Galaxy Note 20 Ultra

Galaxy Note 20 UltraとiPhone 11 Pro Maxはどっちを買うべき?(比較)

日本でも発売されることが発表されたGalaxy Note 20 Ultra。

圧倒的な性能ですが、iPhoneシリーズのフラッグシップモデルiPhone 11 Pro Maxも負けてはいません。ということでどちらも発売日に購入した私がこの両者を比較していきます。

Galaxy Note 20 Ultraを購入するなら

Galaxy Note 20 Ultraを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
ドコモ
¥132,800(2022/12/03 19:17:00時点 Amazon調べ-詳細)

ケースも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

Galaxy Note 20 Ultraのスペックと特徴

Galaxy Note 20 Ultraのスペックと特徴を見ていきましょう。

Galaxy Note 20 Ultraのスペック

Galaxy Note 20
ストレージ容量(ROM)128GB/256GB/512GB
価格未定
CPUSnapdragon 865+/Exynos990
メモリ(RAM)8/12GB
ディスプレイサイズ6.9インチ
解像度1440×3088 498ppi(120Hz)
本体サイズ77.2×164.8×8.1mm
重量208g
メインカメラ望遠12MP(F3.0)+広角108MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)+レーザーAF
インカメラ10MP
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68
SDカード対応
認証方法顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック無し
バッテリー容量4,500mAh
カラーバリエーションミスティックブロンズ
ミスティックブラック
ミスティックホワイト

Galaxy Note 20 Ultraの特徴

Galaxy Note 20 Ultra

特徴をまとめると

  • 6.9インチのタブレット級の大画面
  • 1億画素という驚異的なカメラ
  • 応答速度120Hzでなめらかなディスプレイ
  • 遅延が9msまで向上しApple Pencilに追いついたSペン

という点があげられます。

Galaxy Note 20 Ultraの実際のレビューはこちら。

関連記事

いよいよリリースされたGalaxy Note 20 Ultra。 日本でも発売されるのは間違いないですが、海外では一足先にリリースされましたので、早速海外版を購入しました。ということでGalaxy S2からほぼ毎回Galaxy[…]

Galaxy Note 20 Ultra

iPhone 11 Proのスペックや特徴

まずはiPhone 11 Proのスペックや特徴を見ていきましょう。

iPhone 11 Proのスペック

まずはスペックを見ていきましょう。

iPhone 11 Pro
ストレージ容量(ROM) 64GB/256GB/512GB
価格 106,800円〜
CPU A13 Bionicチップ
メモリ(RAM) 4GB
ディスプレイサイズ 5.8インチ
解像度 2436×1125 458ppi
本体サイズ 144.0×71.4×8.1mm
重量 188g
メインカメラ 12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.8 広角) +12MP(F2.0 望遠)(トリプルカメラ)
インカメラ 12MP(F2.2)
充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵 IP68
SDカード 非対応
認証方法 Face ID
おサイフケータイ 対応
イヤホンジャック 非搭載
バッテリー容量 3,190mAh
カラーバリエーション ミッドナイトグリーン
シルバー
スペースグレイ
ゴールド

クアッドレンズカメラに圧倒的なスペック、文句なしのハイスペックマシーンに仕上がっています!

iPhone 11 Proのスペックの特徴

iPhone 11 Proは次のような特徴があります。

  • トリプルカメラ搭載でiPhoneでも超広角が楽しめるようになった
  • バッテリー持ちがiPhone XSから4時間も改善
  • スマホ史上最速のCPUを搭載

iPhone 11 Proの詳しいレビューはこちらに記事にしています。

ACTIVATE

ついに2019年のiPhoneであるiPhone 11 Proが発売されました。 今回の目玉はやはりなんといってもカメラ…

Galaxy Note 20 UltraとiPhone 11 Proのスペックを比較

それではスペックを比較してみましょう。

Galaxy Note 20 UltraiPhone 11 Pro Max
ストレージ容量(ROM)128GB/256GB/512GB64GB/256GB/512GB
価格16万円〜129,800円〜
CPUSnapdragon 865+/Exynos990A13 Bionicチップ
メモリ(RAM)8/12GB4GB
ディスプレイサイズ6.9インチ6.5インチ
解像度1440×3088 498ppi(120Hz)2688×1242 458ppi
本体サイズ77.2×164.8×8.1mm158.0×77.8×8.1m
重量208g226g
メインカメラ望遠12MP(F3.0)+広角108MP(F1.8)+超広角12MP(F2.2)+ToFセンサー12MP(F2.4 超広角)+12MP(F1.8 広角) +12MP(F2.0 望遠)(トリプルカメラ)
インカメラ10MP12MP(F2.2)
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68IP68
SDカード対応非対応
認証方法顔認証、画面内超音波指紋認証Face ID
おサイフケータイ国内版対応、海外版非対応対応
イヤホンジャック無し非搭載
バッテリー容量4,500mAh3,969mAh
カラーバリエーションミスティックブロンズミッドナイトグリーン
ミスティックブラックシルバー
ミスティックホワイトスペースグレイ
ゴールド

Galaxy Note 20 UltraとiPhone 11 Pro Maxの違い

次のようなところに違いがあります。

  • Galaxy Note 20 Ultraは画面サイズが0.4インチ大きい6.9インチ
  • 本体サイズはGalaxy Note 20 Ultraのほうが0.6ミリ横幅が短く、6.8ミリ縦に長く、重量は18グラム軽い
  • カメラはGalaxy Note 20 Ultraは1億画素というとんでもないセンサーを搭載

CPU(チップセット)や処理性能を比較

CPUはGalaxy Note 20 Ultraは最高スペックのSnapdragon 865+、iPhone 11 Pro MaxはA13 Bionicです。

iPhone 11 Pro MaxのA13 Bionicのほうが性能は高いのですが、どちらもサクサクであることに違いありません。ここまで来ると体感ではあまり変わりません。

RAM(メモリ)・ストレージ容量を比較

メモリ

RAM(メモリ)は12GBという圧倒的な量を積んでいます。これだけ積んでいれば負荷がかかる作業でもサクサクです。

とはいえiPhone 11 Pro Maxは4GBしかありませんが、iPhoneはソフトの制御がしっかりしているので問題ありません。

どちらの機種もこれまでメモリが足りないと感じたことは一度もないです。

ディスプレイサイズ・本体サイズ・重量を比較

Galaxy Note 20 Ultra

Galaxy Note 20 Ultraは6.9インチ、iPhone 11 Pro Maxは6.5インチです。Galaxy Note 20 Ultraのほうが0.4インチ大きいです。

本体サイズはGalaxy Note 20 Ultraは0.6ミリ横幅が短く、6.8ミリ縦に長く、重量は18グラム軽いです。

ディスプレイ画質を比較

Galaxy Note 20 Ultra

Galaxy Note 20 Ultraの解像度は1440×3088です。 iPhone 11 Pro Maxの解像度は1242×2688です。Galaxy Note 20 Ultraのほうが情報量は多いです。

しかし体感ではそんなに差はわからないです。

生体認証を比較

Galaxy Note 20 Ultra

Galaxy Note 20 Ultraは画面内超音波指紋認証を搭載しています。

かなり精度が高く、画面に指を乗せるとロック解除できるので、かなり自然な流れです。

iPhone 11 Pro MaxはFace ID(顔認証)のみです。Galaxy Note 20 Ultraのほうが選択肢が多く良いです。

バッテリー容量を比較

バッテリー容量はGalaxy Note 20 Ultraは4,500mAh、iPhone 11 Pro Maxは3,969mAhです。

実際の使用感はどちらもかなり持ちます。Galaxy Note 20 Ultraは丸一日かなりいじり倒しても残量59%は残ります。

バッテリーのレビューはこちら。

関連記事

ようやく発売された今年のスマホ界最強モデルGalaxy Note 20 Ultra。もちろん今作もチップセット、カメラ、ディスプレイと最高性能のフラッグシップモデルとなっています。そうなると、圧倒的な性能ゆえにバッテリーが[…]

Galaxy Note 20 Ultra

カメラ性能を比較

Galaxy Note 20 Ultra
Galaxy Note 20 Ultraで撮影。0.5倍(超広角)
Galaxy Note 20 Ultra
Galaxy Note 20 Ultraで撮影。5倍ズーム。

どちらも超広角レンズを搭載したトリプルレンズカメラです。

ボケも素晴らしく申し分なしです。

その上Galaxy Note 20 Ultraは1億画素という圧倒的なセンサーを搭載しています。暗所にも強くさらにボケやすいです。そしてズームもすごい。

色味の補正はGalaxy Note 20 Ultraのほうがしっかりされるので、より青空は綺麗に料理も美味しそうにしあげてくれます。

カメラもレビュー記事に書いています。

関連記事

いよいよリリースされたGalaxy Note 20 Ultra。 日本でも発売されるのは間違いないですが、海外では一足先にリリースされましたので、早速海外版を購入しました。ということでGalaxy S2からほぼ毎回Galaxy[…]

Galaxy Note 20 Ultra
関連記事

ついに2019年のiPhoneであるiPhone 11 Proが発売されました。今回の目玉はやはりなんといってもカメラ。ということでミスター人柱の私も早速iPhone XSをかなぐり捨てて購入しましたのでレビューしてい[…]

防水性能を比較

どちらもIP68という最高クラスの防水防塵性能を備えていますのでご安心ください。

防水防塵性能についてはこちらの記事をどうぞ。

関連記事

ようやく発表された2020年最強のスマートフォン、Galaxy Note 20 Ultra。最強なので防水防塵性能は当然最高規格のIP68相当です。しかしIPって何かわかりますか?ということでGalaxy Note 20 […]

Galaxy Note 20 Ultra
関連記事

ついにアップルから新モデルiPhone 11シリーズが発表されました。防水防塵性能はiPhone XRやiPhone XSと同じIP67やIP68という最高規格はそのままに、さらに独自にパワーアップさせてきました。それ[…]

スピーカー・音質を比較

Galaxy Note 20 Ultra

どちらもかなり良い音がしますが、Galaxy Note 20 Ultraのほうが良く響く気がします。Dolby Atmos対応でパワフルで重低音もかなりしっかりしています。

Galaxy Note 20 UltraとiPhone 11 Pro Maxのどちらを選ぶべきか?

Galaxy Note 20 Ultra

これらを踏まえて、画面が大きく、Sペンを使いたいのであればGalaxy Note 20 Ultraがおすすめです。

また地味に画面内指紋認証も便利ですし、カメラもAIによる色調補正もGalaxy Note 20 Ultraのほうが素晴らしいです。

逆にSペン不要で、高級感やiOSの操作性やMacや他のアクセサリとの連携を選ぶのであればiPhone 11 Pro Maxです。

あなたはどちらを選びますか?

Galaxy Note 20 Ultraを購入するなら

Galaxy Note 20 Ultraを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

created by Rinker
ドコモ
¥132,800(2022/12/03 19:17:00時点 Amazon調べ-詳細)

ケースも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)
  • 2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo
Galaxy Note 20 Ultra
最新情報をチェックしよう!