Galaxy Z Fold 4はイヤホンジャック非搭載。有線イヤホンの接続方法などを解説

Galaxy Z Fold 4がイヤホンジャックを搭載しているのか気になりますよね。

ということでみていきましょう。

Galaxy Z Fold 4を安く購入するなら

Galaxy Z Fold 4を安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。



海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。



SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースやフィルムもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

1位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ。他社から乗り換えで機種代もかなり安いモデルも豊富です。)

IIJmio(みおふぉん)

2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ。20GBでも2,728円(税込)と品質もコスパも非常に高いです。5月7日まで新生活キャンペーンを実施中です。期間中にMNPをするとスマホプランだと1万2000円相当、ミニプランだと3000円相当のPayPayポイントが進呈されるのでお得です。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

LINEMO

3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても無制限で月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。大容量で使うなら他社と比べて通信料金がかなりお得です。)



Galaxy Z Fold 4にイヤホンジャックはある?

結論からいうと残念ながらGalaxy Z Fold 4にイヤホンジャックはありません。

あるのはUSB C端子だけです。

GalaxyシリーズはGalaxy Note 10からイヤホンジャック非搭載になっています。残念なことです。

サムスンとしてはワイヤレスイヤホンのGalaxy Buds(そら豆)を売りたいんだろうなーって思いますね。

Galaxy Z Fold 4でイヤホンを使う方法

イヤホンジャックがなくても当然イヤホンを使いたいですよね。

安心してください、イヤホンジャックがなくてもイヤホンを使う方法はこれらの方法があります。

  • USB C→イヤホンジャック変換ケーブルを使用する
  • ワイヤレスイヤホンを使用する
  • Bluetoothトランスミッターを使用する

それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

USB C→イヤホンジャック変換ケーブルを使用する

変換ケーブル

まずはUSB C→イヤホンジャック変換ケーブルを使用する方法です。

既に使用しているイヤホンを使える

メリットとして、既に現在使っているイヤホンをそのまま使えます。音質やデザインなどで選んだお気に入りのイヤホンを変えることなく使用できます。

音質が劣化しない

変換ケーブルを使用しても有線のままなので、音質がほとんど劣化しないのが良いところです。音質にこだわるのであればこの方法がおすすめです。

変換ケーブルを持ち歩く必要がある

デメリットとして、わざわざ変換ケーブルを持ち歩く必要があることです。イヤホンに変換ケーブルを差しっぱなしにしておくかと思いますが、それでも見た目が野暮ったくなってしまいます。

ケーブルが煩わしい

スマートフォン本体から耳までケーブルが繋がっているので、外出時や電車内でそれがどうしても煩わしく感じてしまいます。

ケーブルの煩わしさはありますが、それでも今お使いのお気に入りのイヤホンが使用したい場合は変換ケーブルを使用しましょう。

おすすめのUSB C→イヤホンジャック変換ケーブル

エレコムのこのケーブルはDAC搭載なのでUSB Cから出力されるデジタル信号をアナログ信号に変換してくれるので、さまざまな機器にも対応していて使い勝手が良いです。

またマイク付きイヤホンにも対応しているので、イヤホン側にマイクが付いている場合そのまま通話も可能です。

ハイレゾ対応で音質の劣化も少ないことと、ナイロンメッシュなので耐久性が高いところもおすすめです。

おすすめ有線イヤホン

有線イヤホンならUE900sがおすすめです。価格はそこそこしますが圧倒的に音質が良いです。私は2つ買いました。

関連記事

さて、こんばんは。darekaです。本日はUltimate EarsのUE900sというイヤホンを購入しましたので早速レビューしていきたいと思います![itemlink post_id="20155"]概要[…]

ワイヤレスイヤホンを使用する

続いてワイヤレスイヤホンを使用する方法です。

ケーブルがないのでとにかく快適

ワイヤレスイヤホンはケーブルがないのでとにかく快適です。ワイヤレスイヤホンのメリットはとにかくこれにつきます。

夏の暑い日でも、湿気が鬱陶しい雨の日でも、ケーブルにとらわれることはありません。

変換ケーブルなどが不要

ワイヤレスイヤホンはBluetoothで直接スマートフォンに接続するので、変換ケーブルなどを新たに追加する必要はありません。

音質が有線接続より劣る

Bluetoothで無線接続しているので、データを圧縮してから転送する分どうしても元の音源より音質が劣化してしまいます。

圧縮技術もかなり進化しているので、有線との差もかなり縮まってきていますが、しょうもない機種を選んでしまうとそれはひどいことになりますのでご注意を。

イヤホンを充電しないといけない

有線のイヤホンと違い充電が必要です。だいたいぶっ続けで4〜5時間持ち、ケースで充電しながらだと24時間ぐらいは持ちますが、充電が必要です。

音質が多少劣化することと、充電することが手間でなければ、ワイヤレスイヤホンはこれまでのケーブルという邪魔な存在から開放され、とても快適に音楽を楽しむことができるのでおすすめです。

おすすめのワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンならJabra Elite 65tがおすすめです。価格も控えめで私もつかっていますが楽チンですし音質もとても良いですよ。

関連記事

マイクなど音響機器では有名なJabraから発売された完全ワイヤレスイヤホンJabra Elite 65tを購入しました。AirPodsなどとの違いはその圧倒的な音質。ということでJabra Elite 65tのレビュー[…]

続編のElite 85tも発売されました。音質はそのままにさらにコンパクトになり、もう少しお金を出せるのであればこちらのほうがよりおすすめです。

あとはソニーの最強ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM4ですね。

Elite 85tよりは大きくなりますが、圧倒的なノイズキャンセリングとこだわり抜いた音質で文句なしです。

Bluetoothトランスミッターを使用する

3つ目はさきほどの2つの間のような方法で、Bluetoothトランスミッターを使用する方法です。

イヤホンの先にBluetoothトランスミッターを接続することで、これまでのイヤホンを無線化することができます。

既に使用しているイヤホンを使える

これまで使っているお気に入りのイヤホンをそのまま使用することができます。

ケーブルで繋がなくて良いので快適

トランスミッターに繋ぎ無線化するので快適です。

トランスミッターを充電しないといけない

トランスミッターの充電が必要です。基本的に毎日ぐらいのペースで充電が必要になります。

音質が有線接続より劣る

無線で飛ばすので、転送の際に圧縮するため音質が多少劣化します。また完全ワイヤレスイヤホンほど圧縮技術が向上していないので、ある程度割り切る必要があります。

トランスミッターを持ち歩く必要がある

イヤホンに繋ぎっぱなしになりますが、これまでの荷物にトランスミッターが増えることになります。

とはいえ、これまで使ってきた自分の耳にぴったりのイヤホンがそのまま使えるのは大きいです。

おすすめのBluetoothトランスミッター

思ったほどコンパクトで良いものがないのがBluetoothレシーバー。その中でもバランスが取れているのがAgedateのトランスミッターです。

とはいえいつものイヤホンを使えますが、無線で音質が圧縮されてしまっているのでいまいちメリットが少ないのがこの方法です。

よっぽど耳にぴったりというイヤホンでないかぎりは、素直に圧縮技術もかなり向上しているワイヤレスイヤホンを選択するか、変換ケーブルで有線接続するかどちらかがおすすめです。

Galaxy Z Fold 4はイヤホンジャック非搭載。音質重視なら変換ケーブルで有線イヤホン、手軽さ重視ならワイヤレスイヤホン

Galaxy Z Fold 4は残念ながらイヤホンジャックがありません。

音質にこだわる場合は変換ケーブルを使い、手軽さを味わうならワイヤレスイヤホンをどうぞ。

Galaxy Z Fold 4を安く購入するなら

Galaxy Z Fold 4を安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。



海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。



SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースやフィルムもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

1位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ。他社から乗り換えで機種代もかなり安いモデルも豊富です。)

IIJmio(みおふぉん)

2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ。20GBでも2,728円(税込)と品質もコスパも非常に高いです。5月7日まで新生活キャンペーンを実施中です。期間中にMNPをするとスマホプランだと1万2000円相当、ミニプランだと3000円相当のPayPayポイントが進呈されるのでお得です。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

LINEMO

3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても無制限で月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。大容量で使うなら他社と比べて通信料金がかなりお得です。)



最新情報をチェックしよう!