Galaxy S8+はズルトラ難民の受け入れ先になる?Xperia Z Ultraと比較!

さて、ついに未来の端末SAMSUNG Galaxy S8+がやってきました!

画面サイズも6.2インチと非常に大きくかなり快適に使えています。

しかし6インチ超えのスマートフォンとなってくると、こちとらズルトラ難民。

2014年に発売されたあの素晴らしい変態端末、SONY Xperia Z Ultra(通称ズルトラ)の亡霊にとりつかれた身です。

早くズルトラの亡霊から解放させて!と心から願う日々です。

果たしてGalaxy S8+はXperia Z Ultraの置き換えとなり、無事成仏できるのか!

ブラウザ、Kindle、Instagramなど複数のアプリでGalaxy S8+とXperia Z Ultraの表示の違いなどを入念に執拗に比較しましたのでいってみましょう!

Galaxy S20を安く購入するなら

Galaxy S20を安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発売された圧倒的な性能を誇るGalaxy S20 5G。Galaxy S20は海外で発売されているグローバル版があり、さらに大手キャリアからは今年もドコモ、auから発売されました。これだけあればどのモデルを買えばよいかわ[…]

Galaxy S20

ドコモ・auでは販売終了となっていますが、ahamoでおトクに購入可能です。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

SHINEZONE Galaxy S21 Ultra ケース Galaxy S21 Ultra ソフトカバー 透明 TPU 耐衝撃 落下防止 防指紋 全面保護カバー(クリア)
SHINEZONE

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

Xperia Z Ultraと比較

個人的にかなり思い入れのある機種ですので、ここでXperia Z Ultraの紹介をさせてください。

 

Xperia Z Ultraのご紹介

Xperia Z Ultraは6.4インチという大画面が非常に魅力的な端末です。

そして画面サイズの割に薄型であること、さらに防水、おサイフケータイ搭載。

これだけ大きいにも関わらずギリギリポケットに入るという絶妙なサイズ感も素晴らしいわけです。

変態端末のように見えて全部入りであったりメイン端末としてしっかり使えることから長らく唯一無二の存在でした。

Xperia Z Ultraにハマってしまうと、その唯一無二の魅力から置き換えられる端末がなく「ズルトラ難民」という言葉までできているほどです。

実際発売から3年経った今でもなくなく現役で使い続けている方も多いです。

Galaxy S8+はそんなズルトラ難民の受け入れ先になれるのか?

刮目せよ!

 

Galaxy S8+とXperia Z Ultraを並べてみよう

 

まずはサイズ感。

本体の大きさはGalaxy S8+のほうが圧倒的に小さいですね。

画面サイズはGalaxy S8+が6.2インチ、Xperia Z Ultraが6.4インチとかなりいい勝負なんですが、本体サイズはまったく違います。

 

画面サイズ比較

 

縦方向の画面サイズはほぼ同じですね。

Galaxy S8+頑張っております!

 

 

しかし縦に並べると、横方向の画面サイズがかなり違うことがわかります。

Galaxy S8+のほうは横方向がかなり削られていますね。

0.2インチ分の差がまるまる横幅で削られているとみて良いでしょう。

 

厚み

 

厚みはそんなに変わらないのですが、手にした時の感覚はXperia Z Ultraのほうが圧倒的に薄く感じます。

Galaxy S8+は丸みを帯びているので手にしっくりくる感じでホールド感はあるが、そんなに薄さは感じません。

Xperia Z Ultraは薄い板を持っているような感じです。しっくりはきませんが薄さは感じますね。

ここからはいろいろなアプリを立ち上げて比べてみましょう。

 

ブラウザ(Chrome)

 

これはけっこう残念です!

Xperia Z Ultraのほうが圧倒的な情報量です。

 

やはり横幅が細い分、完璧にXperia Z Ultraに負けています。

なんてこったい!

で、でもGalaxy S8+だって情報量多いんだからね。

 

Kindle

 

ブラウザの時点でご察しという感じでしたが、これはXperia Z Ultraの勝ちですね。

横幅が広い分、単純に文字数の表示量も多くなります。

アスペクト比としてもGalaxy S8+の18.5:9という超縦長よりも、Xperia Z Ultraの16:9と若干横幅もあるほうが書籍としてはしっくりきます。

そんな縦長の読み物なんて俳句の札ぐらいのもんでしょう。

 

Instagram

お次はインスタです。

 

Galaxy S8+のほうがより縦に長いアスペクト比のため写真の一覧性は高いです。

写真表示数は横はともに3列ですがGalaxy S8+は6段、Xperia Z Ultraは5段とGalaxy S8+のほうが多くの写真が表示されています。これは良いですね。

 

Instagramは正方形の写真となるため、一枚の写真自体は横方向に広いXperia Z Ultraのほうが大きく表示されます。

たくさん表示されるのはGalaxy S8+、大きく表示されるのはXperia Z Ultraといったところですね。

同じ写真を見てみると発色などはGalaxy S8+のほうが綺麗です。

Xperia Z Ultraは3年前の機種ですので、これは致し方ないことですが、iPhone 7などと比べてもGalaxy S8+の発色はかなり鮮やかで素晴らしいです。そこも良いですね。

 

文字入力

 

文字入力はキーボードがかなり大きく表示されるXperia Z Ultraのほうが打ちやすいですね。

表示面積が全然違います。

Galaxy S8+はXperia Z Ultraの受け入れ先になるか?

正直まだまだ完全置き換えとはいかないですね。

スペックやその他もろもろは完全に進化していますが、Xperia Z Ultraで一番大事なことは大きな画面での情報量です。

Galaxy S8+も縦方向の画面サイズはあわせてきましたが、アスペクト比が縦長になっており横方向の情報量が足りません。

解像度はGalaxy S8+のほうが上ですが、アプリで調整された現実として見やすい表示レベルでは単純に横方向が0.2インチ分少ないです。

そういう意味でいうとブラウザやKindleでの電子書籍の表示などXperia Z Ultraに負けていますので、完全に悔いなく置き換えとはいきません。

今回比較して、やっぱりXperia Z Ultraは良かったなと改めて考えさせられた次第です。もう一台Xperia Z Ultraを買い足しても良いのではという気にさえなりました。

Galaxy S20を安く購入するなら

Galaxy S20を安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発売された圧倒的な性能を誇るGalaxy S20 5G。Galaxy S20は海外で発売されているグローバル版があり、さらに大手キャリアからは今年もドコモ、auから発売されました。これだけあればどのモデルを買えばよいかわ[…]

Galaxy S20

ドコモ・auでは販売終了となっていますが、ahamoでおトクに購入可能です。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

SHINEZONE Galaxy S21 Ultra ケース Galaxy S21 Ultra ソフトカバー 透明 TPU 耐衝撃 落下防止 防指紋 全面保護カバー(クリア)
SHINEZONE

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

楽天モバイルはなんといっても、使用量が1GBまでなら0円、さらにどれだけ使っても月額3,278円で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅵのコスパが驚異的です。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

ワイモバイルは家族での乗り換えなど、2回線以上契約の場合圧倒的にお得です。3GBまでなら月額990円、15GBまで使っても月額2,090円です。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

関連記事

いよいよサービス開始した5G。その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。今後最新モデルは5G対応の機種がメインになるでしょう。そうなると気になるのは5Gスマホでワイモバイルなどの回線が使えるかどうかという疑問が出てきま[…]

最新情報をチェックしよう!