モバイルバッテリー

電池式モバイルバッテリーっておすすめなの?

モバイルバッテリーを利用している皆さん、電池式のモバイルバッテリーという存在をご存知でしょうか。主流はコンセントや USB 端子から充電するモバイルバッテリーがほとんどです。

しかし、今回はあえて電池式のモバイルバッテリーに焦点を当ててきます。「マイナーだから調べるまでもない」と思っているあなた、調べてみると意外と使えるケースは多いですよ。

スマホをおトクに購入するなら

安くおトクに買うならSIMフリーを白ロム通販ショップのイオシスでの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

関連記事

「ネットでスマホを買うのってなんか怖い」「不良品に当たったら泣き寝入りするしかないんでしょ?」そう思っているあなた、もしかしたら大きく損をしているかもしれません。今回は筆者が実際に通販サイト「イオシス」でiPhone XSを買ってみまし[…]

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

MNPで乗り換えするなら

ソフトバンクにMNPで乗り換えるならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック数万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができます。機種はもちろんソフトバンクのXperiaやiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えている場合におすすめです。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

電池式モバイルバッテリーは災害時に強い

一般的な電池式のモバイルバッテリーは容量が小さく、電池の充電がなくなったら使えないというデメリットばかりに目がつきます。しかしそれは物事の一面です。電池式モバイルバッテリーの強みは災害時に電源を得やすいということです。

災害が発生するとコンセントからの充電ができないことがあります。しかし、電池であれば保存もききますし、入手もしやすいです。

しかも、リサーチしてみると「乾電池の充電+スマホの充電」をこなしてくれる電池式モバイルバッテリーがあります。早速見ていきましょう。

モバイルバッテリーの安全基準「PSEマーク」とは?【参考】

モバイルバッテリーおすすめする時に欠かせない単語は「PSEマーク」です。皆さんはモバイルバッテリーで発火事故が頻発していることをご存知でしょうか。電池容量が大きくなればなるほど、発火や爆発が起きた時の威力も大きくなるので怖いですね。そういった危険性がないように審査したのが「PSEマーク」です。

2019年2月初めから、日本国内ではこのマークがついていないと販売することができません。この記事を書いているのは2009年の1月なので、 PSEマークが確認できた商品のみおすすめしていきます。

※この記事ではPSEマークは関係ありません。充電式モバイルバッテリーを選ぶ際の参考にしてください。

参考サイト:ねとらぼ様

モバイルバッテリー大手メーカーのAnkerでは PSE マークの表示を早期に実施しています。

参考サイト:engadget様

モバイルバッテリーメーカーのcheeroでは「串刺し」「火あぶり」などの厳しい安全性試験を実施しています。

参考サイト:ITmedia様

おすすめ電池式モバイルバッテリー【おすすめ】

一番オーソドックスなモデルは USB ケーブル経由で電池とスマホを充電する形式です。この商品は最初から水素電池が4本ついており、このままの状態で使用することができます。本体重量も95gなので、電池を入れても充電式モバイルバッテリーと大差ありません。

リンク先のレビューでも書かれていますが、この製品は別売りのソーラーチャージャーを購入すれば、コンセント要らずで乾電池、スマホともに充電できます。家電量販店ではこの手のモバイルバッテリーは販売していないので、買うならネットで買いましょう。

おすすめ電池式モバイルバッテリー【便利】

こちらも乾電池とスマホを充電できるモバイルバッテリーです。上記の製品との違いは、こちらはコンセントが本体に内蔵されている点です。本体を持ち歩けば乾電池の充電ができるので便利ですね。もちろん USB 端子経由でスマホに充電もできます。

上記の製品だと AC アダプターかソーラーチャージャーが必要なので、持ち物は増えてしまいます。コンセント内蔵されているのは良いですね。

おすすめ電池式モバイルバッテリー【おしゃれ】

こちらはデザインはかっこいいですね。様々なサイズの感電死に対応しており、ディスプレイでは乾電池の電池残量まで確認できます。「乾電池の充電」「モバイルバッテリー」「カーアダプター付きで車の中で充電可能」とかなりの守備範囲を誇っています。

お値段は上記2品よりもお高めですが、汎用性という面ではずば抜けています。

スマホをおトクに購入するなら

安くおトクに買うならSIMフリーを白ロム通販ショップのイオシスでの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

関連記事

「ネットでスマホを買うのってなんか怖い」「不良品に当たったら泣き寝入りするしかないんでしょ?」そう思っているあなた、もしかしたら大きく損をしているかもしれません。今回は筆者が実際に通販サイト「イオシス」でiPhone XSを買ってみまし[…]

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

安心のドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら

ドコモ・ソフトバンク・auで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。困ったときも近くのお店で対応してもらえます。

MNPで乗り換えするなら

ソフトバンクにMNPで乗り換えるならスマホ乗り換え.comが圧倒的に早くておトクです。

キャッシュバック数万円などのキャンペーンが受けられて、スマホやPCで自宅でも乗り換えができます。機種はもちろんソフトバンクのXperiaやiPhoneまでそろっているのでソフトバンクへの乗り換えを考えている場合におすすめです。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

楽天モバイルはなんといっても、使用量が1GBまでなら0円、さらにどれだけ使っても月額3,278円で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅵのコスパが驚異的です。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

ワイモバイルは家族での乗り換えなど、2回線以上契約の場合圧倒的にお得です。3GBまでなら月額990円、15GBまで使っても月額2,090円です。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

関連記事

いよいよサービス開始した5G。その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。今後最新モデルは5G対応の機種がメインになるでしょう。そうなると気になるのは5Gスマホでワイモバイルなどの回線が使えるかどうかという疑問が出てきま[…]

モバイルバッテリー
最新情報をチェックしよう!