia 1 Ⅱのスペックや特徴

まずはXperia 1 Ⅱのスペックや特徴を見ていきましょう。

Xperia 1 Ⅱのスペック

Xperia 1 Ⅱ
ストレージ容量256GB
価格約123,500円〜
CPUSnapdragon 865 5G
メモリ(RAM)8GB
ディスプレイサイズ6.5インチ
解像度3,840 × 1,644
本体サイズ166 × 72 × 7.9mm
重量181g
背面カメラ標準12MP(F1.7)+超広角12MP(F2.4) +望遠12MP(F2.2)(トリプルカメラ)
インカメラ8MP
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68
SDカード対応
認証方法指紋認証
おサイフケータイ国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック搭載
バッテリー容量4,000mAh
カラーバリエーションホワイト
ブラック
パープル

Xperia 1 Ⅱの特徴

Xperia 1 Ⅱ

  • 21:9の超縦長ディスプレイ
  • フラッグシップ級の高性能Xperia
  • ZEISSが監修したこだわりのトリプルカメラ

ざっくりいうとXperia 1の性能をアップデートしつつ5Gにも対応したのがXperia 1 Ⅱです。

21:9の超縦長ディスプレイ

Xperia 1 Ⅱの一番のウリはこの21:9の超縦長ディスプレイです。Xperia 1から継承されました。前代未聞の超縦長ディスプレイはTwitterのタイムラインやスマホ向けサイトが非常に見やすいです。

Xperia 1 Ⅱの実際のレビューはこちらです。

関連記事

ソニーのXperiaの新モデルXperia 1 Ⅱが発売されました。いやー、待ちに待ちましたね。まさかの延期でね。これでもauはまだマシで、ドコモ版はさらに延期になっています。久しぶりのフラッグシップ級のXperiaで、X[…]

おすすめポイント

画面サイズは6.5インチと大画面で、さらにカメラ性能もめちゃめちゃ良く、本体性能もXperiaの中で最高モデルとなっています。

Xperiaのフラグシップモデルですが、コンパクトモデルのXperia 5 Ⅱが発売されたこともあり、価格も下がって手に入れやすくなってきているのでおすすめです。

購入方法と価格

本体料金一括総額分割払い実質負担額
ドコモ123,552円3,432円/月〜82,368円(スマホおかえしプログラム適用時)
au122,500円3,140円/月〜72,220円(かえトクプログラム適用時)

ドコモauから発売されています。

本体だけで良ければ中古・SIMフリースマホを取り扱うイオシス、また日本では在庫切れ連発中なので海外版を直接輸入するならイートレンで購入可能です。

関連記事

ソニーのXperiaの新モデルXperia 1 Ⅱが発表されました。久しぶりのフラッグシップ級のXperiaであり、初の5G対応モデルです。日本でもドコモとauで発売されますが、海外SIMフリー版という手もあります。と[…]

Xperia 1 Ⅱ

Galaxy S20

Galaxy S20のスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

Galaxy S20のスペック表

Galaxy S20Galaxy S20+Galaxy S20 Ultra
ストレージ容量(ROM)128GB128GB128/256/512GB
価格110,000円〜130,000円〜163,000円〜
CPUSnapdragon 865もしくはExynos 990Snapdragon 865もしくはExynos 990Snapdragon 865もしくはExynos 990
メモリ(RAM)8/12GB8/12GB12/16GB
ディスプレイサイズ6.2インチ6.7インチ6.9インチ
解像度1440 × 3200 563ppi(120Hz)1440 × 3200 563ppi(120Hz)1440 × 3200 563ppi(120Hz)
本体サイズ69.1 × 151.7 × 7.9mm74 × 162 × 7.8mm76.0 × 166.9 × 8.8mm
重量163g186g220g
メインカメラ望遠6.4MP(F2.0)+広角12MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)(トリプルカメラ)望遠6.4MP(F2.0)+広角12MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)+ToFセンサー(クアッドカメラ)望遠180MP(F3.5)+広角48MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)+ToFセンサー(クアッドカメラ)
インカメラ10MP10MP40MP
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応ワイヤレス充電(Qi)対応ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68IP68IP68
SDカード対応対応対応
認証方法顔認証、画面内超音波指紋認証顔認証、画面内超音波指紋認証顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ国内版対応、海外版非対応国内版対応、海外版非対応国内版非対応、海外版非対応
イヤホンジャックなしなしなし
バッテリー容量4,000mAh4,500mAh5,000mAh
カラーバリエーションコズミックグレーコズミックグレーコズミックグレー
クラウドブルークラウドブルーコズミックブラック
クラウドピンク
コズミックホワイト

Galaxy S20の特徴

  • 申し分ない最強の性能
  • AIによる画像補正も素晴らしい圧倒的なカメラ性能
  • 必要な機能はほとんど搭載

Galaxy S20の詳細なレビューはこちらです。

おすすめポイント

カメラ、チップセット、防水性能、どれをとっても妥協なしの最強スマホです。丸みを帯びた本体も扱いやすく、コンパクトで使いやすいです。

‪Galaxy Note 20 UltraやGalaxy Z Fold 2などが発売されたことで、これらに性能は負けていないのですが、価格は下がり、かなりお得なモデルになっているのでおすすめです。

購入方法と価格

ドコモauから発売されています。

本体だけで良ければ中古・SIMフリースマホを取り扱うイオシスで購入可能です。

海外から輸入するのであればイートレンでの購入が日本語もサポートされていておすすめです。

Galaxy S20を安く購入するなら

Galaxy S20を安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発売された圧倒的な性能を誇るGalaxy S20 5G。Galaxy S20は海外で発売されているグローバル版があり、さらに大手キャリアからは今年もドコモ、auから発売されました。これだけあればどのモデルを買えばよいかわ[…]

Galaxy S20

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い実質負担額
ドコモ95,260円2,646円/月〜63,504円(スマホおかえしプログラム適用時)
au106,590円2,730円/月〜62,790円(かえトクプログラム適用時)

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

Galaxy S20
最新情報をチェックしよう!