iPhone SE

iPhone 6sはいつまで使える?2021年に購入しても活躍できるのか?

  • 2021年7月19日
  • 2021年8月19日
  • iPhone 6

2015年に発売されたiPhone 6sですが、いつまで利用可能なのか解説していきます。2021年以降でも問題なく利用できるのかどうか検証していきましょう。

今回の記事の動画はこちら!

iPhone SEを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスでの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽天モバイルではアップグレードプログラムを上手く利用してiPhoneを最大半額で購入可能です。

関連記事

楽天モバイルでは「iPhoneアップグレードプログラム」というプログラムがあり、うまく利用することでiPhoneを最大半額で購入することができます。[template id="31500"]最大半額でiPhoneを購入可能[…]

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥30,145(2023/01/31 00:20:56時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

iPhone 6sが2021年でも使える理由

まずはiPhone 6sがまだ使える理由をみていきます。

十分なスペック

iPhone 6sのCPUはアップルのA9を採用しており、現在でも問題なく動きます。Touch IDなども搭載し、ストレージ容量も16GBから最大128GBまで揃っています。

本体の容量がいっぱいになっても、iCloudにデータを保存することも可能です。

もちろん最新のiPhoneと比較すると、動きが重たいと感じますが、Web閲覧はもちろん、SNSや動画鑑賞など、日常利用ではまったく問題ありません。

国内キャリア4Gに対応

iPhone 6sは国内キャリア主流の4G回線で通信するので、回線に関しても問題なく利用することができます。

各キャリアが発表している最新の5G通信には対応していませんが、4G LTEが使えるのでひとまずは大丈夫です。

4G回線に対応しているので、大手のキャリアだけでなく、格安SIMでも問題なく利用することができます。

2021年秋の最新iOS 15に対応

iPhoneをいつまで利用することができるかの大きな指標となる、iOSのアップデートがどこまでできるかがポイントです。

iOSのアップデートは、iPhoneのソフトウェアであるiOSソフトの更新により、不具合の修正や新たな機能のリリース、より快適な動作にバージョンアップをしています。

アップルが発表した最新のiOS 15はiPhone 6sをサポートしているので、2021年でも問題なく利用していくことが可能です。

また、最新のiOSにアップデートしないと使えなくなるわけではありません。セキュリティ面などから更新は推奨ですが、ほとんどの場合、iOSの微調整なので更新しないままでも利用できます。

修理サポートは2024年まで可能

アップルの修理サポートは約5年間とされています。

iPhone 6sが各キャリアの店頭から終売となったのは2019年なので、修理サポートは2024年ごろまで続きます。

修理サポートが終了すると、内部部品の製造が終了し、実質的に修理不可となるので、iPhone 6sの場合、2024年がタイムリミットとなります。

修理サポート内であれば、不具合や故障時に、アップルカスタマーセンターや正規の修理代理店で見てもらうことが可能です。

iPhone 6sが使えるのはいつまで?

iPhone 6sは十分なスペックと、最新のiOSにサポートされていること、修理のサポートが2024年までということを加味すると、やはり修理可能な2024年までというのが妥当です。

もちろん故障がなければそれ以降も利用することはできますが、iOSのアップデートや5Gが普及してくると不便を感じるかもしれません。

iPhone 6sを長く使う方法

iPhone 6sを長く使う方法を紹介します。

バッテリー交換をする

スペックは十分なiPhone 6sですが、iPhone 6sに限らず長期間使っているiPhoneはバッテリーが劣化します。

バッテリーが劣化すると、発熱したり、充電速度が遅い、電源が落ちるなどの症状が出てきます。

バッテリーを交換することで、快適な状態にもどるので、バッテリーが劣化したら交換することをおススメします。

丁寧に扱う

iPhone 6sに限らず、スマートフォンは精密機器です。乱暴な扱いをしたり、地面に落としたりしてしまえば、本体の寿命は短くなり、故障の危険は高まります。

精密機器であることを忘れずに丁寧な扱いをすることが重要です。

OSのアップデートを怠らない

iOSのアップデートは本体だけでなく、本体にインストールしているアプリにも影響があります。

各アプリも、バージョンアップや新機能追加、新たなOSに対応できるようアップデートしていきます。本体のOSが古くなりすぎると、アップデートされていくアプリの動作環境の対象外となり、本体は動いてもアプリが起動しなくなるリスクがあります。

iOSは可能な限り最新にアップデートしておくことが重要です。

アプリを起動しすぎない

iPhone 6sは最新のiPhoneよりも本体メモリが少なく、2GBとなっています。iPhone 12では4GBなので約半分です。

2GBで大量のアプリを起動していると、メモリを圧迫し、動作が重たくなったりフリーズするリスクがあります。

動作が重いと感じたら、キャッシュの削除やアプリを閉じましょう。

iPhone 6sの注意点

iPhone 6sは防水ではありません。

水に落とすのはもちろん、水がかぶらないよう注意して利用しましょう。

iPhone 6sのメリット

iPhone 6sの最大のメリットは価格の安さです。

最新のiPhoneが10万円超えと高額になっていますが、iPhone 6sは1万円以下の端末も販売されています。新品同様の状態がいいものでも5万円以下で購入することができるので、コスパよくiPhoneを利用することができます。

また、iPhone 6sのロック解除はホームボタンと指紋認証を兼ねる物理キーのTouch IDなので、マスクをしたままでも瞬時に画面ロックを解除することができます。

イヤホンジャックを搭載していることも大きいです。iPhone 7以降非搭載になったので、最後のイヤホンジャックつきiPhoneということになります。

iPhone 6sはまだまだ使える

iPhone 6sは最新のiOSに対応し、2024年まで修理サポートが受けられるので、2021年でも十分に現役で利用できます。

十分なスペックでコスパよくiPhoneを使いたい場合にiPhone 6sはとてもおすすめです。

iPhone SEを購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスでの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽天モバイルではアップグレードプログラムを上手く利用してiPhoneを最大半額で購入可能です。

関連記事

楽天モバイルでは「iPhoneアップグレードプログラム」というプログラムがあり、うまく利用することでiPhoneを最大半額で購入することができます。[template id="31500"]最大半額でiPhoneを購入可能[…]

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥30,145(2023/01/31 00:20:56時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo
iPhone SE
最新情報をチェックしよう!