Galaxy S22 UltraとGalaxy Z Fold 3はどっちを買うべき?

今回はGalaxyの中では超大画面で価格も高めの、Galaxy S22 UltraとGalaxy Z Fold 3を比較していきます。

今回の動画はこちら!

Galaxy S22シリーズを安く購入するなら

Galaxy S22シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

Galaxy S22 Ultra 5G 512GB ブラック Black RAM12GB 6.8インチ スナップドラゴン8 Gen1 SIMFREE シムフリー android 2022 最新スマホ 本体 [並行輸入品]
Galaxy Z Fold

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

サイズ感

Galaxy S22

Galaxy S22 Ultraは普通のスマートフォン、Galaxy Z Fold 3は折りたたみ端末なのでサイズ感、重量ともに大きく違います。

ただ、Z Fold 3を閉じた状態だとS22 Ultraより意外とコンパクトで、長手方向の長さ自体はS22 Ultraの方が長くなっています。

持ち運びの観点で見ると、Z Fold 3の方が多少コンパクトになるのでいいかもしれませんが、重さは結構あるのでどちらも一長一短という感じですね。

Galaxy S22 UltraGalaxy Z Fold 3
サイズ77.9 x 163.3 x 8.9mm158.2 x 128.1 x 6.4mm(開いた状態)
158.2 x 67.1 x 16.0mm(閉じた状態)
重さ229g271g

デザイン

Galaxy S22

全体的なデザインのテイストは同じ傾向にあると思います。

背面はどちらもマットな質感のガラスになっています。

Galaxy S22

S22 Ultraの側面やZ Fold 3のヒンジ部分は光沢があり、かなりかっこいいです。

カメラ部分のデザインはカメラを強調する感じではなく、割と落ち着いた仕上がりになっていますね。

ディスプレイ

Galaxy S22

ディスプレイはやはりZ Fold 3がかなり特徴的で、メインディスプレイ以外に6.2インチのカバーディスプレイがあるのは改めていいですね。

S22 Ultraも6.8インチの大画面ですが、エッジディスプレイなので端の方は少し見づらいこともあるかもしれません。

Galaxy S22

他には最大輝度で違いがあり、S22 Ultraは最大1,750nitとかなり明るくすることができます。Z Fold 3も十分明るいので、どちらも外出先での使用で困ることはないと思います。

Galaxy S22 UltraGalaxy Z Fold 3
サイズ6.8インチ7.6インチ(メイン)
6.2インチ(カバー)
形状エッジフレキシブル(メイン)
フラット(カバー)
リフレッシュレート1〜120Hz120Hz可変(メイン)
120Hz可変(カバー)
素材Gorilla® Glass Victus®+Gorilla® Glass Victus®
最大輝度1,750nit1,200nit(メイン)
1,500nit(カバー)

Web(Chrome)

Galaxy S22

Z Fold 3を開いた状態だともはやタブレットなので、表示のされ方には違いが出ますね。

どちらも、画面は綺麗で表示量も全く問題ありません。

Kindle

Galaxy S22

電子書籍を見る際は、どちらも読みやすいですが、Z Fold 3の方はずば抜けて見やすいです。

動画

Galaxy S22

動画を視聴する時は、Z Fold 3のディスプレイが正方形に近いため黒帯がかなり大きいです。

とはいえ、元々大画面のS22 Ultraと比べてもZ Fold 3は大きく表示出来ています。

一つ気になるのはZ Fold 3の折り目で、動画によっては目立ちやすいです。

処理性能

チップセットはS22 Ultraが最新のSnapdragon 8 Gen 1、Z Fold 3がSnapdragon 888を搭載していて、一世代分差があります。

Galaxy S22 UltraGalaxy Z Fold 3
チップセットSnapdragon 8 Gen 1Snapdragon 888
RAM12GB12GB

GeekBench5で処理性能をテスト

Galaxy S22

GeekBench5で処理性能をテストしてみると、S22 Ultraがシングルコア1,246、マルチコア3,476で、Z Fold 3はシングルコア1,047、マルチコア3,088という結果になりました。

どちらもハイエンドなので十分ではありますが、20%ほどS22 Ultraが高いですね。

実使用では、どちらもサクサクで快適に動作してくれます。

GOS(Game Optimizing Service)問題はアップデートで対応済み

本体の発熱防止のために処理性能を落としていたGOS問題ですが、現在はアップデートで対応済みなので心配はありません。

そうなると今度は対応後の発熱が気になるところですが、そこまで問題はないですね。

3DMarkでグラフィックの性能をテスト

Galaxy S22

3DMarkでグラフィック性能をテストしてみると、S22 Ultraが9,210、Z Fold 3は5,350とこちらは結構差が出ました。

しかしながら、実際の動作で言えばどちらも快適なのでそこまで気にすることはないです。

バッテリー持ち

Galaxy S22

バッテリー容量はS22 Ultraが5,000mAh、Z Fold 3は4,400mAhとなっています。

まずS22 Ultraのバッテリー持ちですが、普通に使っていれば1日は十分持ちます。

一方、Z Fold 3も基本的には1日は持つくらいですが、比べるとS22 Ultraの方が若干バッテリー持ちは良いと思います。

発熱についてですが、基本的に40度を超えないので全く問題はありません。

Galaxy S22 UltraGalaxy Z Fold 3
バッテリー容量5,000mAh4,400mAh

基本スペック

その他の部分だと、S22 Ultraは防水防塵にしっかり対応する一方、Z Fold 3防水のみ対応という違いがあります。ただ、折りたたみなのに防水対応しているのは普通にすごいです。

指紋認証はS22 Ultraが画面内なのに対し、Z Fold 3は側面のセンサーによる指紋認証です。

その他、おサイフケータイやワイヤレス充電、Sペンなどはどちらも対応しています。

Galaxy S22 UltraGalaxy Z Fold 3
防水防塵IP68IPX8
生体認証顔認証
画面内超音波指紋認証
顔認証
指紋認証
おサイフケータイ海外版未対応
国内版対応
海外版未対応
国内版対応
ワイヤレス充電対応対応
Sペン対応対応

Sペン

Galaxy S22

Sペンについてですが、S22 Ultraは本体収納可能になっていてほぼGalaxy Noteですね。

Z Fold 3はSペンの本体収納は出来ませんが、Z Foldシリーズで初めてSペンに対応したのが売りです。

ペン先はZ Fold 3用の方が丸く、太めになっていて画面に傷がつきにくくなっています。

書き心地はZ Fold 3用の方が太めでしっかりしているので、じっくり書くのにおすすめですね。

カメラ

Galaxy S22

カメラはS22 Ultraの方が優秀です。

S22 Ultraは望遠レンズが2つも搭載されているので、最大100倍のズームに対応しています。

標準的な広角域だと、どちらもGalaxyらしいはっきりした色味で綺麗に撮れるので、そこまで大きな差はありません。

S22 Ultraは暗所での撮影に強くなっているのが売りなので、ズームや暗所撮影でZ Fold 3と多少差が出るかと思います。

Galaxy S22 UltraGalaxy Z Fold 3
インカメラ40MP10MP
アウトカメラ1(超広角)12MP12MP
アウトカメラ2(広角)108MP12MP
アウトカメラ3(望遠)10MP12MP
アウトカメラ4(望遠)10MP
レーザーAF搭載
ズーム100倍10倍

価格

国内キャリアの価格はどちらもかなり上乗せされているので、購入するならイオシスやエクスパンシスの利用がおすすめです。

どちらも高価格帯の製品ですが、比較するとZ Fold 3は折りたたみの機構があり、さらに高めになっていますね。

Galaxy S22 UltraGalaxy Z Fold 3
価格ドコモ:183,744円
au:178,820円
イオシス:149,800円〜(海外版・中古A)
エクスパンシス:161,888円〜(海外版・新品)
ドコモ:237,600円
au:237,565円
イオシス:149,800円〜(中古C)

Galaxy Z Fold 3も安くなってきた

イオシスでのZ Fold 3の白ロム価格が15万円くらいから買えるので、S22 Ultraの海外版の価格と近くなっています。

それを踏まえると、Z Fold 3も結構おすすめ出来るようになっています。

今回紹介したそれぞれの魅力を比較して、判断していただければ嬉しいです。

‪Galaxy Z Fold 3を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ケースやフィルムもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

最新情報をチェックしよう!