Galaxy M23購入3週間レビュー!かなり安いGalaxy!果たして買いなのか?

今回はGalaxy M23を3週間ほど使い込んだので、本当に良い機種なのかレビューしていきたいと思います。

今回の動画はこちら!

Galaxy A53を安く購入するなら

Galaxy A53を安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップの<イオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。



海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。



SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

1位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ。他社から乗り換えで機種代もかなり安いモデルも豊富です。)

IIJmio(みおふぉん)

2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ。20GBでも2,728円(税込)と品質もコスパも非常に高いです。5月7日まで新生活キャンペーンを実施中です。期間中にMNPをするとスマホプランだと1万2000円相当、ミニプランだと3000円相当のPayPayポイントが進呈されるのでお得です。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

LINEMO

3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても無制限で月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。大容量で使うなら他社と比べて通信料金がかなりお得です。)



Galaxy M23の売り

Galaxy M23

Galaxy M23の最大の売りはGalaxy国内初のSIMフリーモデルという点です。そのため、デュアルSIMに対応しています。

ディスプレイは6.6インチと大画面で、このサイズでありながら40,000円台で購入可能なのも魅力ですね。

サイズ感

Galaxy M23
本体サイズはかなり大きいですが、意外と軽いので手に持つとそこまでかさばる感じはしません。

Galaxy S22+と画面サイズは近いですが、ベゼルが太いためM23の方が全体のサイズは大きいです。

Galaxy M23Galaxy S22+
サイズ165.5 x 77.0 x 8.4mm157.4 x 75.8 x 7.6mm
重さ198g196g

デザイン

Galaxy M23

全体的なデザインは安っぽさをあまり感じさせない仕上がりです。

背面は樹脂性ですが、金属やガラス素材っぽい質感で普通に自信を持っていいレベルだと思いました。

Galaxy M23

側面の電源ボタン一体型指紋認証はやっぱり使いやすいですね。

Galaxy M23

イヤホンジャックがあり、この点は誰でも使いやすい仕様にしている部分だと思います。

ディスプレイ

Galaxy M23

Galaxy M23は6.6インチの大画面を搭載していて、情報量が多く素晴らしいですね。

4万円台ながら、リフレッシュレートは120Hzに対応していてなめらかに動いてくれます。

Galaxy M23

気になるのはノッチやベゼルが大きい点や、TFT液晶なので有機ELと比べるとコントラストなどが弱い点です。

処理性能

Galaxy M23

Galaxy M23はチップセットにミッドレンジ向けのSnapdragon 750Gを搭載しています。

実際の動作については、基本的にはけっこうサクサク動いてくれます。

ミッドレンジなので、一瞬出遅れることもたまにありますが許容範囲内です。

Galaxy M23
チップセットSnapdragon 750G
RAM6GB
GeekBench 5シングル:640
マルチ:1,878
3DMarkWild Lifeスコア:1,102
平均フレーム:6.60fps

バッテリー持ち

Galaxy M23

バッテリーはめちゃくちゃ持ちますね。1日半は余裕で持つように感じました。

要因としては、5,000mAhの大容量バッテリーとミッドレンジ向けのSoCを搭載していることが挙げられます。

その他スペック

Galaxy M23

Galaxy M23はSIMフリー端末であるため、デュアルSIMに対応している点です。

また、SIMスロットはいわゆる排他利用ではなく、Micro SDとデュアルSIMが同時利用できる仕様になっています。

その他のスペックは表のとおりです。

注意点としては、5Gはn79に非対応なのでドコモの5Gが繋がりにくい場合がある点、防水防塵とおサイフケータイに非対応となっている点が挙げられます。

防水防塵やおサイフケータイといった日本向けローカライズが甘いと、メイン端末にしにくいためこの点は非常に残念です。

Galaxy M23
防水防塵
生体認証顔認証
指紋認証
おサイフケータイ
ワイヤレス充電
5G対応
ペン

カメラ

Galaxy M23のカメラはトリプルレンズで、悪くない仕上がりです。

Galaxy M23
Galaxy M23で撮影。

標準で使う広角域はかなり頑張っていて、上位機種からのコストダウンはあるもののあまり気になりませんでした。

Galaxy M23
Galaxy M23のポートレートモードで撮影。

望遠レンズは搭載していませんが、ポートレートのボケ感もかなり頑張っている印象です。

Galaxy M23
インカメラ8MP
アウトカメラ1(超広角)8MP
アウトカメラ2(広角)50MP
アウトカメラ3(マクロ)2MP
ズーム10倍

価格

本体価格は4万円台ということでかなり安いです。

Amazonや量販店のオンライン販売がメインになっていて、ポイント還元もあります。

Galaxy M23
Amazon40,975円(+410ポイント)
ビックカメラ45,080円(4,508ポイント)
ヨドバシカメラ45,080円(4,508ポイント)

メイン端末ならGalaxy S20の白ロムのほうが良さそう

Galaxy M23は価格を考えるとかなり頑張っている端末ですが、ローカライズが弱いのでメイン端末にはなかなかおすすめしにくいです。

メイン端末でおすすめするなら、Galaxy S20がイオシスの白ロムが4万円〜5万円、ahamoでも57,200円で手に入るためおすすめします。

ただ、Galaxy M23も割り切って大画面サブ端末として使用するならかなりおすすめです。特にハイエンド機のサブ機としての利用におすすめしたいですね。

Galaxy A53を安く購入するなら

Galaxy A53を安くおトクに購入するなら白ロム通販ショップの<イオシスからの購入が一番おすすめです。SIMフリー化済みの未使用品、グローバル版、中古品と種類も豊富で、日本全国に店舗があり最大6ヶ月の保証もついているので安心です。



海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。



SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースやフィルムも一緒にお忘れなく。

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

1位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ。他社から乗り換えで機種代もかなり安いモデルも豊富です。)

IIJmio(みおふぉん)

2位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ。20GBでも2,728円(税込)と品質もコスパも非常に高いです。5月7日まで新生活キャンペーンを実施中です。期間中にMNPをするとスマホプランだと1万2000円相当、ミニプランだと3000円相当のPayPayポイントが進呈されるのでお得です。

詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください

LINEMO

3位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても無制限で月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。大容量で使うなら他社と比べて通信料金がかなりお得です。)



最新情報をチェックしよう!