iPhone SE 3をなぜメイン機として使っているのか?iPhone SE 3の良さに今さら気づきました!そもそもメイン機として使えるのか?

最近、メイン端末をiPhone 12 miniからiPhone SE 3に変えました。

ちなみにサブ機はGalaxy Z Fold 3やGalaxy S22などを使っています。

ということで、今回はなぜiPhone SE 3をメインにしたのか、iPhone SE 3はメインにできるのかといったポイントについて解説していきます。

今回の動画はこちら!

iPhone SEを安く購入するなら

iPhone SEを安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。



SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル・IIJmioで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入を検討しているならスマホ乗り換え.comがおトク

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンク公式オンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!

⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥20,565(2024/05/18 23:26:05時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

1位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ。他社から乗り換えで機種代もかなり安いモデルも豊富です。)

IIJmio(みおふぉん)

2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ。20GBでも2,728円(税込)と品質もコスパも非常に高いです。5月7日まで新生活キャンペーンを実施中です。期間中にMNPをするとスマホプランだと1万2000円相当、ミニプランだと3000円相当のPayPayポイントが進呈されるのでお得です。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

LINEMO

3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても無制限で月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。大容量で使うなら他社と比べて通信料金がかなりお得です。)



iPhone SE 3の概要

iPhone SE 3は2022年3月に発売されたiPhoneの廉価モデルにあたるスマホです。

価格は当初6万円を切っていましたが、残念ながら円安による価格改定で62,800円〜となっています。

なぜiPhone SE 3をメインにしたのか

iPhone SE 3をメインにした大きな理由はTouch IDが便利だからです。

他のiPhoneシリーズは顔認証のみで、マスク着用時も認証可能ですが時間がかかるので、指紋認証の方が断然快適です。

私の場合、サブ機でGalaxy Z Fold 3やGalaxy S22を持ち歩くので大画面はそちらに任せてしまうことが出来ます。

そのため、コンパクトで気軽に持ち歩きやすいiPhone SE 3がメイン機として魅力を感じました。

iPhone SE 3はメインにできるのか

基本性能

メイン機として使うなら処理性能が気になるところですが、iPhone SE 3は廉価版ながら最新のハイエンドチップセットであるA15 Bionicを搭載していてかなり高性能です。

さすがアップルという感じで、ベンチマークスコアもハイエンドAndroidを上回る優秀さを誇ります。

iPhone SE 3
チップセットA15 Bionicチップ
GeekBench 5シングル:1,750
マルチ:4,820
3DMark9,150
メモリ(RAM)4GB
ディスプレイ4.7インチ
メインカメラ12MP(広角)

ディスプレイ

ディスプレイは4.7インチと小さめですが、片手操作のしやすさに繋がっています。

画面の種類が有機ELではなくIPS液晶なのは少し残念ですが、ここは割り切って考える部分ですね。

iPhone SE 3
サイズ4.7インチ
形状フラット
種類IPS液晶
リフレッシュレート最大60Hz
最大輝度625nit

その他スペック

バッテリー容量は2,018mAhで実際の持ちもそこまで優秀とは言えません。

iPhone SE 3の弱点はこのバッテリー持ちですね。

1日持つかギリギリのラインです。

その他の部分は防水防塵やおサイフケータイなど基本的なスペックはしっかり抑えられています。

iPhone SE 3
バッテリー容量2,018mAh
防水防塵IP67
生体認証指紋認証
おサイフケータイ対応
ワイヤレス充電対応
5G対応

価格的にもお手頃

円安による定価の値上げはありましたが、それでも価格はかなりお手頃ですね。

また、楽天モバイルではキャンペーン適用でポイント還元があるのでさらにお得です。

イオシスの白ロムは3万円台から購入可能なので非常に買いやすく、かなりおすすめです。

iPhone SE 3
アップルストア62,800円~
ドコモ65,230円~
au65,335円~
ソフトバンク67,660円~
楽天モバイル57,800円~
キャンペーン適用後:38,800円~
イオシス36,800円〜
(中古C)

弱点もあるがメイン機として十分使える

iPhone SE 3がメイン機として使えるか見てきましたが、弱点は様々あるものの気軽に持ち運べるのはメイン機として大きな魅力ですね。

バッテリー持ち、カメラ、ディスプレイなどは多少目を瞑らないといけませんが、メイン機として十分使えます。

私のように大画面のサブ機との併用の場合はさらにおすすめですし、価格的にもおすすめしやすい一台だと思います。

iPhone SEを安く購入するなら

iPhone SEを安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。



SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル・IIJmioで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入を検討しているならスマホ乗り換え.comがおトク

ソフトバンクで購入するならAndroidもiPhoneも大特価。1円スマホもあるスマホ乗り換え.com経由がさらにおすすめです。

Xperia 10 Ⅴの在庫が復活!ソフトバンク公式オンラインショップでも在庫なしの状態なので狙っている方は是非!

⚪︎⚪︎カメラなどの大手家電量販店や一部ショップと同等の投げ売りも実施している機種も多くあるので、わざわざ投げ売りを実施している店舗を探さなくても済むことが多いです。こちらの記事で詳しく解説しています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥20,565(2024/05/18 23:26:05時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

1位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ。他社から乗り換えで機種代もかなり安いモデルも豊富です。)

IIJmio(みおふぉん)

2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ。20GBでも2,728円(税込)と品質もコスパも非常に高いです。5月7日まで新生活キャンペーンを実施中です。期間中にMNPをするとスマホプランだと1万2000円相当、ミニプランだと3000円相当のPayPayポイントが進呈されるのでお得です。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

LINEMO

3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても無制限で月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。大容量で使うなら他社と比べて通信料金がかなりお得です。)



最新情報をチェックしよう!