au版Galaxy S8/S8+の発表を受けて実機を確認してきた!

本日ビッグニュースが飛び込んできた。

そう、待ちに待った日本版のGalaxy S8/S8+の発売日が決定したのである。

あれ、docomoは明日じゃなかったっけ?

そう、docomoの夏モデル発表は明日5月24日の予定である。

そっかそっか、フライングしたのか!

そう、フライングしたのである。

auが!

これには正直驚いた。

auの夏モデル発表会は5月30日の予定であった。しかしそれを大幅に上回り、docomoの夏モデル発表会よりも先に情報をリリースしてきたのである。

とんでもない奇襲攻撃。ニイタカヤマノボレ。トラ・トラ・トラである。(MAXの名曲)

Galaxy S10シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ACTIVATE

グローバル版から遅れること3ヶ月、ようやく国内でもGalaxy S10が発売になりました。 Galaxy S10のウリは…

auから発表された2017夏モデル

 

今回発表されたのは次の3機種。

 

Galaxy S8 (SAMSUNG):6月8日発売

Galaxy S8+ (SAMSUNG):6月8日発売

Xperia XZs (SONY):5月26日発売

 

詳しくはauの公式ページを見て欲しい。

 

正直、Xperiaは今回関係ないよ、どうでもいい(ねえもっと自信持って)。

 

再来週には発売ということである。ヤッホホイ。

 

 

実機を発見!

 

そしてちょうど本日、手持ちのiPhone SEのSIMロックを解除するためauショップを訪れた。

 

スタッフさんに「今日夏モデル発表されましたね」と話を振ってみる。

 

するってえとどうだい、そちらの若旦那がこう答えたんだい。

 

「Galaxy S8ありますよ」ってね。(落語の感じで)

 

これには驚きである。

 

こちとら、九州の超ど田舎のauショップである。

 

しかも実機まであるとのこと。

 

スタッフさんはわざわざ裏から取り出してきてくれた。

 

それではレビューしてみよう。

 

 

ドドーン!

 

 

 

 

おおお、これはすごい。

これは未来だ。ナイス橋本で言うところキンミライである。

 

こんな田んぼのど真ん中のauショップに、いかにも似つかわしくない未来の端末が存在しているのである。

 

 

iPhoneと比較

 

早速iPhoneと比較してみよう。

 

まずはiPhone7との比較

 

Galaxy S8+(左)、iPhone 7(中)、Galaxy S8(右)。

 

うむ、なんというか圧倒的である。

 

清水富美加が教団の新事務所の所属になろうが、実写版銀魂の新たな写真がリリースされようが、そんなことは全く頭に入ってこない。

 

とにかく、本体サイズに対しての画面サイズおよび情報量の多さにほれぼれしてしまう。田原俊彦と研ナオコでいうところの夏ざかりほの字組である。

 

iPhone 7の情報量がこんなにも少なく感じるとは思わなかった。

 

本来、iPhone側もブラウザで同じページを表示しておけばわかりやすかったが、興奮が勝ってしまいそこまで頭が回らなかったのである。

 

 

iPhone SEとの比較

続いてiPhone SEとも比較してみる。

 

iPhone SE(左)、Galaxy S8+(中)、Galaxy S8(右)。

 

もう何も言うことはない。

見ての通りである。

 

どちらも現役のスマートフォンとは思えない。

iPhone SEがまるで過去の懐かしい携帯電話となってしまったかのようである。

 

え、そんな昔の携帯いまだに使ってるの?というような。

 

なんというか、一緒に並べるのがお恥ずかしいレベル。

 

それほどGalaxy S8のデザインは素晴らしく革新的だ。

 

こうなると、俄然iPhone 8にも期待してしまうのがガジェット好きでしょう。そちらも楽しみにしておきましょう。

 

 

Galaxy S8/S8+の価格

 

スタッフさんに確認したところ、まだ価格は出していないとのこと。

もう少し待ちましょう。

まとめ

 

au版のGalaxy S8およびGalaxy S8+は6月8日発売。

価格は未定。

docomo版の続報を待て!

Galaxy S10シリーズを安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

ACTIVATE

グローバル版から遅れること3ヶ月、ようやく国内でもGalaxy S10が発売になりました。 Galaxy S10のウリは…

楽天モバイル・ドコモ・auで購入するなら契約手数料・頭金0円で24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

楽ちんに購入するならAmazonや楽天もおすすめです。

ケースも一緒にお忘れなく。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。

ACTIVATE

今年もスマホの3キャリアで学割がスタートしましたね。既にドコモとauは発表があったのですが、12/2にソフトバンクでも詳…

おすすめの格安SIMランキング

VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位 :楽天モバイル(1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。今は契約しないと損)
  • 2位 :ワイモバイル(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)
  • 3位 :LINEモバイル(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ)

楽天モバイルはなんといっても4月8日にサービス開始した、300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMITのコスパが驚異的です。1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した楽天モバイル。 データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り…

ワイモバイルは4GBで月額1,480円から、10分間以内なら国内通話無料と価格も抑えつつ、ソフトバンク系なのでエリアも広く、その他の格安SIMと比べて圧倒的に通話も通信スピードが速く安定しています。そして困ったときは近くのお店に相談できるので安心。またSIMカードを複数発行して分けあったりと柔軟なサービスも魅力的で、他のかなり安い格安SIMより月額は500円ほど高いですが、迷わず安心しておすすめできるのはワイモバイルです。

ACTIVATE

いよいよサービス開始した5G。 その速さにガクガクブルブルしているわけですけども。 今後最新モデルは5G対応の機種がメイ…

LINEモバイルは楽天モバイルやワイモバイルと比べると速度は少し遅くなりますが、データだけなら月額600円から、音声通話機能ありでも月額1,100円からと圧倒的コスパが特徴です。なにより3GB以上のプランではTwitterやFacebookなどのSNSが無料になるカウントフリーに対応していて非常におトクです。コスパ重視ならLINEモバイルがおすすめです。

最新情報をチェックしよう!