Pixel 7とPixel 6aはどっちを買うべき?最新Pixel!性能かコスパか?

  • 2022年9月4日
  • 2022年9月2日
  • Pixel 7

今回は今秋発売予定のPixel 7と先日発売されたPixel 6aを比較していきます。

Pixel 7は無印の一番ベーシックなモデル、Pixel 6aは廉価版のaシリーズにあたります。

今回の動画はこちら!

Pixel 6を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

グローバル版を直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンでの購入がおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証もあるので安心です。

au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

サイズ感

サイズはPixel 7の方が一回りほど大きいですね。

Pixel 6aは画面サイズは6.1インチでコンパクトさが売りなので当然のことではあります。

また、Pixel 6と比べるとPixel 7は若干小型化すると言われています。

Pixel 6aはコンパクトなサイズに加えて重さも178gと、非常に持ちやすいサイズ感になっています。

Pixel 7Pixel 6a
サイズ155.6mm x 73.1mm
(予想)
152.2×71.8mm
厚み8.7mm(予想)8.9mm
重さ不明178g

デザイン

デザインに関しては、Pixel 6シリーズで登場した横長のカメラバーはPixel 6a・Pixel 7でも踏襲されます。

また、Pixel 7のカメラバーは側面フレームと同じアルミニウム素材になって、さらに高級感が増したデザインになりそうです。

どちらの機種も、ポップながら安っぽくないGoogleらしいデザインに仕上がっています。

その中でPixel 7は高級感、Pixel 6aはポップさが強めになっていますね。

ディスプレイ

Pixel 7のディスプレイはPixel 6と共通した部分が割と多そうです。

サイズはPixel 6の6.4インチを若干小型化した感じか同程度、形状はフラットで有機ELディスプレイになると言われています。また、リフレッシュレートも最大90HzでPixel 6と共通。

一方、Pixel 6aは価格の割に優秀なディスプレイを搭載しています。

サイズは6.1インチで小さく感じますが、無印のiPhoneやGalaxy S22と同じで今のスマホの王道サイズとも言える大きさです。

また、廉価版ですが有機ELディスプレイを搭載し、鮮やかな表示が可能です。

リフレッシュレートや素材ではさすがにコストダウンが見られますね。

Pixel 7Pixel 6a
サイズ6.2~6.4インチ6.1インチ
形状フラット?フラット
種類有機EL?有機EL
リフレッシュレート最大90Hz?最大60Hz
素材不明Gorilla Glass 3

処理性能

Pixel 7は次世代のGoogle Tensorを搭載する予定です。

Pixel 6シリーズに搭載されたGoogle Tensorからの処理性能の向上はそこまでではなさそうですが、既に十分高性能なので大きな問題ではありません。

Pixel 6aについては、5万円台の廉価モデルでハイエンド向けのチップセットであるTensorを搭載したことが最大の売りです。

これはかなり魅力的で、ベンチマークの結果は上位モデルのPixel 6と同等でした。

いずれにせよ、どちらの機種もハイエンド機並みの快適な使い心地に仕上がっているはずです。

Pixel 7Pixel 6a
チップセット次世代Google TensorGoogle Tensor
RAM不明6GB
GeekBench5スコア不明シングル:1,052
マルチ:2,854
3DMarkスコア不明6,205

バッテリー持ち

Pixel 7のバッテリー容量などのスペックは不明です。

Pixel 6シリーズのバッテリー持ちがそこまで悪くなかったので、おそらくPixel 7シリーズも大丈夫なんじゃないかと期待しています。

Pixel 6aのバッテリー持ちはかなり優秀というほどではないですが、1日は余裕で使えます。心配されていた発熱もそこまで気になりません。

Pixel 7Pixel 6a
バッテリー容量不明4,410mAh

その他スペック

Pixel 7はその他の部分では不明点が多いですが、おおむねPixel 6を踏襲すると思われます。

Pixel 6a廉価モデルなのでさすがに、ワイヤレス充電や防水防塵でコストダウンが見られます。

Pixel 6の画面内指紋認証の精度はかなり不評でしたが、Pixel 6aの指紋認証では改善されていてある程度快適に認証出来ています。

おそらくPixel 7もPixel 6aと同等の快適なものになるでしょう。

Pixel 7Pixel 6a
防水防塵Pixel 6と同等?(IP68)IP67
生体認証Pixel 6aと同等?(画面内指紋認証)画面内指紋認証
おサイフケータイPixel 6と同等?(対応)対応
ワイヤレス充電Pixel 6と同等?(対応)
5GPixel 6と同等?(対応)対応

カメラ

Pixel 7のカメラはインカメラがProモデルと同じ性能のものに向上すると言われています。

アウトカメラはPixel 6から変化があまりなさそうですが、十分優秀だったので残念というよりむしろ安心です。

Pixelシリーズは機械学習による補正で綺麗な写真撮影が出来ることが特徴ですが、Pixel 6aもそれをしっかり受け継いでいます。

上位モデルと比べれば見劣りするカメラスペックですが、十分綺麗な写真が撮れていてかなり優秀です。

Google Tensorは機械学習や画像処理に強いチップセットなので、次世代Tensorの処理にも期待です。

ただ、既に優秀なので劇的な進化というほどではないでしょう。

Pixel 7Pixel 6a
インカメラ11MP?
(Proモデル同様4K撮影可能に?)
8MP
アウトカメラ1(超広角)Pixel 6と同等?(12MP)12MP
アウトカメラ2(広角)Pixel 6と同等?(50MP)12MP
ズームPixel 6と同等?(最大7倍)最大7倍

価格

価格については、Pixel 7はPixel 6と同等だと思いますが、円安の影響がどうなるか気になるところです。

8万円台までは行かず、おそらく7万円台後半くらいではないかと思っていますが…

一方、Pixel 6aの価格は安すぎるレベルです。ハイエンド級の性能で5万円台はかなり魅力的です。

また、今後出回ってくる白ロムの価格にも期待ですね。

Pixel 7Pixel 6a
Googleストア7万円台?
Pixel 6は74,800円~
53,900円
au53,270円
ソフトバンク67,680円
イオシス

Pixel 6aがかなりおすすめ、カメラ重視ならPixel 7も

今回はPixel 6aとPixel 7を比較しましたが、Pixel 6aが優秀すぎて価格・性能両面で誰にでもおすすめできる一台に仕上がっています。

もう少し大きい画面やより高いカメラ性能などが欲しければ、Pixel 7も候補になってくるかと思います。

Pixel 7はまだまだ不明な部分も多いので、今後の情報には注目ですね。

Pixel 6を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

グローバル版を直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンでの購入がおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証もあるので安心です。

au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

最新情報をチェックしよう!