Galaxy Note FEとGalaxy S8+を比較!

さて、SAMSUNGからGalaxy Note Fan Edition(FE)が2017年7月7日に発売されますね。

Fan Editionっていうネーミングがいいですね。Galaxyファンのために爆発物を手直ししてまあまあの金額で売ってあげますよというね。非常にありがたいですよ。

かくいう私もGalaxy S2からのGalaxyファンであります。

今はGalaxy S8+に大変満足している身ではありますが、もしGalaxy S8+を買っていなければ非常に悩んでいたと思います。

ということで、Galaxy Note FEとGalaxy S8+のスペックを比較してみましょう。

Galaxy S21・Galaxy S20シリーズを安く購入するなら

Galaxy S21・Galaxy S20を安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発表されたGalaxy S21シリーズ。Galaxy S21は海外で発売されているグローバル版があり、さらに国内のキャリアからも発売されるでしょう。これだけあればどのモデルを買えばよいかわかりませんよね。ということで実[…]

Galaxy S21

Galaxy Note FEとGalaxy S8+のスペック比較

 

 GALAXY Note FEGALAXY S8+
OSAndroid 7.0Android 7.0
CPU Samsung Exynos 8890 2.3GHzSamsung Exynos 8895 2.31GHz
またはSnapdragon835
2.45GHz
メモリ 4GB4GB
ストレージ 64GB, microSD64GB, microSD
 ディスプレイ5.7インチ 2560 x 14406.2インチ 2960 x 1440
背面カメラ 1600万画素1200万画素
f/1.7, Dual Pixel AF,f/1.7, Dual Pixel AF,
 バッテリー3200mAh3500mAh 
寸法153.5 x 73.9 x 7.9mm159.5 x 73.4 x 8.1mm
重量169g173g
その他 Samsung Pay, 指紋認証, IP68,Samsung Pay, 指紋認証, IP68,
USB Type-C, 虹彩認証, 心拍計USB Type-C, 虹彩認証, 心拍計

 

CPUは当然S8+のほうが約一年後の設計なので最新ですね。

ディスプレイの表示領域はGalaxy S8+はインフィニティディスプレイと呼ばれる狭額縁設計のため大きいです。

カメラはGalaxy Note FEのほうが画素は上です。どれぐらい影響があるかはまだわかりません。

バッテリーはGalaxy S8+のほうが大きいですね。しかし電池持ちなどについてもディスプレイサイズが異なるため、スペックだけでは比較できません。

サイズはGalaxy Note FEのほうが横幅は広いですが、縦幅は小さく若干薄いです。

重量もGalaxy Note FEのほうが若干軽いですね。

 

スペックについての感想

正直スペック的にはこの程度ならどちらもよほどことをしない限りその差は気にならないのではないかと思います。

それよりも画面サイズや本体サイズと価格との折り合いで決めるのが良いと思います。

 

価格

Galaxy Note FE:約6万8000円(69万9600ウォン)

Galaxy S8+:約9〜11万円(白ロム実勢)

 

Galaxy Note FEは確かに安くなってるとはいえ、なかなか強気の値段設定じゃないですか?

ちなみに当初のGalaxy Note 7の価格は約9万6000円でした。

発売当初から1年後の再販で3万円安です。

1年後で3万円というと、普通に市場でもそれぐらい下がりそうな価格ですね。

改修版ということを考えるとあまり安くなったような気がしません。

まとめ

コストパフォーマンスやトータルバランスを考えるとGalaxy S8+。

Galaxy Note FEは1年後の改修版で3万円しか安くなっていないことを考えると割高。

少しでも安いほうが良い人やペンが必要な人はGalaxy Note 7。

Galaxy S21・Galaxy S20シリーズを安く購入するなら

Galaxy S21・Galaxy S20を安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

ついに発表されたGalaxy S21シリーズ。Galaxy S21は海外で発売されているグローバル版があり、さらに国内のキャリアからも発売されるでしょう。これだけあればどのモデルを買えばよいかわかりませんよね。ということで実[…]

Galaxy S21

ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

本体料金一括総額分割払い実質負担額
ドコモ95,260円2,646円/月〜63,504円(スマホおかえしプログラム適用時)
au106,590円2,730円/月〜62,790円(かえトクプログラム適用時)

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

最新情報をチェックしよう!