Galaxy S20

Galaxy S20・Galaxy S20 Ultra 5Gのおすすめケースをタイプ別にご紹介

コンパクトかつ圧倒的な性能を誇るGalaxy S20。そしてめちゃめちゃ大きいGalaxy S20 Ultra。

ふとした瞬間に落としてしまいそうですよね。しかも高性能な分、値段も高いので落としたら最悪です。

ということで落として割らないように対策としてケースはつけておきたいところです。

日本発売前にGalaxy S20海外版をいち早く購入した私がタイプ別におすすめのケースをご紹介いたします。

Galaxy S21・Galaxy S20シリーズを安く購入するなら

Galaxy S21・Galaxy S20を安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発表されたGalaxy S21シリーズ。Galaxy S21は海外で発売されているグローバル版があり、さらに国内のキャリアからも発売されるでしょう。これだけあればどのモデルを買えばよいかわかりませんよね。ということで実[…]

Galaxy S21

Galaxy S20のスペックや特徴

まずはスペックや特徴を見ていきましょう。

Galaxy S20のスペック表

Galaxy S20Galaxy S20+Galaxy S20 Ultra
ストレージ容量(ROM)128GB128GB128/256/512GB
価格110,000円〜130,000円〜163,000円〜
CPUSnapdragon 865もしくはExynos 990Snapdragon 865もしくはExynos 990Snapdragon 865もしくはExynos 990
メモリ(RAM)8/12GB8/12GB12/16GB
ディスプレイサイズ6.2インチ6.7インチ6.9インチ
解像度1440 × 3200 563ppi(120Hz)1440 × 3200 563ppi(120Hz)1440 × 3200 563ppi(120Hz)
本体サイズ69.1 × 151.7 × 7.9mm74 × 162 × 7.8mm76.0 × 166.9 × 8.8mm
重量163g186g220g
メインカメラ望遠6.4MP(F2.0)+広角12MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)(トリプルカメラ)望遠6.4MP(F2.0)+広角12MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)+ToFセンサー(クアッドカメラ)望遠180MP(F3.5)+広角48MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)+ToFセンサー(クアッドカメラ)
インカメラ10MP10MP40MP
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応ワイヤレス充電(Qi)対応ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68IP68IP68
SDカード対応対応対応
認証方法顔認証、画面内超音波指紋認証顔認証、画面内超音波指紋認証顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ国内版対応、海外版非対応国内版対応、海外版非対応国内版非対応、海外版非対応
イヤホンジャックなしなしなし
バッテリー容量4,000mAh4,500mAh5,000mAh
カラーバリエーションコズミックグレーコズミックグレーコズミックグレー
クラウドブルークラウドブルーコズミックブラック
クラウドピンク
コズミックホワイト

Galaxy S20の特徴

  • 申し分ない最強の性能
  • AIによる画像補正も素晴らしい圧倒的なカメラ性能
  • 必要な機能はほとんど搭載

Galaxy S20の詳細なレビューはこちらです。

Galaxy純正のおすすめケース

Galaxyシリーズは純正ケースの種類が豊富で、かなり魅力的なケースが多いです。

まずはCLEAR VIEW COVER。フリップタイプになっていて閉じると右側に必要な情報が表示されるという機能性も抜群のケースです。

こちらはLEDのドットで時間などが表示されます。ドット表示がレトロ感を演出していてGoodです。

リモワのスーツケースのような、質実剛健な見た目で、スタンドも付いているので使いやすいケースです。こちらはGalaxy S20 Ultra用はありませんでした。

手帳型のおすすめケース

画面保護と所有感という2つの目的を満たせるのが手帳型ケース。

ちょこっと財布の名の通り、小銭などちょっとしたものを背面のファスナーポケットから入れておくことができます。最近人気のミニマル財布すら持たず、このケースならスマホだけで出歩くことができます。

オーソドックスな手帳型ケースですが価格が1,000円弱と圧倒的に安いです。

手帳型で高級なものも。栃木レザーを使用していてシンプルながらただものではない高級感が漂います。

バンパータイプのおすすめケース

Galaxy S20の美しいボディを活かすならバンパーケースもおすすめです。

バンパータイプは金属のものが多く、他のものを傷つけてしまう心配がありますが、RhinoShieldは金属ではないポリマー系の素材なので安心です。

オーソドックスなアルミバンパーです。金属系のバンパーは高価になりがちですが、こちらのバンパーはお求めやすいお値段です。

Galaxy S20 Ultraは完全なバンパーがなかったのでこちらを。かなり無骨なところがかっこ良く、サイドもすっきりしているので持ちやすさとGalaxy S20 Ultra本来のデザインも確保されています。

iFaceのGalaxy S20用ケース

iFaceのケースは丈夫さだけでなく見た目も可愛くおすすめです。

もちろんGalaxy S20用のiFaceのケースも発売されています。しかしGalaxy S20 Ultraはまだありませんでした。

おしゃれなおすすめケース

人と違った、ちょっと気の効いたおしゃれなデザインのケースです。

内側はソフトケースの代表であるTPU素材で外側は薄くスライスした木材という不思議なハイブリッドケースです。木の質感を感じることができます。

高級感のある大理石柄のケースです。外側からガラス、ポリカーボネート、TPUと3層構造になっているのでかなり丈夫です。こちらはGalaxy S20 Ultraはありませんでした。

薄くて丈夫なPITAKAのケース

薄さと丈夫さを両立したケースならPITAKAが一番おすすめです。

防弾チョッキにも使われるアラミド繊維を使用したPITAKAのケースです。薄さと耐衝撃性を兼ね備えておりおすすめです。

とにかく丈夫なSpigenのケース

老舗ケースメーカーシュピゲンのご存知ラギッドアーマーです。めちゃめちゃ衝撃に強くかっこいいです。

同じくシュピゲンのウルトラハイブリッドクリアケースです。クリアなのでGalaxy S20本来の美しさは残しつつ、完全武装に近い強さでおすすめです。

とにかく薄いmemumiのケース

極力ケースをつけるのがイヤなら、めちゃめちゃ薄いことに定評のあるmemumiのケースがおすすめです。

0.3ミリという極薄なので、本来のコンパクトさを失うことがありません。

特におすすめ3選

私が特におすすめしたいのはこの3つです。

Galaxy S20 Ultraはこちらです。

どれもGalaxy S20とGalaxy S20 Ultraの軽さや見た目の美しさを活かしたケースでおすすめです。高いGalaxy S20を壊さないようにしっかり保護しておきましょう。

Galaxy S21・Galaxy S20シリーズを安く購入するなら

Galaxy S21・Galaxy S20を安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発表されたGalaxy S21シリーズ。Galaxy S21は海外で発売されているグローバル版があり、さらに国内のキャリアからも発売されるでしょう。これだけあればどのモデルを買えばよいかわかりませんよね。ということで実[…]

Galaxy S21

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い実質負担額
ドコモ95,260円2,646円/月〜63,504円(スマホおかえしプログラム適用時)
au106,590円2,730円/月〜62,790円(かえトクプログラム適用時)

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

Galaxy S20
最新情報をチェックしよう!