Galaxy Z Fold 4開封レビュー!実機紹介!国内でもまもなく発売の超変態折りたたみスマホ最新作!タブレットをポケットに入れて持ち運べる喜び!

Galaxy Z Fold 4、ようやくきた!

ついに待ちに待ったGalaxy Z Fold 4が届きましたので、実機紹介ということでスペック表と見比べながら実際の感じを紹介していきたいと思います。

今回の動画はこちら!

Galaxy Z Fold 4を安く購入するなら

Galaxy Z Fold 4を安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。



海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。



SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースやフィルムもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

1位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ。他社から乗り換えで機種代もかなり安いモデルも豊富です。)

IIJmio(みおふぉん)

2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ。20GBでも2,728円(税込)と品質もコスパも非常に高いです。5月7日まで新生活キャンペーンを実施中です。期間中にMNPをするとスマホプランだと1万2000円相当、ミニプランだと3000円相当のPayPayポイントが進呈されるのでお得です。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

LINEMO

3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても無制限で月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。大容量で使うなら他社と比べて通信料金がかなりお得です。)



Galaxy Z Fold 4概要

2022年8月10日発表、2022年8月26日グローバル発売、日本国内は9月29日にドコモとauから発売です。

サイズ感

かなり大きいですね。

前作とあまり変わらない印象です。

見た目はコンパクトになったように感じます。

Galaxy Z Fold 4Z Fold 3との違い
サイズ約155.1×130.1×6.3mm(開いた時)
約155.1×67.1×14.2〜15.8mm(閉じた時)
縦方向に3.1mm短く
0.2mm薄く
重さ約263g8g減少

デザイン

ベージュのカラーリングがかなり良いです。

さらに高級感が増しているような印象です。

ゴールドのフレームがめちゃくちゃ良いですね。

閉じる時の剛性がさらに上がっているように思います。

Galaxy Z Fold 4
カラーGray Green、Phantom Black、Beige

ディスプレイ

7.6インチなのでかなり大きいです。

リフレッシュレートも120Hzに対応しているので、滑らかです。

ディスプレイ下カメラもさらに目立たなくなっています。

Android 12L対応でマルチウインドウ操作がしやすくなりました。

Galaxy Z Fold 4Z Fold 3との違い
ディスプレイ7.6インチ(メイン)
6.2インチ(カバー)
アスペクト比がよりスクエアに(11.6:9→10.8:9)
リフレッシュレート1〜120Hz10~120Hzから
輝度1,000nit900nitから

処理性能

前作より30%ほど高速になっています。

Galaxy Z Fold 4Z Fold 3との違い
チップセットSnapdragon 8+ Gen 1Snapdragon 888から
RAM12GB

バッテリー持ち

前作と変わっていないのでチップセット次第・・・というところですね。

追ってレビューします。

Galaxy Z Fold 4Z Fold 3との違い
バッテリー容量4,400mAh

カメラ

前作と比べて、広角の画素が50MPまで上がっています。

追ってレビューします。

Galaxy Z Fold 4Z Fold 3との違い
メインカメラ12MP(超広角)+50MP(広角)+10MP(望遠)12MP+12MP+12MPから

その他スペック

今作も防水・Sペンに対応しています。

Galaxy Z Fold 4Z Fold 3との違い
防水IPX8
Sペン対応

価格

いますぐ手に入れたいのであれば、エクスパンシス、イートレン、イオシスがおすすめです。

引用:エクスパンシス

価格はエクスパンシスが安く、235,068円〜購入できます。

私もエクスパンシスで購入しました。

引用:イートレン
引用:イオシス

イオシスはすでに国内在庫があるので早く手に入れることができます。

Galaxy Z Fold 4
ドコモ
au249,960 円
スマホトクするプログラム 149,040円
エクスパンシス235,207円〜
イートレン248,300円〜
イオシス249,800円〜

最高の相棒になりそうな予感・・・

変態端末ながら実用性抜群の機種になっていると思います。

今回も最高の相棒になりそうですな。

Galaxy Z Fold 4を安く購入するなら

Galaxy Z Fold 4を安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。



海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。



SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースやフィルムもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

1位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ。他社から乗り換えで機種代もかなり安いモデルも豊富です。)

IIJmio(みおふぉん)

2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ。20GBでも2,728円(税込)と品質もコスパも非常に高いです。5月7日まで新生活キャンペーンを実施中です。期間中にMNPをするとスマホプランだと1万2000円相当、ミニプランだと3000円相当のPayPayポイントが進呈されるのでお得です。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

LINEMO

3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても無制限で月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。大容量で使うなら他社と比べて通信料金がかなりお得です。)



最新情報をチェックしよう!