Galaxy S22とPixel 6 Proはどっちを買うべき?

今回はAndroid最高スペックに位置するGalaxy S22とPixel 6 Proを比較していきます。

今回の動画はこちら!

Pixel 6を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

グローバル版を直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンでの購入がおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証もあるので安心です。

au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

サイズ感

Galaxy S22
サイズ感は下記の表のようにかなり差があり、Pixel 6 Proの方が圧倒的に大きいです。

価格は似ているものの、ディスプレイ含めサイズは全く違う機種になっています。

Galaxy S22Pixel 6 Pro
サイズ70.6 x 146 x 7.6mm75.9 x 163.9 x 8.9mm
重さ168g210g

デザイン

Galaxy S22
デザインについてはS22は落ち着いた感じで高級感のあるものになっています。

Pixel 6 Pro
Pixel 6 Proは前作Pixel 5シリーズからデザインが一新され、S22と比べるとモダンでカジュアルな仕上がりです。

ディスプレイ


ディスプレイについては、サイズは全く違いますがどちらも非常に高いスペックになっています。

細かい部分ではS22の方が優れていますが、どちらも非常に綺麗なディスプレイです。

Galaxy S22Pixel 6 Pro
サイズ6.1インチ6.7インチ
形状フラットエッジ
種類Dynamic AMOLEDLTPO OLED
リフレッシュレート48〜120Hz最大120Hz
素材Gorilla® Glass Victus®+Gorilla® Glass Victus®
最大輝度1,300nit800nit

Web(Chrome)

Galaxy S22
S22は6.1インチと比較的小型の画面ですが、Webの閲覧でも表示される情報量に問題はありません。

処理性能

搭載するチップセットはS22がSnapdragon 8 Gen1、Pixel 6 ProはGoogle Tensorということでどちらもハイエンド向けのものです。

そのため、実際に使っているとあまり差は感じられません。

Galaxy S22Pixel 6 Pro
チップセットSnapdragon 8 Gen 1Google Tensor
RAM8GB12GB

GeekBench5で処理性能をテスト

GeekBench5で処理性能をテストすると、Galaxy S22がシングルコア1,202、マルチコア3,129で、Pixel 6 Proはシングルコア1,046、マルチコア2,886という結果になりました。

スコア的には、Pixel 6 Proが昨年のモデルということもあり、一世代分の差が出た感じですね。

3DMarkでグラフィックの性能をテスト

Galaxy S22
グラフィック性能のテストでは、Galaxy S22のスコアは8,736で平均フレームが52.3fps、Pixel 6 Proはスコア6,216、平均フレーム37fpsという結果になりました。

バッテリー持ち

Galaxy S22
バッテリー容量は表のとおりです。実際のバッテリー持ちについては、どちらも1日は持つという感じでバッテリー持ちが非常に優れている機種というわけではありません。

強いて言えばPixel 6 Proの方が長持ちするように感じました。

Galaxy S22Pixel 6 Pro
バッテリー容量3,700mAh5,003mAh

その他スペック

その他のスペックは表のとおりで、大きな違いは生体認証の部分です。

Pixel 6 Proは画面内指紋認証のみで、精度が良くないためこの点はS22の方が優れています。

Galaxy S22Pixel 6 Pro
防水防塵IP68IP68
生体認証顔認証
画面内指紋認証
画面内指紋認証
おサイフケータイ国内対応
海外非対応
対応
ワイヤレス充電対応対応
5G対応対応
ペン

カメラ

Pixel 6 Pro
Pixel 6 Proの望遠で撮影。

カメラも両機種とも高水準の性能になっています。違いがあるのは望遠レンズで、Pixel 6 Proの方が解像度が高いです。

Galaxy S22
Galaxy S22の1倍で撮影。
Pixel 6 Pro
Pixel 6 Proで撮影。

実際の仕上がりは、S22はGalaxyらしくビビットな色合いに補正する一方で、Pixel 6 Proは自然な色味に仕上がります。

Galaxy S22
Galaxy S22のポートレート。
Pixel 6 Pro
Pixel 6 Proのポートレートで撮影。

どちらも暗所での撮影やポートレートでのボケ感は十分で、どちらが悪いといった差は基本的にありません。

Galaxy S22Pixel 6 Pro
インカメラ10MP11MP
アウトカメラ1(超広角)12MP12MP
アウトカメラ2(広角)50MP50MP
アウトカメラ3(望遠)10MP48MP
ズーム30倍20倍

価格

価格については、S22の国内版はキャリアのみの販売で12万円台、イオシスで海外版を購入する場合は109,800円~となっています。S22は今後中古も出てくると思うのでお得に買うならイオシスでの購入がおすすめです。

一方、Pixel 6 ProはGoogle Storeでは定価116,600円から購入可能です。

イオシスでは既に中古品や白ロムが出回っており、中古Bランクで97,800円からとかなりお得になっています。

Galaxy S22Pixel 6 Pro
Googleストア116,600円〜
ドコモ127,512円
au125,030円
ソフトバンク127,440円〜
イオシス109,800円〜
(海外版・未使用)
97,800円〜
(中古B)

コスパ&大画面か全体的な性能&操作性か

Pixel 6 Proは発売から半年以上経っているため、中古価格も下がっていてコスパ抜群です。また、S22と比べるとかなり大画面なので、大きい画面がほしい方には断然おすすめです。

ただ、画面内指紋認証や全体的なスペックなどはGalaxy S22の方が優れています。S22は細かい操作感もいいので、その辺りを比較して検討すると良いと思います。

Galaxy S22シリーズを安く購入するなら

Galaxy S22シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

最新情報をチェックしよう!