Galaxy S21 plus

Galaxy S21は格安SIMで使えるのか?

超ハイスペックで泣く子も黙るGalaxyシリーズの最新モデルのGalaxy S21シリーズ。

Galaxy S21は超高性能なハイスペック端末なので本体価格も高額です。

そうなると、格安SIMなどで、少しでもお得に使いたいですよね。

ということで、発売日にGalaxy S21を購入し、たくさんのSIMで運用している私が解説いたします。

Galaxy S21シリーズを安く購入するなら

Galaxy S21シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

Galaxy S21シリーズのスペックや特徴

スペックや特徴を見ていきましょう。

Galaxy S21シリーズのスペック表

Galaxy S21Galaxy S21+Galaxy S21 Ultra
ストレージ容量(ROM)128GB/256GB128GB/256GB128/256/512GB
価格799ドル(約83,000円)〜999ドル(約103,000円)〜1,199ドル(約124,000円)〜
CPUSnapdragon 888もしくはExynos 2100Snapdragon 888もしくはExynos 2100Snapdragon 888もしくはExynos 2100
メモリ(RAM)8GB8GB12GB/16GB(ROM512GBモデルのみ)
ディスプレイサイズ6.2インチ
フラットディスプレイ
6.7インチ
フラットディスプレイ
6.8インチ
エッジディスプレイ
解像度1080 × 2400 421ppi(48-120Hz)1080 × 2400 394ppi(48-120Hz)1440 × 3200 515ppi(10-120Hz)
本体サイズ71.2×151.7×7.9mm75.6×161.5×7.8mm75.6×165.1×8.9mm
重量169g200g227g
背面カメラ超広角:12MP, F2.2(120˚)
広角:12MP, F1.8(79˚)
望遠:64MP, F2.0(76˚)
3眼カメラ
スペースズーム:最大30倍
超広角:12MP, F2.2(120˚)
広角:12MP, F1.8(79˚)
望遠:64MP, F2.0(76˚)
3眼カメラ
スペースズーム:最大30倍
超広角:12MP, F2.2(120˚)
広角:108MP, F1.8(83˚)
望遠1:10MP, F2.4(35˚)
望遠2:10MP, F4.9(10˚)
レーザーAF
4眼カメラ
スペースズーム:最大100倍
全面カメラ10MP, F2.2(80˚)10MP, F2.2(80˚)40MP, F2.2(80˚)
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応ワイヤレス充電(Qi)対応ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68IP68IP68
SDカード非対応非対応非対応
認証方法顔認証、画面内超音波指紋認証顔認証、画面内超音波指紋認証顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ国内版対応、海外版非対応国内版対応、海外版非対応国内版非対応、海外版非対応
イヤホンジャックなしなしなし
バッテリー容量4,000mAh4,800mAh5,000mAh
カラーバリエーション・ファントムピンク
・ファントムグレー
・ファントムホワイト
・ファントムバイオレット
・ファントムブラック
・ファントムシルバー
・ファントムブラック
・ファントムシルバー
その他Sペン対応

Galaxy S21シリーズの特徴

Galaxy S21
引用:galaxymobile.jp
  • 申し分ない最強の性能
  • Galaxy S21とGalaxy S21+はようやくフラットディスプレイに
  • Galaxy S21 UltraはついにSペン対応
  • AIによる画像補正も素晴らしい圧倒的なカメラ性能

格安SIMのメリット

格安SIMは大手通信キャリアの回線を使いながらもその費用は格段に安いのが特徴です。格安SIMの一番大きなメリットは料金の安さです。

メイン回線としてはもちろん、Wi-Fi環境下での利用が多く、データ容量をあまり必要としない場合、2台目以降のサブ端末として利用する場合などは、特にコストダウンを期待できます。

また、格安SIMの場合、大手通信キャリアよりも低容量のデータプランが充実していたり、契約期間の縛りがないこともあり、自分に合った内容で契約できることも魅力的です。

Galaxy S21は格安SIMで利用可能

Galaxy S21 plus

Galaxy S21シリーズも格安SIMで利用することができます。Galaxy S21は格安SIMメーカーでは購入できないので、購入方法については後述します。

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクのいずれかの回線を利用しています。同じ格安SIMの中でもドコモ、au、ソフトバンクの中から複数のキャリア回線を選べることも多いです。

ドコモ系格安SIMの例

  • IIJmio
  • QTモバイル(Dタイプ)
  • OCNモバイルONE(ドコモ回線)
  • イオンモバイル(ドコモ回線)
  • mineo(Dプラン)
  • BIGLOBEモバイル(タイプD)など

au系格安SIMの例

  • UQモバイル
  • IIJmio(タイプA)
  • QTモバイル(Aタイプ)
  • nuroモバイル(au回線)
  • イオンモバイル(au回線)
  • mineo(Aプラン)

ソフトバンク系格安SIMの例

  • ワイモバイル
  • QTモバイル(Sタイプ)
  • nuroモバイル(ソフトバンク回線)
  • mineo(Sプラン)

ドコモ系が周波数的にも使いやすいですし、種類も圧倒的に多いのですが、その分利用者が多いため、お昼休みや通退勤時間には混雑して遅くなることが多いです。

au、ソフトバンク系は利用者が比較的少ないので、ピーク時でも速度はマシなことが多いですが、利用周波数やVoLTEの相性などが良くないこともあるので、悩むところです。

Galaxy S21を格安SIMで利用する方法

Galaxy S21シリーズは高価格端末なので、残念ながら格安SIMで本体を購入することができません。

キャリアで購入した端末で乗り換えるか、最初から白ロム(SIMフリー)端末を購入するかの2通りになりますが、各キャリアモデルで対応周波数帯が異なるので、対応周波数帯を購入前に確認しましょう。

ドコモが利用している通信周波数

  • バンド1   :ドコモ主力の周波数帯で、ほとんどの高速通信がバンド1なのでドコモなら対応必須
  • バンド3   :ドコモの東名阪エリア限定の高速周波数帯なので非対応でも支障なし
  • バンド19/28 :ドコモのプラチナバンドで、山間部や地下をカバーしているので対応していると望ましい
  • バンド21  :地方メインの補助的なバンドなので非対応でも支障なし
  • バンド42  :プレミアム4Gの超高速通信なので、非対応でも支障なし

auが利用している通信周波数

  • バンド1   :au主力の周波数帯で、auならば対応必須
  • バンド3   :auに比較的最近追加された周波数帯なので非対応でも支障なし
  • バンド11   :補助的なバンドなので非対応でも支障なし
  • バンド18  :auの主力周波数帯かつ、プラチナバンドで、山間部や地下をカバーしているので対応必須
  • バンド26/28 :auのバンド18に非対応でも、山間部や地下をカバーしているので対応していると望ましい
  • バンド41/42 :CAなどの高速通信用なので非対応でも支障なし

ソフトバンクが利用している通信周波数

  • バンド1   :ソフトバンク主力の周波数帯で、ソフトバンクならば対応必須
  • バンド3   :ワイモバイルの主力周波数帯なので、ワイモバイルのSIMなら対応必須
  • バンド8/28  :ソフトバンクのプラチナバンドで、山間部や地下をカバーしているので対応していると望ましい
  • バンド11  :補助的なので非対応でも支障なし
  • バンド41  :WiMAX用なので非対応でも支障なし
  • バンド42  :AXGPなどの高速通信用なので非対応でも支障なし

キャリアで購入後格安SIMにのりかえる

ドコモやauなどのキャリアで購入すると、SIMロックがかかっているため、端末の一括払いや、購入後90日以降など一定の条件を満たさないと解除できません。そのため、格安SIMに移行したい場合はあまりおススメできません

本体の対応周波数

Galaxy S21シリーズでも発売キャリアごとに対応周波数帯が異なります。
Galaxy S21シリーズの国内版は、ドコモとauから発売されています。

Galaxy S21 モデル別対応バンド

  • ドコモ版    :バンド1/3/19/21/28/42
  • au版      :バンド1/3/18/28/42
  • グローバル版  :バンド1/3/8/18/19/26/28/41/42

海外版が一番対応周波数帯が多いので、どの格安SIMでも安心して利用できます。

白ロムで購入する

「白ロム」とは、新品/中古問わず、通信会社のSIMカードが入っていない端末です。

シンプルに端末のみを購入することができるので、好きな格安SIMで契約することができます。

また、端末価格自体も圧倒的に低価格で購入できることがほとんどなので、格安SIMで契約すれば、通信費とセットでコストダウンすることができます。

中古品を購入する

白ロムの中にも新品/中古品がありますが、中古品は新品の端末よりもさらに低価格で購入することができます。

中古品の購入も場合、バッテリーの状態や外傷が気になるかと思いますが、状態がしっかり記載されていることがほとんなので安心して購入することができます。

中古品の中にもランクがあり、状態がいいものは新品に近い状態の端末もあります。

Galaxy S21お得に運用するなら格安SIM

Galaxy S21 plus

Galaxy S21シリーズは本体価格が高いので、購入方法と格安SIMを組み合わせると、キャリアで購入し契約するよりも何割も安く抑えられます。

超ハイスペックなGalaxy S21をお得に購入するには白ロム端末+格安SIM契約がもっともコストパフォーマンスが高いのでとてもおススメです。

Galaxy S21シリーズを安く購入するなら

Galaxy S21シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

Galaxy S21 plus
最新情報をチェックしよう!