Galaxy S21 plus

Galaxy S21とiPhone 12はどっちを選ぶべき?最高スペック2機種を比較

Galaxy S21とiPhone 12、どちらもスマートフォンの中でも最高の性能を誇るハイエンド端末です。これはどっちを買うとよいか、非常に迷いますよね。

ということで、実際に両方購入した私が、購入時のチェックポイントや選び方を解説していきます。

Galaxy S21シリーズを安く購入するなら

Galaxy S21シリーズを安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。



海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。



SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

Samsung Galaxy S21 5G (SM-G9910) 256GB+8GB RAM/Snapdragon 888 / グローバル版 SIMフリー / 6.2 inch/Dual SIM / 12+64+12MP Triple Camera / 4000mAh バッテリー/日本語対応 / (Phantom Violet/ファントムバイオレット)
不明

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

1位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ。他社から乗り換えで機種代もかなり安いモデルも豊富です。)

IIJmio(みおふぉん)

2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ。20GBでも2,728円(税込)と品質もコスパも非常に高いです。5月7日まで新生活キャンペーンを実施中です。期間中にMNPをするとスマホプランだと1万2000円相当、ミニプランだと3000円相当のPayPayポイントが進呈されるのでお得です。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

LINEMO

3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても無制限で月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。大容量で使うなら他社と比べて通信料金がかなりお得です。)



Galaxy S21シリーズのスペックや特徴

スペックや特徴を見ていきましょう。

Galaxy S21シリーズのスペック表

Galaxy S21Galaxy S21+Galaxy S21 Ultra
ストレージ容量(ROM)128GB/256GB128GB/256GB128/256/512GB
価格799ドル(約83,000円)〜999ドル(約103,000円)〜1,199ドル(約124,000円)〜
CPUSnapdragon 888もしくはExynos 2100Snapdragon 888もしくはExynos 2100Snapdragon 888もしくはExynos 2100
メモリ(RAM)8GB8GB12GB/16GB(ROM512GBモデルのみ)
ディスプレイサイズ6.2インチ
フラットディスプレイ
6.7インチ
フラットディスプレイ
6.8インチ
エッジディスプレイ
解像度1080 × 2400 421ppi(48-120Hz)1080 × 2400 394ppi(48-120Hz)1440 × 3200 515ppi(10-120Hz)
本体サイズ71.2×151.7×7.9mm75.6×161.5×7.8mm75.6×165.1×8.9mm
重量169g200g227g
背面カメラ超広角:12MP, F2.2(120˚)
広角:12MP, F1.8(79˚)
望遠:64MP, F2.0(76˚)
3眼カメラ
スペースズーム:最大30倍
超広角:12MP, F2.2(120˚)
広角:12MP, F1.8(79˚)
望遠:64MP, F2.0(76˚)
3眼カメラ
スペースズーム:最大30倍
超広角:12MP, F2.2(120˚)
広角:108MP, F1.8(83˚)
望遠1:10MP, F2.4(35˚)
望遠2:10MP, F4.9(10˚)
レーザーAF
4眼カメラ
スペースズーム:最大100倍
全面カメラ10MP, F2.2(80˚)10MP, F2.2(80˚)40MP, F2.2(80˚)
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応ワイヤレス充電(Qi)対応ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68IP68IP68
SDカード非対応非対応非対応
認証方法顔認証、画面内超音波指紋認証顔認証、画面内超音波指紋認証顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ国内版対応、海外版非対応国内版対応、海外版非対応国内版非対応、海外版非対応
イヤホンジャックなしなしなし
バッテリー容量4,000mAh4,800mAh5,000mAh
カラーバリエーション・ファントムピンク
・ファントムグレー
・ファントムホワイト
・ファントムバイオレット
・ファントムブラック
・ファントムシルバー
・ファントムブラック
・ファントムシルバー
その他Sペン対応

Galaxy S21シリーズの特徴

Galaxy S21
引用:galaxymobile.jp
  • 申し分ない最強の性能
  • Galaxy S21とGalaxy S21+はようやくフラットディスプレイに
  • Galaxy S21 UltraはついにSペン対応
  • AIによる画像補正も素晴らしい圧倒的なカメラ性能

iPhone 12のスペック

iPhone 12

まずはスペックを見ていきましょう。

iPhone 12iPhone 12 miniiPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max
ストレージ容量(ROM)64GB/128GB/256GB64GB/128GB/256GB128GB/256GB/512GB128GB/256GB/512GB
価格94,380円〜82,280円〜117,480円〜129,580円〜
CPUA14 BionicチップA14 BionicチップA14 BionicチップA14 Bionicチップ
メモリ(RAM)4GB4GB6GB6GB
ディスプレイサイズ6.1インチ5.4インチ6.1インチ6.7インチ
解像度2532×1170 460ppi2340×1080 476ppi2532×1170 460ppi2778×1284 458ppi
本体サイズ146.7×71.5×7.4mm131.5×64.2×7.4mm145.7×71.5×7.4mm160.6×78.1×7.4mm
重量162g133g187g226g
メインカメラ12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角)(デュアルカメラ)12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角)(デュアルカメラ)12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角) +12MP(F2.0 望遠)(トリプルカメラ)12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.6 広角) +12MP(F2.2 望遠)(トリプルカメラ)
インカメラ12MP(F2.2)12MP(F2.2)12MP(F2.2)12MP(F2.2)
充電方法MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応MagSafe/ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68IP68IP68IP68
SDカード非対応非対応非対応非対応
認証方法Face IDFace IDFace IDFace ID
おサイフケータイ対応対応対応対応
イヤホンジャック非搭載非搭載非搭載非搭載
バッテリー容量2,775mAh2,227mAh2,775mAh3,687mAh
カラーバリエーションブルーブルーパシフィックブルーパシフィックブルー
グリーングリーンゴールドゴールド
(PRODUCT)RED™(PRODUCT)RED™グラファイトグラファイト
ホワイトホワイトシルバーシルバー
ブラックブラック

iPhone 12のレビュー

iPhone 12の詳しい使い勝手やレビューはこちらに記事にしました。

関連記事

いよいよ発売されたiPhone 12。大画面にカメラ性能も良く、その上コスパ抜群のモデルにしあがっています。 しかし今回はそれ以上にデザインが素晴らしいんです。ということで発売日に購入しましたので、さっそくレビューしていきたい[…]

iPhone 12

Galaxy S21とiPhone 12の項目別比較

この両者の違いを項目別に見ていきましょう。

AndroidとiOSの比較

AndroidでもiOSでも、通話をする、アプリを使う、写真を撮るなどのスマートフォンとしての基本性能はほとんど変わりません。最新のスマートフォンはヘビーユーザーでなければ、どちらを選んでも利用に支障はありませんが、それぞれに特徴があります。

Androidの特徴

  • 全世界で70パーセント以上のシェアを誇る
  • Googleが開発/提供しているAndroid OSはソニーやGalaxyなど世界中のメーカーが採用しているので選択肢が豊富
  • スマートフォンのカスタマイズの自由度が高く、自分好みに使いやすくカスタマイズできる
  • Googleサービス全般との連携がしやすい(Googleカレンダー、GoogleDocsなど)
  • AndroidはiPhoneと比較しても自由でハード的な制約がないので尖ったモデルも存在する

iOSの特徴

  • シンプルで洗練されたデザインで説明書がなくても直感的にで利用できる
  • iOSはAppleの「iPhone」のみ
  • セキュリティが強い分、ダウンロードできないアプリや利用できないサービスがある
  • 周辺機器が充実しており、Air PodsやMac、iPadなどと、連携して利用しやすい
  • Androidと比べ制約が多いがシンプルなので、動作はサクサクと操作しやすい

しっかりとコントロールされたOSで、シンプルな操作感とサクサク動くのがiOS、反対にフリーダム丸出しですが、トガりまくれるのがAndroidです。Galaxy S21はAndroid、iPhone 12はiOSです。

基本処理性能の比較

CPU

処理性能や動作のサクサク感はCPU(チップセット)が鍵を握るわけですが、Galaxy S21はSnapdragon888、iPhone 12はA14 BionicというCPUを搭載しています。

どちらも最高スペックのスマートフォンなので、Web閲覧やInstagram、Twitter、LINEなどのSNS操作などの日常利用で違いが感じられることは、ほぼないです。編集作業や重たいグラフィックゲームなどの操作では処理能力が高ければ高いほど、快適でなめらかな操作が可能ですが、どちらかが遅いと感じることはありません。

数値上では、iPhone 12が搭載しているA14 Bionicのほうがシングルコアで約30%、マルチコアだと約10%性能が高いので、より高速で、なめらかな操作が可能です。まあ、実際の操作感ではそこまでわからないのですが。

カメラの比較

Galaxy S21 plus

iPhone 12

それぞれ、複数レンズ搭載だけではなく、高倍率ズームや手振れ補正、ポートレート機能も実装しており、スマートフォンを選ぶ大きな基準となるカメラ性能ですが、単純比較では画素数やセンサーでもGalaxyのほうが優れています。

Galaxy Z Fold 2

こちらはGalaxy S21で撮影した写真ですが、AIで鮮やかな画像補正をしてくれています。

iPhone 12

こちらはiPhone 12で撮影した写真です。iPhone 12のカメラも超広角レンズを搭載し、一般的なスマートフォンと比較すると自然な仕上がりで、ボケ感も素晴らしい、きれいな写真撮影が可能です。

しかしながら、こればっかりはGalaxy S21のほうが上です。

バッテリーの比較

スマートフォンが高スペックになると、当然消費エネルギーも増加するので、バッテリー持ちに影響します。どちらもワイヤレス充電に対応しているので、充電ケーブルを差し込む煩わしさから解放されますね。

  • iPhoneシリーズ:2,227mAh~3,687mAh
  • Galaxyシリーズ:4,000mAh~5,000mAh

バッテリー容量はGalaxyシリーズに軍配が上がります。特にGalaxy S21 Ultraの5,000mAhはかなりの大容量です。大型バッテリー内蔵の割に、本体重量がiPhone 12とほとんど変わらないのもポイントです。

実際に利用すると、小型モデルのiPhone 12 mini、Galaxy S21でも十分1日持ちます。上位モデルのiPhone 12 Pro MaxやGalaxy S21 Ultraではさらに安心できます。

価格の比較

  • Galaxy S21 :約83,000円
  • Galaxy S21 +  :約104,000円
  • Galaxy S21 Ultra  :約124,000円

もっとも安価なGalaxy S21は8万円台から。Galaxy S21 Ultraは12万円台です。

  • iPhone12    :約85,800円
  • iPhone12 mini   :約74,800円
  • iPhone12 Pro   :約106,800円
  • iPhone12 Pro Max:約117,800円

ハイエンド端末だけあり、どちらも10万円前後と高額ですが、日常でもストレスなく、旅行でも最高の写真が撮れるので、十分な価値があります。毎日使うものなので、余計なイライラ感じたくないですよね。

Galaxy S21とiPhone 12はどちらを買うべき?

Galaxy S21 plus

どちらも最高性能のスマートフォンで、かなり似た感じの価格設定です。

iPhone 12

シンプルな操作感とApple製品が好きであれば断然iPhone 12がおススメです。

Android OSのGalaxyシリーズは端末設定や画面のカスタマイズが自由にできるので、自分好みに使いたい、縛られたくない人はGalaxy S21がおススメです。

どちらかを選ぶのであれば、カメラ写りが優れていたり、同じ重量感でもバッテリー容量が多いことを加味すると、アップル製品にこだわりがないのであれば、Galaxy S21がいいです。

Galaxy S21 plus

最先端の技術を詰め込んだハイエンドスマホなので、どちらを選んでも毎日を快適に過ごせるでしょう。

Galaxy S21シリーズを安く購入するなら

Galaxy S21シリーズを安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。



海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。



SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

Samsung Galaxy S21 5G (SM-G9910) 256GB+8GB RAM/Snapdragon 888 / グローバル版 SIMフリー / 6.2 inch/Dual SIM / 12+64+12MP Triple Camera / 4000mAh バッテリー/日本語対応 / (Phantom Violet/ファントムバイオレット)
不明

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

1位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ。他社から乗り換えで機種代もかなり安いモデルも豊富です。)

IIJmio(みおふぉん)

2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ。20GBでも2,728円(税込)と品質もコスパも非常に高いです。5月7日まで新生活キャンペーンを実施中です。期間中にMNPをするとスマホプランだと1万2000円相当、ミニプランだと3000円相当のPayPayポイントが進呈されるのでお得です。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

LINEMO

3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても無制限で月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。大容量で使うなら他社と比べて通信料金がかなりお得です。)



Galaxy S21 plus
最新情報をチェックしよう!