Galaxy Note 10 plusはデュアルSIM(DSDS・DSDV)に対応しているのか?

ついに日本で発売されたGalaxy Note 10+。現代人の理想を叶えるフルスペック端末となっています。

そうなればデュアルSIMにも対応しておいてほしいというのは必然の願いでしょう。

ということでGalaxy Note 10+がデュアルSIMに対応しているのか早速みていきましょう。

Galaxy Note 10を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発売された世界のフラッグシップスマホ、Galaxy Note 10+。Galaxy Note 10+は今年もドコモやau、楽天モバイルからも発売されていますので、海外のSIMフリー版とそれらの国内版の違いや運用方法について見ていき[…]

Galaxy Note 10+

楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ドコモauでも取り扱いがありましたがすでに販売終了、在庫なしとなっています。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

Galaxy Note 10+のスペックと特徴

Galaxy Note 10+のスペックと特徴を見ていきましょう。

Galaxy Note 10+のスペック

Galaxy Note 10Galaxy Note 10+
ストレージ容量(ROM)256GB256GB/512GB
価格95,400円〜109,000円〜
CPUSnapdragon 855もしくはExynos9825dSnapdragon 855もしくはExynos9825
メモリ(RAM)8GB12GB
ディスプレイサイズ6.3インチ6.8インチ
解像度1080×2280 401ppi1440×3040 498ppi
本体サイズ71.8×151×7.9mm77.2×162.3×7.9mm
重量167g196g
メインカメラ望遠12MP(F2.1)+広角12MP(F1.4/2.4)+超広角16MP(F2.2)(トリプルカメラ)望遠12MP(F2.1)+広角12MP(F1.4/2.4)+超広角16MP(F2.2)+ToFセンサー(クアッドカメラ)
インカメラ10MP10MP
充電方法ワイヤレス充電(Qi)対応ワイヤレス充電(Qi)対応
防水防塵IP68IP68
SDカード対応対応
認証方法顔認証、画面内超音波指紋認証顔認証、画面内超音波指紋認証
おサイフケータイ国内版対応、海外版非対応国内版対応、海外版非対応
イヤホンジャック無し無し
バッテリー容量3,500mAh4,500mAh
カラーバリエーションオーラグローオーラグロー
オーラブラックオーラブラック
オーラホワイトオーラホワイト

Galaxy Note 10+の特徴

特徴をまとめると

  • パンチホール採用ディスプレイで画面有効面積が拡大し6.8インチのタブレット級の大画面
  • ついにクアッドカメラ搭載。超広角レンズとToF(深度)センサーによる表現度アップ
  • ディスプレイ上の超音波指紋認証に対応
  • Sペンもさらに進化しジェスチャー対応

という点があげられます。

Galaxy Note 10+の詳しいレビューはこちらに記事にしています。

ACTIVATE

ついにグローバルで発売されたGalaxy Note 10+。 今回も無事発売直後に海外版を購入できましたので、しっかりレ…

DSDSとは?

DSDSとは「Dual SIM Dual Standby」の略です。スマートフォンに2枚のSIMカードを同時に挿入できてスタンバイ状態にできる機能の事です。音声通話とデータ通信を別々のSIMや通信会社を使い分ける事ができます。

注意点は2枚中の1枚は3Gでしかスタンバイできません。

DSDVとは?

DSDVは「Dual Sim Dual VoLTE」の略です。DSDVは2枚とも4G(VoLTE)回線でスタンバイ可能です。

DSDSよりこちらのほうがレベルが上ですね。

Galaxy Note 10+はデュアルSIM(DSDS・DSDV)に対応しているのか?

海外版Galaxy Note 10+はデュアルSIM、DSDVに対応しています。

2枚のSIMでどちらでも待ち受け可能です。

ただしSDカードは排他利用になるため、2枚目のSIMスロットにSDカードを搭載した時はデュアルSIMは使えません。SIMカード2枚もしくはSIMカード+SDカード1枚ずつという組み合わせでの運用になります。

国内版(ドコモ・au版)は非対応

残念ですが国内版はデュアルSIMに非対応です。

Galaxy Note 10+でのデュアルSIMの設定方法

設定はいたって簡単です。まずSIMを2枚セットします。

設定→SIMカードマネージャー

あとは設定→SIMカードマネージャーからそれぞれのSIMについて設定するだけです。

通話、SMS、モバイルデータについて優先したいものを優先SIMカードとして設定していきます。

APN設定

どちらもAPNを設定すれば通信できるようになります。

モバイルネットワーク設定

「VoLTE通話 SIM」をオンにすればVoLTE通話も可能です。

海外版Galaxy Note 10+のおすすめの購入方法

海外版のおすすめの入手方法はスマホ白ロム専門店のイオシスがおすすめです。

価格も安く、6ヶ月の端末保証があるのでなんといっても安心。万が一本体に問題があった場合は返金や交換対応もしてくれますので心配無用です。

まとめ

海外版Galaxy Note 10+はデュアルSIM・DSDVに対応しています。国内版(ドコモ・au)は非対応です。

海外版は2枚で通信できていいですよ。

Galaxy Note 10を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発売された世界のフラッグシップスマホ、Galaxy Note 10+。Galaxy Note 10+は今年もドコモやau、楽天モバイルからも発売されていますので、海外のSIMフリー版とそれらの国内版の違いや運用方法について見ていき[…]

Galaxy Note 10+

楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ドコモauでも取り扱いがありましたがすでに販売終了、在庫なしとなっています。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

詳細はこのページの後ほどでも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:楽天モバイル(1GBまでなら0円、どれだけ使っても月額3,278円という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン)
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位 :ワイモバイル(2回線以上契約の場合、ソフトバンクと変わらない速度で3GB月額990円というコスパ)

楽天モバイルはなんといっても、使用量が1GBまでなら0円、さらにどれだけ使っても月額3,278円で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅵのコスパが驚異的です。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

ワイモバイルは家族での乗り換えなど、2回線以上契約の場合圧倒的にお得です。3GBまでなら月額990円、15GBまで使っても月額2,090円です。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

関連記事

いよいよサービス開始した5G。その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。今後最新モデルは5G対応の機種がメインになるでしょう。そうなると気になるのは5Gスマホでワイモバイルなどの回線が使えるかどうかという疑問が出てきま[…]

最新情報をチェックしよう!