Galaxy Z Fold 4とGalaxy Z Fold 3はどっちを買うべき?

先日発売されたGalaxy Z Fold 4ですが、一見前モデルのGalaxy Z Fold 3とよく似ていますよね。

そこで今回はこの2機種を比較してどちらがおすすめか見ていきたいと思います。

今回の動画はこちら!

Galaxy Z Fold 4を安く購入するなら

Galaxy Z Fold 4を安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。



海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。



SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースやフィルムもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

1位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ。他社から乗り換えで機種代もかなり安いモデルも豊富です。)

IIJmio(みおふぉん)

2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ。20GBでも2,728円(税込)と品質もコスパも非常に高いです。5月7日まで新生活キャンペーンを実施中です。期間中にMNPをするとスマホプランだと1万2000円相当、ミニプランだと3000円相当のPayPayポイントが進呈されるのでお得です。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

LINEMO

3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても無制限で月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。大容量で使うなら他社と比べて通信料金がかなりお得です。)



サイズ感

縦方向に短くなるなど、若干小型化・軽量化しましたが、体感ではそこまで差を感じられませんでした。

Galaxy Z Fold 4Galaxy Z Fold 3
サイズ155.1×130.1×6.3mm(開いた時)
155.1×67.1×14.2~15.8mm(閉じた時)
158.2×128.1×6.4mm(開いた時)
158.2×67.1×14.4~16.0mm(閉じた時)
重さ263g271g

デザイン

デザインについては、背面のマットな質感は共通ですが、Galaxy Z Fold 4では側面フレームが光沢仕上げになりました。

Galaxy Z Fold 3と比べるとヒンジはより薄くなっています。

質感としては高級感がワンランクアップしていますが、全体的なデザインはほぼ共通ですね。

ディスプレイ

ディスプレイサイズはメイン7.6インチ、カバー6.2インチで同じですが、アスペクト比が変更されています。

Galaxy Z Fold 4ではより正方形に近い形になっていて、使ってみると結構変わっていることが分かります。

横方向の情報量が増えるので、よりタブレットっぽくWebや電子書籍の閲覧がしやすくなりました。

Galaxy Z Fold 4はリフレッシュレートの下限が1Hzからになったので、消費電力を抑えられるようになっています。

リフレッシュレートの上限はZ Fold 3、Z Fold 4ともに120Hzなので、表示はかなり滑らかでGalaxyらしい非常に美しいディスプレイに仕上がっています。

また、両機種に搭載されているディスプレイ下のインカメラが目立ちにくくなっているのも、細かいですが割と大きな変化です。

Galaxy Z Fold 4Galaxy Z Fold 3
サイズ7.6インチ(メイン)
6.2インチ(カバー)
7.6インチ(メイン)
6.2インチ(カバー)
アスペクト比10.8:911.6:9
形状フラットフラット
種類有機EL有機EL
リフレッシュレート1~120Hz10~120Hz
最大輝度1,000nit900nit

処理性能

Galaxy Z Fold 3のチップセットはSnapdragon 888、Galaxy Z Fold 4はSnapdragon 8+ Gen 1で、処理性能は約20~30%向上しています。

世代の分着実に伸びているという感じですね。

とはいえ、どちらも基本的に何でも出来る高い性能なのでGalaxy Z Fold 3でも全然問題ありません。

Galaxy Z Fold 4Galaxy Z Fold 3
チップセットSnapdragon 8+ Gen 1Snapdragon 888
RAM12GB12GB
GeekBench5スコアシングル:1,329
マルチ:4,002
シングル:1,047
マルチ:3,088
3DMarkスコア2,344(Wild Life Extremeテスト)
Wild LifeテストはMaxed Outで測定不能
5,428(Wild Lifeテスト)

バッテリー持ち

バッテリー容量は4,400mAhで変わっていません。

実際に使ってみると大幅な向上は無く、どちらも普通に1日持ちますがメインディスプレイをがっつり使えばしっかり減っていきます。

Galaxy Z Fold 4Galaxy Z Fold 3
バッテリー容量4,400mAh4,400mAh

その他スペック

その他の部分では、Z Fold 3で進化した部分がZ Fold 4でもしっかり踏襲しています。

おサイフケータイ、防水に対応しているので実用性も高いです。

Galaxy Z Fold 4Galaxy Z Fold 3
防水防塵IPX8IPX8
生体認証指紋認証・顔認証指紋認証・顔認証
おサイフケータイ国内版対応国内版対応
ワイヤレス充電対応対応
5G対応対応
ペンSペン対応Sペン対応

カメラ

カメラはGalaxy Z Fold 4で結構進化しています。

メインの広角レンズの画素数が12MPから50MPに向上しました。

Galaxy Z Fold 4 広角

最大ズーム倍率も10倍から30倍に向上しています。

Galaxy Z Fold 3 広角

着実に進化しているのは確かですが、Galaxy Z Fold 3も機械学習による補正が優秀なので十分きれいな写真が撮れます。

Galaxy Z Fold 4Galaxy Z Fold 3
インカメラ4MP(画面下)4MP(画面下)
カバーカメラ10MP10MP
アウトカメラ1(超広角)12MP12MP
アウトカメラ2(広角)50MP12MP
アウトカメラ3(望遠)10MP12MP
ズーム30倍10倍

価格

引用:イオシス

Galaxy Z Fold 3はドコモが最終値下げでかなり安くなっていましたね。

Galaxy Z Fold 4は国内キャリアでは約25万円で販売されています。

結構高いので残価設定プログラムの利用がおすすめです。

イオシスではGalaxy Z Fold 3が約13万円からとかなりお得なので、こちらを買うのも結構おすすめです。

引用:イオシス

イオシスでのGalaxy Z Fold 4はまだ中古品が入ってきてないようで、今後に期待ですね。

Galaxy Z Fold 4Galaxy Z Fold 3
ドコモ249,700円
いつでもカエドキプログラム:148,060円
在庫なし(割引後価格:134,860円)
いつでもカエドキプログラム+MNP:39,820円
au249,960円
スマホトクするプログラム:149,040円
在庫なし(237,565円)
イオシス244,800円〜
(中古A、海外版)
129,800円〜
(中古C)

完成度を高めたZ Fold 4、買いやすくなったZ Fold 3

今回はGalaxy Z Fold 3とGalaxy Z Fold 4を比べてみましたが、どちらも十分おすすめできる仕上がりだと思います。

両機種とも実用性が高く、かなり良い端末です。

Z Fold 4は一見そこまで進化してなさそうですが、アスペクト比やカメラといった細かい部分でしっかり完成度がアップしています。

ただ、Z Fold 3の白ロムがかなり買いやすい価格になってきていて、価格で諦めていた方には今買うことをおすすめします。

Galaxy Z Fold 4を安く購入するなら

Galaxy Z Fold 4を安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。



海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。



SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースやフィルムもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

1位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ。他社から乗り換えで機種代もかなり安いモデルも豊富です。)

IIJmio(みおふぉん)

2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ。20GBでも2,728円(税込)と品質もコスパも非常に高いです。5月7日まで新生活キャンペーンを実施中です。期間中にMNPをするとスマホプランだと1万2000円相当、ミニプランだと3000円相当のPayPayポイントが進呈されるのでお得です。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

LINEMO

3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても無制限で月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。大容量で使うなら他社と比べて通信料金がかなりお得です。)



最新情報をチェックしよう!