Galaxy S10

Galaxy S10/S10+とGalaxy Note9を比較!スペックの変化は?

日本時間2019年2月21日4時より、SamsungのGalaxy公式サイトより新製品発表イベント「Unpacked」が放送されました。

見てるだけでワクワクしますね。でも現行モデルとの違いがイマイチ分かりにくいかと思います。そこで今回はGalaxy Note9とスペック比較してみました!Galaxy S10は手書き対応していないので、あくまでも本体スペックの勝負です。

Galaxy S10を安く購入するなら

Galaxy S10シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auでは販売終了となっていますが、楽天モバイルでおトクに購入可能です。

楽天モバイルでは対象のAndroid端末とセットで最大25,000円分のポイント還元実施中です。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。


おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

Galaxy S10、Galaxy S10+のスペック特徴を簡単にまとめ!

特徴を簡単にまとめると「パンチホール型ディスプレイ」「トリプルカメラ搭載」「ディスプレイ上の指紋認証に対応」「最大でRAM12GB/ストレージ1.5TBに対応」という点ではないでしょうか?

GalaxyS10とS10+についてはこちらの記事も参考になります!

関連記事

日本時間2019年2月21日4時より、SamsungのGalaxy公式サイトより新製品発表イベント「Unpacked」が放送されました。見てるだけでワクワクしますよね!早く欲しいと衝動買いしそうですが、あれ?日本での発売日って言及さ[…]

スマホ
関連記事

日本時間2019年2月21日4時より、SamsungのGalaxy公式サイトより新製品発表イベント「Unpacked」が放送されました。見てるだけでワクワクしますよね!スペックが飛躍的に向上していて嬉しいですが、ネットワーク周りも大[…]

関連記事

世界のサムスンがリリースした最強スマホ、Galaxy S10シリーズ。そのスペックは他社の追随を許さず圧倒的なものとなっています。そうなると防水性能も当然最高レベル。ということでGalaxy S10の防水防塵性能について詳しく見てい[…]

Galaxy S10

GalaxyNote9のスペック特徴を簡単にまとめ!

GalaxyNote9は手書き性能が注目されがちです。しかし、実は本体スペックも2018年ハイエンドスマホの中でもトップクラスです。詳しくはこちらの記事が参考になります。

関連記事

ブランドって凄いですよね。本体の性能としては他のハイエンドスマートフォンとほとんど変わらないにもかかわらず多くの人が買ってくれますから。そんなハイブランド企業同士の激戦に巻き込まれてイマイチ日の目を見ることができないスマートフォンがあります[…]

Galaxy

GalaxyNote9の特徴は「手書き対応」「RAM:6GB」「6.4インチの有機ELディスプレイ」「デュアルカメラ搭載」という点です。

手書き性能に隠れがちですが、実は本体スペックも高い「万能スマホ」というイメージです。

おおまかに特徴を掴んだところで、個別に性能をチェックしていきましょう。

Galaxy Note 20 Ultraを購入するなら

Galaxy Note 20 Ultraを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

Galaxy S10、Galaxy S10+とGalaxyNote9のスペック違いを簡単にまとめ!

GalaxyNote9は手書き対応していますが、GalaxyS10(S10+)は手書き対応していません。RAM容量はGalaxyS10(S10+)の方が凄いですが、GalaxyNote9の6GBもなかなか凄いです。スマホのRAMは4GBぐらいが一般的です。

カメラもトリプルかデュアルかの違いはありますが、12MPの解像度とGalaxyS9も負けていません。ただ、超広角撮影に対応しているGalaxyS10(S10+)にはどうしても見劣りしてしまいます。

GalaxyNote9の6.4インチディスプレイはGalaxyS10+と同じ大きさです。解像度も負けていませんので、良い勝負が出来ているのではないでしょうか?

Galaxy S10、Galaxy S10+とGalaxyNote9のCPUを比較!

GalaxyS10(S10+)のCPU詳細は判明していませんが、Snapdragon 855もしくはExynosの64ビットオクタコアだと言われています。

一方のGalaxyNote9はSnapdragon 845のオクタコアCPUです。どちらもオクタコアですが、CPUの処理性のはGalaxyS10(S10+)の方が上になるでしょう。

しかし、GalaxyNote9のCPUパワーもまだまだハイスペックです!今が逆に買い時かもしれません。

Galaxy S10、Galaxy S10+とGalaxyNote9のストレージ容量を比較!

GalaxyS10はRAM:8GB、ストレージ:128GB/512GB、GalaxyS10+はRAM:8GB/12GB、ストレージ:128GB/512GB/1TBです。

一方のGalaxyNote9はRAM:6GB、ストレージ:128GBです。

どちらもSDカードに対応しているので容量拡張は出来ます。しかし、内蔵ストレージが大きいGalaxyS10(S10+)の方が最大容量は大きいですね。

筆者としては、動画撮影や電子書籍をたくさん持ち歩くのでなければ64GBでも十分かなと思います。

Galaxy S10、Galaxy S10+とGalaxyNote9のディスプレイサイズ・重量を比較!

GalaxyS10は6.1インチの157g、GalaxyS10+は6.4インチの175g(セラミックモデルは198g)です。

一方のGalaxyNote9は6.4インチの201gです。ディスプレイサイズはGalaxyS10+と同じですが、重量は一番重いです。

実はGalaxyS10(S10+)はディスプレイ上で指紋認証が出来ます!代わりに虹彩認証が無くなってしまいましたが…

私たちは指紋スキャナーを背面から前面へと移動させ、画期的なオンスクリーンセンサーを生み出しました。 超音波パルスを用いて、指紋の凹凸を精密に検出することで、あなただけが自分のスマートフォンにアクセスすることができます。ロックを解除して好きなアプリを楽しむまでの安全性と利便性を両立しました。

引用元:GalaxyS10公式サイト

Galaxy S10、Galaxy S10+とGalaxyNote9のディスプレイ画質を比較!

GalaxyS10は解像度1440 x 3040(550ppi)、GalaxyS10+は解像度1440 x 3040(522ppi)です。

一方のGalaxyNote9は解像度1440×2960(516ppi)です。やはり最新のGalaxyS10(S10+)の方がディスプレイは美しそうですね!

参考に、GalaxyS10(S10+)に搭載されている新ディスプレイを紹介させていただきます。

次世代のダイナミックAMOLEDスクリーンはHDR10+規格に対応。各シーンで驚くほどリアルな色とコントラスト、さらに暗いシーンでもダイナミックなトーンマッピングを実現します。 明るい画面でも、明るい日中でも、はっきりと見ることができます。ステレオスピーカーとDolby Atmosを組み合わせると、まさに没入状態です。

引用元:GalaxyS10公式サイト

Galaxy S10、Galaxy S10+とGalaxyNote9のバッテリー容量を比較!

GalaxyS10は3,400mAh、Galaxy S10+は4,100mAhのバッテリーを搭載しています。

一方のGalaxyNote9は4,000mAhのバッテリーを搭載しています。バッテリー持ちはGalaxyNote9さんが優れてそうに思えますね。

しかし、GalaxyS10(S10+)は不要なアプリを自動で切ったりしてくれるので、バッテリー持ちも改善しているみたいです。またGalaxyS10(S10+)のバッテリーはワイヤレス充電対応機器にスマホから充電できます。

Galaxy S10e、S10、S10+は、日常生活や使用パターンを学び、不要なアプリの電源を切ります。 また、Adaptive Power Saving モードは、1日の予測に基づいてバッテリーの寿命を管理します。そしてGalaxy S10+の最大4,100mAh(Typical)のバッテリー容量により、より多くの時間をより少ない充電時間で過ごすことができます。

引用元:GalaxyS10公式サイト

Galaxy S10、Galaxy S10+とGalaxyNote9のカメラ性能を比較!

Galaxy S10とS10+は望遠12MP+広角12MP+超広角16MPのトリプルカメラ搭載。一方のGalaxyNote9は12MPのデュアルカメラを搭載しています。

GalaxyS10(S10+)はカメラ性能にかなり力を入れてきたことが伺えます。

GalaxyS10(S10+)のカメラはシーン別に自動で最適なカメラモードへ変更してくれます。最近はこういったAI搭載カメラのスマホが多いですが、いよいよGalaxyも本格的に参入してきましたね!

改良されたシーン判別機能は、30の主なテーマを認識して、あなたの撮影をサポートするインテリジェントフォトアシスタントです。 Local Tone Mappingは、カメラの設定をシーンに合わせて自動的に調整し、ベストショットを捉えるのに役立ちます。さらに、失敗写真検出機能が誤った撮影時にお知らせしてくれます。

引用元:Galaxy公式サイト

Galaxy S10、Galaxy S10+とGalaxyNote9の防水性能を比較!

Galaxy S10、Galaxy S10+とGalaxyNote9はどちらもIP68の最高クラスの防水防塵性能を備えています。

ただし、水濡れによる故障はメーカーの保証外なので故意に水の中につけるのはやめておきましょう。

GalaxyS10(S10+)の防水防塵性能についてはこちらの記事が参考になります。

関連記事

世界のサムスンがリリースした最強スマホ、Galaxy S10シリーズ。そのスペックは他社の追随を許さず圧倒的なものとなっています。そうなると防水性能も当然最高レベル。ということでGalaxy S10の防水防塵性能について詳しく見てい[…]

Galaxy S10

Galaxy S10、Galaxy S10+とGalaxyNote9のスピーカー・音質を比較!

GalaxyS10(S10+)は音響機器メーカーのAKGによって調整されたステレオスピーカーを搭載しています。実はGalaxyNote9もAKGが監修してるんですけどね。

スピーカーがどちらもスマホの上部と下部に搭載されているので、高音質なステレオ音源を体感できそうです。

GalaxyS9のスピーカーについてはこちらの記事が参考になります。GalaxyS10(S10+)もAKGのイヤホンが付属してます。

関連記事

ついに発売された世界のフラッグシップスマートフォン、SAMSUNG Galaxy S9!!私も無事入手しました!自分は大好きなGalaxyシリーズの最新作ということで何のためらいもなく飛びつきましたが、他のモデルと迷っている方もいら[…]

スマホ
関連記事

世界のSamsungからリリースされた最強フラッグシップスマートフォン Galaxy Note 9!死角無しのGalaxy Note 9はスピーカーも凄かった!ということで今回はGalaxy Note 9のスピーカーを解説します[…]

Galaxy

Galaxy S10、Galaxy S10+とGalaxyNote9のカラーバリエーションを比較!

GalaxyS10は「プリズムホワイト」「プリズムブラック」「プリズムグリーン」「プリズムブルー」「カナリーイエロー」「フラミンゴピンク」、GalaxyS10+はこの6種類に加えてセラミック版「プリズムホワイト」、セラミック版「プリズムブラック」の計8種類です。一方のGalaxyNote9は「ミッドナイトブラック」「オーシャンブルー」の2種類です。

GalaxyS10シリーズはカラーバリエーションが豊富ですね。ここまでカラーバリエーションが豊富なのはiPhoneXRぐらいかもしれません。

自分の応援しているアイドルやキャラクターのイメージカラーに合わせて色を選んだりと、カラーの選択にもセンスが試されてきますね。

Galaxy S10を安く購入するなら

Galaxy S10シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auでは販売終了となっていますが、楽天モバイルでおトクに購入可能です。

楽天モバイルでは対象のAndroid端末とセットで最大25,000円分のポイント還元実施中です。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。


おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

Galaxy S10
最新情報をチェックしよう!