スマホ

(比較)Galaxy S10eとiPhone XRはどっちを買うべき?コスパが良いのは?

2019年2月20日(日本時間:21日AM4時)、Samsungが最新モデル「Galaxy S10シリーズ」を発表しました。

今回は最新のGalaxy S10eと2017年に発売されたiPhone XRのスペック比較をしようと思います。

さっそく結論ですが、iPhone XRを買いましょう。

~終わり~

制作・著作:ひろ・K・トム

Galaxy S20を安く購入するなら

Galaxy S20を安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発売された圧倒的な性能を誇るGalaxy S20 5G。Galaxy S20は海外で発売されているグローバル版があり、さらに大手キャリアからは今年もドコモ、auから発売されました。これだけあればどのモデルを買えばよいかわ[…]

Galaxy S20

ドコモ・auでは販売終了となっていますが、ahamoでおトクに購入可能です。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

【比較】Galaxy S10eとiPhone XRを比較!スペックの変化は?

この先の記事を読む必要なんてないですよ!迷わずiPhone XRを買いましょう。そうすれば人生が救われます!(※ウソです。)

冗談はここまでにして、ここからは(たぶん)マジメにスペックを比較していきましょう。

Galaxy S10eのスペック特徴まとめ

Galaxy S10eはGalaxy S10シリーズの中では廉価モデルという位置づけです。

廉価モデルといえど、高性能なスペックを誇っています。日常利用やSNS運営、写真撮影や動画撮影といった機能は満足できるでしょう。

スペックについて視覚的に理解したい人は、こちらの記事を参考にしてください。一覧表形式で理解できるようにしています。

Galaxy S10eの特徴は「本体がイエローカラーに対応」「パンチホール型ディスプレイ」「本体側面での指紋認証」「小型で軽いけど高性能」という点です。

特に認証方法についてはGalaxy S10(S10+)と同じ「指紋認証+顔認証」ですが、Galaxy S10eの指紋認証は本体側面で行います。Galaxy S10(S10+)はディスプレイ上で指紋認証出来るので、大きな違いといえるでしょう。

パンチホール型ディスプレイについてはGalaxy S10(S10+)でも同じですが、そもそもパンチホール型ディスプレイ自体が珍しいです。画面占有率が向上しているので、これも大きな違いですね。

また、本体カラーの「カナリーイエロー」はGalaxy S10(S10+)にはない限定カラーです。これもGalaxy S10eならではですね!

iPhone XRのスペック特徴まとめ

iPhone XRの特徴は「6種類ものカラーバリエーション」「最新iPhoneで一番バッテリー持ちが良い」「6.1インチの大画面ディスプレイ」という点です。

iPhone XRを一言で表すなら「おしゃれスマホ」です。6種類もカラーバリエーションがあるので、自分の好きなアイドル・キャラクターのイメージカラーに合わせることが出来ます。

バッテリー持ちも、実はXSやXSMaxよりも良いんですよ!

iPhone XRとGalaxy S10eのスペック違いは?

パッと見て分かる違いは「背面カメラの搭載数」「カラーバリエーション」「本体サイズ・デザイン」といった所です。

では、ハードスペックの方はどうなのでしょうか?具体的に比較していきましょう。

CPUを比較!

Galaxy S10eのCPU詳細は判明していませんが、Snapdragon 855もしくはExynosの64ビットオクタコアだと言われています。

対するiPhone XRはA12 Bioticチップです。これはSnapdragon 845の2倍の処理能力を誇っているといわれています。

A12 BioticとSnapdragon 855のどちらが優れているかは実機での検証が必要ですが、どちらもハイエンドCPUを積んでいることは間違いなさそうです。(リンク先:iPhone Mania様)

ストレージ容量を比較!

Galaxy S10eはRAM:6GB/8GB、ストレージ:128GB/256GBです。

一方のiPhone XRはRAM:3GB(非公式)、ストレージ:64GB/128GB/256GBです。

ストレージの選択肢はiPhone XRの方が豊富ですが、RAM容量ではGalaxy S10eの方が優れてそうです。

RAM容量が多きければ動作遅延が発生しにくい=サクサク動く、という事になるのですが、iPhoneはRAM容量のわりに滑らかに動きます。RAM容量が少ない=動作がもっさり、というわけでは必ずしもなさそうです。

Galaxyシリーズを使っている人は、マイクロSDカードを利用してストレージ容量拡張しても良しです。SDカード選びのコツは、出来るだけ大容量のカードを選びましょう。SDカードはパソコンや他のスマホでも利用できます。お値段ケチって低容量モデルを買うと「安物買いの銭失い」になりますよ!

このマイクロSDカードはサムスン製なので、Galaxyシリーズとの相性もバッチリ!ニンテンドースイッチでも使えますよ!

ディスプレイサイズ・重量を比較!

Galaxy S10eは5.8インチディスプレイ搭載、重量150gです。一方のiPhone XRは6.1インチディスプレイの重量194gです。ディスプレイはiPhone XRの方が良いですが、それ以上に本体重量がUPしてます。

ディスプレイサイズと重量の兼ね合いを見ると、Galaxy S10eの方が軽くて大画面を楽しめそうです。

ディスプレイ画質を比較!

Galaxy S10eは解像度2,280 × 1,080のHDR+に対応したInfinity O AMOLED有機ELディスプレイです。

一方のiPhone XRは解像度1792×828(326ppi)の液晶ディスプレイです。

こうしてみると、Galaxy S10eは有機ELディスプレイを搭載しているにも関わらず価格を抑えることに成功していて凄いですね!

Galaxy S10eのディスプレイ特徴として、通常モードでもブルーライトをカットしている点ではないでしょうか?筆者はiPhoneやiPadは常にナイトシフトモード、パソコンを触るときはブルーライトカット眼鏡を着けています。色を変えずにブルーライト機能搭載は嬉しい人も多いですね!

カメラで撮った写真を見るのは主にスマホなので、ディスプレイの美しさにも気を使っているのが伺えます。

明るさを最適化するダイナミックトーンマッピング技術を採用したことで細部まで美しい映像を再生します。

引用元:engadget

バッテリー容量を比較!

Galaxy S10eのバッテリー容量は3,100mAhです。一方のiPhone XRのバッテリー容量は2942mAhです。

どちらもバッテリー容量だけ見ると心細いですよね…。ここはモバイルバッテリーを購入しませんか?

筆者のおすすめはコンセント付きモバイルバッテリー。モバイルバッテリーの充電もしながらスマホも充電できるスグレモノ。おまけに充電ポートも複数あります。かなりコスパ良いモノですよ!筆者も使ってます!

カメラ性能を比較!

Galaxy S10eは背面カメラにデュアルカメラ搭載(広角12MP+超広角16MP)、フロントはシングルカメラ(10MP)です。

一方のiPhone XRは背面カメラは12MP(シングルカメラ)、フロントカメラは7MP(シングルカメラ)です。

同じ価格帯でありながらデュアルカメラを搭載しているGalaxy S10e。ヤツは化け物か…!

防水性能を比較!

Galaxy S10eはIP68ですが、iPhone XRはIP67です。微妙な違いですが、Galaxy S10eの方が防水耐性は優れています。

ただし、水濡れによる故障はメーカーの保証外なので故意に水の中につけるのはやめておきましょう。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

スマホの水濡れ故障はIP68に対応していても起こり得ます。お風呂で内部結露してしまったり、海水浴しててスマホがサビてしまったらネタにしかなりません。ちゃんと防水ケースをしておきましょう。

水濡れ故障だと修理代金の相場は5万円以上、対して防水ケースは1,000円前後です。後悔先に立たず、悩む前にとりあえず買っときましょう。


カラーバリエーションを比較!

Galaxy S10eは「プリズムホワイト」「プリズムブラック」「プリズムグリーン」「プリズムブルー」「カナリーイエロー」の5色カラーバリエーションがあります。

対するiPhone XRは「(PRODUCT)RED™」「イエロー」「ホワイト」「コーラル(オレンジ)」「ブラック」「ブルー」の6種類です。

選択肢としてはiPhone XRの方が豊富ですがGalaxy S10eも良い感じのカラーがそろっていますね!

ただし、Galaxy S10eのカナリーイエローはパイナップルのようなはじける色合いですが、iPhone XRのイエローは落ち着きのある上品な色合いです。iPhone XRの方が大人な感じがしますよ!(※個人の感想です。)

Galaxy S20を安く購入するなら

Galaxy S20を安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発売された圧倒的な性能を誇るGalaxy S20 5G。Galaxy S20は海外で発売されているグローバル版があり、さらに大手キャリアからは今年もドコモ、auから発売されました。これだけあればどのモデルを買えばよいかわ[…]

Galaxy S20

ドコモ・auでは販売終了となっていますが、ahamoでおトクに購入可能です。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

iPhone 12を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発売されたiPhoneの最新作、iPhone 12。ついに5Gに対応し、さらに今回も各通信会社とSIMフリー版が発売されます。そうなると、SIMフリー版のiPhone 12があなたのお使いの通信会社で使えるのかわ[…]

iPhone 12

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い実質負担額
ドコモ76,912円2,136円/月〜51,280円(スマホおかえしプログラム適用時)
au90,065円2,095円/月〜48,185円(かえトクプログラム適用時)
ソフトバンク87,840円1,830円/月〜43,920円(トクするサポート適用時)

iPhone 11はahamoでおトクに購入可能です。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

created by Rinker
Interactive Communications International
¥152,999(2021/06/14 22:01:07時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

楽天モバイルはなんといっても、使用量が1GBまでなら0円、さらにどれだけ使っても月額3,278円で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅵのコスパが驚異的です。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

ワイモバイルは家族での乗り換えなど、2回線以上契約の場合圧倒的にお得です。3GBまでなら月額990円、15GBまで使っても月額2,090円です。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

関連記事

いよいよサービス開始した5G。その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。今後最新モデルは5G対応の機種がメインになるでしょう。そうなると気になるのは5Gスマホでワイモバイルなどの回線が使えるかどうかという疑問が出てきま[…]

スマホ
最新情報をチェックしよう!