AQUOS sense 3を購入レビュー。モバイルルーター代わりにも。

圧倒的なコスパとバッテリー持ちを誇るAQUOS sense 3。

ものすごいバッテリー持ちという触れ込みですが、実際にどれぐらい持つか気になるところですね。

ということでミスター人柱の私はAQUOS sense 3を購入しましたのでさっそく比較しながらレビューしていきたいと思います。

AQUOS sense4を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

圧倒的なコスパを誇るAQUOS senseシリーズ。今年もAQUOS sense4がリリースされました。AQUOS sense4は格安SIMメーカーから購入できるSIMフリー版、さらに大手キャリアからはドコモ、auから発売されると思われ[…]

AQUOS sense4

ドコモ・楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

Amazonや楽天からの購入が楽ちんです。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥32,300(2022/10/02 19:57:10時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

AQUOS sense 3の付属品

それでは届いたAQUOS sense 3をみていきましょう。

  • 充電器

なんと充電器のみ。ほんとに必要最低限です。これぐらいシンプルでいいんですよ。

めちゃくちゃあっさりしとるがな

AQUOS sense 3のデザイン

実際のAQUOS sense 3をみていきましょう。

アルミボディでどことなくiPhone 6感があります。安っぽさはないです。

最近ではめずらしく物理ホームボタン搭載です。指紋認証もホームボタンで行います。

SIMトレイはピンが不要のタイプです。いつでもSIM交換できる!

充電端子はUSB Cです。良かった。

コスパの割に高級感あるな

イヤホンジャック搭載

しっかり上部にイヤホンジャックを搭載しております。よくやった。

AQUOS sense 3はイヤホンジャックを搭載。その他の接続方法なども解説

メインディスプレイは5.5インチ

メインディスプレイのサイズはちょうど良い5.5インチです。

大きすぎず小さすぎず扱いやすいサイズです。

これぐらいのサイズでええのよ

主要なアプリの表示を確認

実際に主要なアプリの見え方を確認してみましょう。

Chromeを表示してみる

ちょうど良いサイズ感で表示されます。5.5インチなので小さいとかはないです。

Twitterを表示してみる

こちらも普通に見やすいです。

Instagramを表示してみる


一覧表示ではたくさんの写真が、投稿はかなり大きく写真が表示されておりいい感じです。

全然問題ないやん

カメラは実用的だが期待は禁物

カメラは広角搭載のデュアルカメラです。簡単に標準と広角を切り替えることができます。

標準
広角

シーンを自動で感知しAIによる自動補正機能を搭載していますが、それほど強く強調したりはしません。

また広角も思ったほど画角が広がるわけではないので、Galaxyなどのようなカメラを期待すると、少しあれっと思うところはあるかもしれません。

とはいえ十分実用的で綺麗には撮ることができます。

カメラは期待すんな

ホームボタンで指紋認証できるので便利

AQUOS sense 3のホームボタンは指紋認証もできるタイプのものです。最近このタイプは少なくなってきましたが、なんだかんだ言って非常に便利です。

とはいえ顔認証にも対応でこちらも使い勝手が良いです。

精度も速度も問題ないレベルで、ちゃんと覗き込めばOKです。

スピーカーも悪くない

音質はそれほどウリにしていませんが、大きな音を出しても割れませんし、重低音などを期待しなければ問題なく実用レベルです。

AQUOS sense 3はドコモやauやソフトバンクなどの国内SIMや格安SIMで使えるのか?

もちろん使えます。

AQUOS sense 3はSIMフリー・ドコモ・au版のどのモデルを買うべき?楽天モバイル・ソフトバンクの対応状況も

AQUOS sense 3は格安SIMで使えるのか?

私もQTモバイルとKAZUNA神SIMのSIMで使用しています。

AQUOS sense 3はデュアルSIMやDSDSで使えるのか?

ドコモ版やau版のキャリア版はデュアルSIMに非対応ですが、SIMフリー版はデュアルSIMに対応しています。

デュアルSIM対応版の型番はSH-M12ですのでお間違いなく。

AQUOS sense 3はデュアルSIM(DSDS)に対応しているのか?

バッテリーはどれぐらい持つのか?

ウリであるバッテリー持ちが気になるでしょう。

テザリングオンで13時間で54%

安心してください。バッテリーは余裕すぎます。

バッテリー持ちを計測するアプリがダウンしてしまうほど長持ちです。

実際の使用でもテザリングを常時オンで朝10時から使い始めて夜23時まで13時間使って残り約54%という感じです。

AQUOS sense 3のバッテリーの電池持ちをチェック

AQUOS sense 3でおサイフケータイは使えるのか?

AQUOS sense 3はドコモ・au版はもちろん、SIMフリー版でもばっちりSuicaやおサイフケータイに対応しています。

ピッとするだけで電車にも乗れますし、買い物もできてしまいます。

AQUOS sense 3はおサイフケータイやSuicaに対応している?

まとめ

圧倒的な電池持ちのAQUOS sense 3。やはり電池持ちがいいというのは非常に安心できます。

その他もそつのない性能なので、これ1台で十分メイン端末としても使えます。

私はSIMフリー版を購入し、デュアルSIMでQTモバイルとKAZUNA神SIMの2枚を挿してテザリング専用機としてモバイルルーター代わりに持ち歩いています。

モバイルルーター代わりに使いたいモバイルオタクのあなたにも、電池が長持ちする安心できる端末をお探しのあなたにもおすすめの端末です。

AQUOS sense4を購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

SIMフリー版や海外版の対応周波数や運用方法はこちらの記事で解説していますのでご安心ください。

関連記事

圧倒的なコスパを誇るAQUOS senseシリーズ。今年もAQUOS sense4がリリースされました。AQUOS sense4は格安SIMメーカーから購入できるSIMフリー版、さらに大手キャリアからはドコモ、auから発売されると思われ[…]

AQUOS sense4

ドコモ・楽天モバイルで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

Amazonや楽天からの購入が楽ちんです。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥32,300(2022/10/02 19:57:10時点 Amazon調べ-詳細)

ケースもお忘れではないですか?

おすすめの格安SIM

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです。

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

詳細はページの下部でも解説しています。

スマホをお得に購入するなら

安くおトクに買うなら白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。最大6ヶ月の保証もついているので安心です。

海外スマホを直接輸入するならエクスパンシスもしくはイートレンがおすすめです。日本語対応で6ヶ月の保証とさらに6ヶ月の延長保証もあるので安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。

ソフトバンクで購入するなら他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック最大2万円を受けとれるスマホ乗り換え.comがさらにおすすめです。こちらの記事で詳しく解説しています。

おすすめの格安SIMランキング

ACTIVATEがおすすめする格安SIMはこちらです!

  • 1位:LINEMO(ソフトバンクのオンライン専用プラン。安定で高速のソフトバンク回線をそのまま使用しつつ3GB 900円/月(税込990円)からという安さ)
  • 2位:ahamo(安定のドコモ回線が月額2,970円(税込)、容量20GBに国内通話5分無料という革新的なプラン。さらに1,980円で80GB追加できる大盛りオプションも提供開始で死角なし)※1、2、3、4、5
  • 3位:IIJmio(音声SIMでも2GB:858円〜、eSIMだと2GB:440円〜という他社の追随を許さない安さ)
  • 4位:楽天モバイル(3GBまで980円(税込1,078円)、どれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)という驚異的な価格設定。他社と比べて通信料金がかなりお得。特にMNPを利用できるならキャッシュバックがかなりお得なので使わない手はないです。)

※1 機種代⾦別途 ※2 5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※3 MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。 ※4 ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。 ※5 ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。

LINEMOは安定のソフトバンク回線をそのまま使えて、3GBまで990円で使える安さが売りです。それほど多くの通信量は使わないけど、ちゃんとどこでも繋がる安定した回線を使いたいのであれば圧倒的におすすめです。20GBまで使っても月額2,728円なので、使い勝手が非常に良いです。さらに、今なら新規またはMNPでのミニプラン(3GB 990円)契約で最大半年間実質無料のキャンペーンも実施中。スマホプラン(20GB 2,728円)もMNPで10,000円相当(新規は3,000円)のPayPayポイントももらえます。普通に安いしキャンペーンも盛り沢山なので是非。

ahamoはついにドコモが重い腰を上げ、ようやくリリースされた大容量低価格プランです。容量20GBで通信量も十分で、国内通話5分無料。そしてSIMフリー端末や海外スマホでも周波数的に使い勝手の良いドコモ回線。その他の格安SIMと違い、安定した本家のドコモ回線をそのまま利用可能なので、複数スマホ持ちやSIMフリースマホ使いに最適なSIMになっています。さらに100GBまで4,950円で使用できるahamo大盛りも始まりました。情強ならahamoという感じです。
※機種代⾦別途 ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。 ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

関連記事

ドコモの新プラン「ahamo」が2021年3月26日から受付が開始されました。受付開始から申込みが殺到し、新規MNPの受付を一時停止するほどの人気ぶりです。まあ私も早速契約したわけですけども。ということで、実際にahamoを含む4大[…]

ahamo

IIJmioはとにかく低価格で勝負してきました。格安SIM黎明期からの老舗メーカーなので、サポートなども安心です。eSIMなら2GB使えて440円〜、音声SIMでも858円〜という圧倒的な安さで、さらに20GBの大容量でも1,650円〜となっています。

楽天モバイルはなんといっても、使用量が3GBまでなら980円(税込1,078円)、さらにどれだけ使っても月額2,980円(税込3,278円)で国内通話し放題・データ使い放題というRakuten UN-LIMIT Ⅶのコスパが驚異的です。0円運用は終わってしまいましたが、それでも他社と比較して断然安く、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。ひとまず契約しておいて損はないです。また他社と比較してもMNPでのキャッシュバックや還元がかなり優遇されているので、MNPでの契約がおすすめです。

関連記事

いよいよサービス開始した楽天モバイル。データ使い放題、通話し放題のRakuten UN-LIMITで3大キャリアに切り込んできました。気になるのは楽天モバイル以外のSIMフリースマホで楽天モバイルの回線が使えるかどうかとい[…]

最新情報をチェックしよう!