Galaxy S22 UltraとGalaxy S21 Ultraはどっちを買うべき?(比較検証)

Galaxy Sシリーズの大画面モデルで最新のGalaxy S22 Ultraと一世代前のS21 Ultra、迷いますよね。
今回はこの2機種の違いを比較していきます。

今回の動画はこちら!

サイズ感

Galaxy S22 Ultra
サイズは非常に似ていて、重さもほぼ同じになっています。

Galaxy S22 UltraGalaxy S21 Ultra
サイズ77.9 x 163.3 x 8.9mm76 x 165 x 8.9mm
重さ229g228g

デザイン

Galaxy S22 Ultra
デザインには大きな違いがあり、S22 UltraはGalaxy Noteらしいデザインで上下側面が直線的になっています。

一方のS21 Ultraは全体的に丸みを帯びた本体でした。

Galaxy S22 Ultra
カメラ部分も、S21 Ultraは大きなカメラユニットが存在していましたが、S22 Ultraは各カメラが独立しています。

ディスプレイ

Galaxy S22 Ultra
ディスプレイのスペックは以下の通りで、非常に似ています。所々に違いはありますが、体感ではそこまで違いは感じられませんでした。

Galaxy S22 UltraGalaxy S21 Ultra
サイズ6.8インチ6.8インチ
形状エッジエッジ
リフレッシュレート1〜120Hz10〜120Hz
素材Gorilla® Glass Victus®+Gorilla® Glass Victus®
最大輝度1,750nit1,500nit

Web(Chrome)

Galaxy S22 Ultra
2機種とも6.8インチの大画面を採用しているため、非常に見やすくなっています。

Kindle

Galaxy S22 Ultra
文字が見やすく、読書も捗ります。

処理性能

処理性能に関わるスペックは下記の通りで、いずれも当時最新のチップセットを搭載し、RAMは12GBとなっています。

Galaxy S22 UltraGalaxy S21 Ultra
チップセットSnapdragon 8 Gen 1Snapdragon 888
RAM12GB12GB

GeekBench5で処理性能をテスト

Galaxy S22 Ultra
S22 Ultraでは、シングルコアで1,246、マルチコアで3,476というスコアを記録しました。

一方、S21 Ultraのスコアはシングルコア918、マルチコア3,051だったので、約20%向上しています。

ただ、普段使っている中ではいずれも十分快適なのでS21 Ultraでも問題ありません。

GOS(Game Optimizing Service)問題はアップデートで対応済み

Galaxyスマホでゲームなどを立ち上げた際に、チップセットの発熱防止のためシステムが意図的にパフォーマンスを低下させていたGOS問題がありました。

しかし、現在はアップデートで対応済みなので普段使いでもスコア通りの性能が発揮されます。

3DMarkでグラフィックの性能をテスト

Galaxy S22 Ultra
S22 Ultraのスコアは9,210という非常に高いスコアが記録されました。

S21 Ultraでは少し見劣りする5,221でしたが、これでも十分なスコアでした。

その他のスペック

Galaxy S22 UltraGalaxy S21 Ultra
防水防塵IP68IP68
生体認証顔認証
画面内超音波指紋認証
顔認証
画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ海外版未対応
国内版対応
海外版未対応
国内版対応
ワイヤレス充電対応対応
Sペン対応対応

その他のスペックは表のとおりです。

特に画面内指紋認証の精度・速度は2機種とも非常に優れています。

Sペン

Galaxy S22 Ultra
S22 UltraとS21 Ultraの最大の違いはSペンにあります。

いずれもSペンに対応はしていますが、S22 Ultraでは本体に収納できるようになり、機動力が格段に向上しました。

カメラ

Galaxy S22 Ultra
Galaxy S22 Ultraの広角で撮影。
Galaxy S22 Ultra
Galaxy S22 Ultraの超広角で撮影。
Galaxy S22 Ultra
Galaxy S22 Ultraのポートレート。

カメラのスペックは画素数などで見るとほぼ同じです。

昼間など明るい場所での撮影はどちらも十分綺麗に撮影が可能で、差はあまりありません。

ただし、S22 Ultraはカメラセンサーが変わり、夜景撮影に強くなりました。

Galaxy S22 UltraGalaxy S21 Ultra
インカメラ40MP40MP
アウトカメラ1(超広角)12MP12MP
アウトカメラ2(広角)108MP108MP
アウトカメラ3(望遠)10MP10MP
アウトカメラ4(望遠)10MP10MP
レーザーAF搭載搭載
ズーム100倍100倍

価格

S22 Ultraの国内キャリア版価格は18万円前後という、高めの価格になりました。

一方、イオシスなどでは15~16万円程度で購入可能です。

S21 Ultraはドコモでは販売終了となっており、イオシスでは中古Cランクが10万円台から購入可能です。

Galaxy S22 UltraGalaxy S21 Ultra
ドコモ183,744円販売終了(参考151,272円)
au178,820円
イオシス149,800円〜(海外版・中古A)109,800円〜(中古C)
エクスパンシスエクスパンシス:161,888円〜(海外版・新品)

Galaxy Note的な魅力か価格か

Sペンが本体に収納できる点とGalaxy Noteを彷彿とさせるデザインに魅力を感じる場合はGalaxy S22、少しでも安く手に入れたいのであればGalaxy S21 Ultraがおすすめです。

Galaxy S22シリーズを安く購入するなら

Galaxy S22シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

Galaxy S22 Ultra 5G 512GB ブラック Black RAM12GB 6.8インチ スナップドラゴン8 Gen1 SIMFREE シムフリー android 2022 最新スマホ 本体 [並行輸入品]
Galaxy Z Fold

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

最新情報をチェックしよう!